「丁寧な暮らしのロハス生活と食生活」の記事一覧

二十四節気の冬【大寒-だいかん】1/20~2/3頃:スタート位置が決定される

二十四節気の冬【大寒-だいかん】1/20~2/3頃 旧暦の最後は「大寒」です。 名の通り一年で最も寒い時期で、20日は「二十日正月」とされて、正月のごちそう類をこの日に食べつくす日です。 24日は「お地蔵様の縁日」で、初・・・

ワンプレートごはんのメリット&デメリット!時短向きだけど…問題あり?

ワンプレートごはんで楽しい食事 Instagramできれいでおいしそうに盛り付けをしているワンプレートをよく目にします。 喫茶店のモーニングのセットなども、ワンプレートで出すところが多いのは、何と言っても洗う手間が楽で時・・・

料理酒10の効果と調理法で旨みを引き出す!おすすめ調理酒・糖質ゼロ・代用酒

食文化に密接な“調理酒” 世界どの国の先人たちも飲料として“お酒”を造ってきました。 お酒には食材の味を引き立てたり、保存性を高めたりする力があることに気づき、調味料としても古くから使われていました。 酒・醤油・みりんは・・・

暮らしの中の電磁波で体調不良に?被ばく対策は!ロハスな住まい

ロハスの住まいとは… 一体何が「ロハスな住まい」なのだろう… ゼロエネルギー?「環境に優しい生活」が代表的なロハスの住まいとされています。 でも、ライフラインを避けられるような、自然の中でお日様と共に寝起きする生活は、な・・・

二十四節気の冬【小寒-しょうかん】1/5~19頃:新しい年の心意気と深呼吸

二十四節気の冬【小寒-しょうかん】1/5~19頃 冬至を過ぎて寒さがだんだんと激しくなってくる頃です。 小寒の節に入ることを「寒の入り」といって、立春までの1か月が「寒の内」です。 1月7日は「春の七草」で、すずしろ(大・・・

二十四節気の冬【冬至-とうじ】12/22~1/4頃:心と体をリセットをして心機一転!

二十四節気の冬【冬至-とうじ】12/22~1/4頃 現代の歴では、冬至の期間中にお正月を迎えます。 古くから冬至の日に「柚子湯」に入ることで、“無病息災”を願う風習があります。 これは「冬至-とうじ」と「湯治湯-とうじゆ・・・

主食‣主菜‣副菜の役割を確認!重要なのは何?簡単作り置きワンプレートごはん

副菜は食事で重要ポイント「ワンプレートごはん」でバランスよく 家庭内料理や外食でも、「何を食べようかな~」と、主食と主菜から考えて副菜を忘れがちになります。 食べ物を多く食べるから太るということだけではなく、食事全体のバ・・・

二十四節気の冬【大雪-たいせつ】12/7~21頃:冷え性や風邪に注意

二十四節気の冬【大雪-たいせつ】12/7~21頃 日本ではまだ雪が深くなる季節ではありませんが、これは中国華来た地方から名づけられたものです。 太平洋側では晴天が続く季節ですが、冷たい風が体に強く感じる季節です。 クリス・・・

二十四節気の冬【小雪-しょうせつ】11/22~12/7頃:寒さが増してくる時期で体温調整に注意

二十四節気の冬【小雪-しょうせつ】11/22~12/7頃 遠い高い山に積もった雪がうっすらと見えて、冬が来たな…と感じ、北国では初雪が降りる頃。 平地ではまだ雪は降りませんが、木枯らしが吹き始めます。 寒さの戻りで、あた・・・

朝からポカポカ簡単「手当て食・ねぎ味噌」1か月冷蔵保存可能のラクラク温活で風邪予防

朝からポカポカの“冷蔵1か月保存の常備汁” 我家では10月の半ばから、白湯の他に常備汁を朝1杯飲んでいきます。 愛犬若葉の旅立ちがあり、台所に立つことさえもできなかった私ですが、孫があったかいものを作ってくれるということ・・・

二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃:体は貯蔵の季節!必ず温めるべき部位

二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃 秋たけなわの平地では紅葉が美しい季節ですね。 日が短くなって、北国では冬の気配に包まれ、歴の上では冬になります。 雪月花(せつげつか)は、雪・月・花という日本の自然の美し・・・

低糖質食「ロカボナッツ」健康で理想体重に!ミックスナッツ効果アップレシピ8選

ミックスナッツや低糖質食ロカボナッツで健康増進効果を手にいれる 健康を意識したとき、食べ物や運動・睡眠などの生活習慣とどの健康方法も同じですね。 でも、一体何を食べたらいいのだろう…とあまりにも多い情報で、ウンザリという・・・

二十四節気の秋【霜降-そうこう】10/23~11/6頃:実りの秋は体調管理をしっかりと

二十四節気の秋【霜降-そうこう】10/23~11/6頃 秋の空は爽やかに澄み渡りきれいです。 秋も末になるこの時季は、霜がおりることから、「しもふり」とも言われています。 大気中の水分が冷えた地面に凍り付いたものが霜です・・・

二十四節気の秋【寒露-かんろ】10/8~10/22頃:体と心をリラックスさせ気温差に気をつける

二十四節気の秋【寒露-かんろ】10/8~10/22頃 寒露とは、初秋に野の草花に宿る冷たい露のことです。 秋の長雨が終わって、本格的な秋が始まり、山野には紅葉が色を重ねていくきれいな季節です。 そして、実りの秋とともに、・・・

養生とは?季節に合った「食養生」何をいつどのように食べて心と体を整える?

養生とは 人はいつの時代も、健康で若々しく体になる薬や食べ物を探し求めています。 そして、医療はどんどん進歩するのに対して、慢性的な病気を抱えこむ人が多くなっています。 食生活の乱れがひとつの原因で、農耕民族だった日本人・・・

【秋の体調不良の原因-症状-対策】養生で改善し食べ物で体を整える「食養生」

秋は体調を整えやすい季節のはずが… 秋には夏の暑さや湿気によってダメージを受けた体を癒して、体力を整えておく季節です。 現代の生活は乱れてしまい、猛暑によるエアコン使用は仕方がない気候になっていまい、体調不良を感じる人が・・・

「ぼた餅」と「おはぎ」の違いとレシピ!小豆は解毒と魔除けに使われていた

解毒と魔除けに使う小豆「ぼた餅」と「おはぎ」の違いは? お彼岸の食べ物として、小豆を材料とした「おはぎ」と「ぼた餅」が代表的な和菓子ですね。 「ぼた餅」と「おはぎ」は呼び方が違うだけで、同じものです。 呼び名が違うのは、・・・

二十四節気の秋【秋分-しゅうぶん】9/23~10/7頃:乾燥トラブルの潤い食材とレシピ4選

二十四節気の秋【秋分-しゅうぶん】9/23~10/7頃:お彼岸 毎年9月23日頃を秋分の日と定められています。 「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として1948年に法律で制定されました。 秋分の日は春分の日と同様、昼・・・

「今日からだれでも、片付け上手」原田さよ著…ダメな自分を丸ごと受け入れる

片付けができない自分へのイライラ…「ダメな自分を丸ごと受け入れる」 多くの整理整頓の書籍が出版されている中、具体的な片付けのバイブルはありますが、片付けを実行するまでの心の葛藤を、こんなにやさしい気持ちで綴られている原田・・・

水キムチは乳酸菌はぬかづけの19倍!効能と安全で衛生的な簡単なレシピ|とぎ汁不使用

安全な乳酸菌の水キムチを食べよう! 日本人は農耕民族で、野菜や穀物を主食にしてきました。 そして伝統食である漬物を保存食として、長い間“乳酸菌”と関わってきました。 市販されている漬物は、調味料で味を付けた“発酵した漬物・・・

二十四節気の秋【白露-はくろ】9/8~9/22頃:センチメンタルになる季節!

  二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃 朝夕に、ほんのわずか涼しい風が吹いて、気温の差で生じた露が草の葉先に宿って、こぼれ落ちていきます。 霧が多く出る時期ですが、「霧」は秋の季語。 「霧」とい・・・

キムチの乳酸菌と発酵効果に注目!しかし市販のキムチは発酵していない事実

町のスーパーの漬物売場に行くと、日本の漬物より大きく売場面積が大きいのが“キムチ”です。 おいしいですものね♪ そして、発酵食品で体に良い!…って。 しかし、大きなカラクリがあって、残念なことに市販のキムチでは乳酸菌効果・・・

ぬか漬け容器は何がいい?野田琺瑯VS無印良品!袋.プラスチック.陶器.ホーローについて

ぬか漬けは日本の伝統食 ぬか漬けは代々「受け継ぐモノ」というイメージから、毎日のお世話が大変で失敗をして疎遠になってしまうのは、とても残念なことです。 ぬか漬けは日本の伝統食で、日本人の体が喜ぶ酵母菌・乳酸菌がいっぱい!・・・

ぬか漬け冷蔵庫用は簡単で失敗しない!無印良品:発酵ぬかどこvs麹屋:熟成ぬか床!おすすめローフード

ローフード「ぬか漬け」はスゴイ! ぬか漬け…日本で暮らしていたら、誰もが1度は食べたことがあると思います。 家族の健康に…自分の美容に…とぬか漬けをスーパーの出来合いのものを購入している方もいらっしゃるのではないでしょう・・・

二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃:食べ物は粘膜を潤すものでカゼに気をつける!

二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃 暑さが残っていますが、涼風がそよぎ始める季節です。 台風が日本列島に来ることが多くなりますが、秋の農作物の収穫も目前で楽しみです。 農家では昔から、稲の開花時を迎えてい・・・

1 / 912345...最後 »
サブコンテンツ