経営者として感じたことや、世の中の出来事で感じたこと

会社が無くなる…そんなことは、社員がいたら絶対あってはならないこと。

ほとんどの起業のスタート時点では、利益を出せる可能性が高い理由があります。

練に練った行動で、勢いがあるからです。

モノごとの流れは、永遠ではなく流動的。

会社を経営していくしても、ヒットする新しい企画や運営は三年以内に確立させないと、次の時代に対応できない会社になります。

ビジネスチャンスは、誰にでもあることだし、今から会社を設立させる方が試行錯誤する覚悟があれば、数年後には頂点に立てる可能性があると思うのです。

しかし…一発芸人的な要素では、自分の一生涯をかけた会社の経営はできません。

TOMOIKU 経営者が思う21世紀】より

「これから自分がどのように生きていくか」…という道しるべになるのです。

昭和・平成・令和と経営者として感じた35年と、今思うこと…と綴っています。

TOMOIKUサイトで「経営」について紹介していたのですが、特化記事が多かったので、独立させて専門性を高め、雑記サイトになっています。

【TOMOIKU 経営者が思う21世紀】
↓バナーをクリックしてください↓

TOP画面



当サイトの一部の記事が、専門性を高めるために「TOMOIKU姉妹サイト」に移動している場合があります。 ご不便なことがございましたら、大変申し訳ありません。心よりお詫びいたします。







サイトマップで情報を探せます!

一般社団法人 日本共育ライフ協会内

(合)共育生活研究所

“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフードの食事」と、“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」の講座を各地で行っています。


遊びに来てね♪

最新記事

ベルメゾンネット

Menu according to purpose




ページ上部へ戻る