粋なお酒の紹介&ビストロレシピ

お酒は健康にいいの?健康を第一に、体に負担のない量を守ろう

「お酒」は健康にいいのでしょうか?

お酒は正しく飲めば、健康的に楽しむことができ、「酒は百薬の長」という諺があるように、全く飲まないよりも適度に飲んだ方が長生きできる…と言われることもありますが、科学的な研究が進んでいる現代では、どのように言われているのでしょう。

「お酒は少しであっても体に悪いから控えるべき」という説もあり、どちらを信じればいいのでしょう。

遺伝的要因によってアルコールが飲める人と飲めない人がいます。

少量のアルコールが健康に良いかどうかは、動脈硬化への影響とがんへの影響の「つな引き」で、肝臓を傷めてしまうことが心配ですね。

『ランセット』誌に掲載された論文で、世界195カ国で実施された592の研究を統合した、大規模研究の論文のグラフとしてまとめてありました。

グラフでは、「1日1杯までであればリスクは上昇しない」と解釈してもいいとされていますが、遺伝的要因によってお酒を飲んで具合が悪くなる体質と感じているのに、「健康のため」と、わざわざお酒を飲む必要はありませんし、危険でもあります。

人間は病気にならないためだけに生きているわけではないので、アルコールを飲むことで生活の質が上がって人生が豊かになると感じる方は、1日1~2杯のお酒を楽しむことをおすすめします。

TOMOIKUでは、お酒を楽しむにあたり、食べ合せによって解毒し、よりよく楽しんでいただけるレシピも紹介していきますので、参考にしてくださいね。

粋なお酒の紹介

おうち飲み「ヒュッゲ」あったか~い居場所と健康ワイン!

 

 

ウイスキーの粋な飲み方を知る!デキる大人の流儀

ウイスキーの飲み方の基本!あなた流の粋な飲み方を!

Barにはなかなか行くことができず、自宅でゆっくりとしたい時、ウイスキーを飲んで楽しんでいます。

 

ビストロレシピ

編集中


TOMOIKU*Recipe by purpose 
<健康を意識した目的別レシピ>



当サイトの一部の記事が、専門性を高めるために「TOMOIKU姉妹サイト」に移動している場合があります。 ご不便なことがございましたら、大変申し訳ありません。心よりお詫びいたします。





サイトマップで情報を探せます!

一般社団法人 日本共育ライフ協会内

(合)共育生活研究所

“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフードの食事」と、“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」の講座を各地で行っています。


遊びに来てね♪

最新記事

ベルメゾンネット

Menu according to purpose




ページ上部へ戻る