TOMOIKU*ブログ

家庭料理が低カロリーに!「豆乳オリーブオイル」の作り方とアレンジ

 

欧米化した現代の食生活は、動物性脂肪を取り過ぎてしまいがちです。

このような食生活を続けていると、生活習慣病の原因にもなる可能性があるため、調味料を変えたり工夫することだけでも、健康対策になります。

悪玉コレステロールを減らし、血液が若返る調味料を基本にする「豆乳オリーブオイル」を取り入れて、体の流れをよくすることを意識してみませんか?

 

調味料「豆乳オリーブオイル」とは

低カロリーな豆乳と血圧に好影響なオリーブオイルで作る新感覚の健康調味料「豆乳オリーブオイル」。

カロリーの高いマヨネーズやバター、市販ドレッシングなどを、豆乳オリーブオイルに置き換えると、減塩、カロリー減につながります。

私は街のスーパーを歩いていて、新しい味を確認するためにドレッシングやソースを購入してしまいますが、その原材料を確認してから同じような味付けを試してみて、自家製にシフトチェンジしていきます。

今回はドレッシングの基本を健康的で低カロリーにして、いろいろアレンジにしていきます。

食べるだけで美しくなれると噂の「魔法の調味料」…とか言われている「豆乳オリーブオイル」ですが、悪玉コレステロールを減らし、血液が若返らせるだけでも、多くの生活習慣病の予防ができるのは確かです。

豆乳とオリーブオイルとお酢が合わさることで、最高に効能が生かせている調味料です。

「豆乳オリーブオイル」を、かけるだけ!混ぜるだけ!炒めるだけ!…と、簡単便利な基本調味料を試してみませんか?

抗酸化作用の高いオリーブオイルと、腸内環境を整える食物繊維や大豆オリゴ糖も含む豆乳と、お酢のクエン酸効果がある「豆乳オリーブオイル」について紹介します。

 

豆乳オリーブオイルの効果:血管力をつけよう!

腸を整えることは、脳さえも司る重要な臓器ですが、血管を整えることも様々な病気を避けることができる健康法です。

人は、血管が切れる病気と血管が詰まる病気があります。

血管の症状は、何となく体調が悪いという範囲ではなく、突然死に結びついてしまうことが多いのです。

血管が若返り、悪玉コレステロールを減らすことは、健康を意識するのにとても必要なことです。

健康診断で「血管年齢」を検査したことがありますか?

チェックシートも用意していますが、やはり一度検査をしてみることをおすすめします。

多くの健康法がありますが、一部の症状の改善ではなく、体全体を管理できる健康法としても、調味料の見直しはとても大切ですし、体調がガラリと変わる方もいます。

<豆乳オリーブオイルの効果>

  • 減塩…減塩しても深い旨味を感じる
  • 減糖…豆乳の甘味で砂糖を減らす
  • 減油…油の代替として使用
  • 減カロリー…調味料の使い過ぎのカロリーオーバーを防ぐ
  • 血圧を下げる…オリーブオイルのオレイン酸・豆乳際本が血圧を下げる
  • 免疫力アップ…オリーブオイルと豆乳の、ビタミンEが免疫力を高める
  • 抗酸化…オリーブオイルと豆乳の、ポリフェノールが細胞と血管の酸化防止
  • コレステロール低下…大豆サポニン・大豆たんぱく・オレイン酸が悪玉コレステロール低下
  • 血液サラサラ…大豆レシチン・オレイン酸・ミネラル類が血管に働きサラサラに!
  • 更年期対策…大豆に含まれるイソフラボンが更年期症状の軽減作用がある。

<参考:血管がぐんぐん若返る!豆乳オリーブオイル>

生活習慣病予防になる項目が多く、炒め物やドレッシングやソースと、油を使用するときに「豆乳オリーブオイル」を使用するので、体の酸化や糖化を防ぐことから、血管系の病気の予防にもなります。

 

ドレッシングやソースの乳化について

市販のボトルに入ったドレッシングなど、冷蔵庫から取り出した時は、層になっています。

あなたも、食べる前にボトルを振って使っていますよね。

ドレッシングなどが、酢と油は混ざり合って濁り一体化します。

このことを“乳化”といいます。

ドレッシング、振るのをやめた途端に、また層に分かれますが、振るとまた混ざるということを繰り返します。

市販品は、混ぜ合わせただけでは乳化はキープができないため、添加物の「乳化剤」が必要になっています。

マヨネーズを自家製にすると、時間と共に「これ…食べても大丈夫?」と思うような分離をします。

バターなら乳カゼイン・マヨネーズなら卵黄のレシチンというたんぱく質が天然の乳化剤の働きもしますが、自家製だどきれいに乳化されません。

見た目重視の消費者であることが前提で、企業はきれいに乳化状態を安定させるため「添加物」が必要なのです。

でも、自分でかき混ぜるだけで添加物が不要になると利点として捉え、自家製の「豆乳オリーブオイル」が、たとえ分離しても安心して使ってください。

 

「豆乳オリーブオイル」作り方

<材料>出来上がり200ml…保存目安は5日

  • 豆乳(成分無調整)…100ml
  • エキストラバージンオリーブオイル…40ml
  • すし酢…大さじ1
    すし酢がない場合
    ・米酢…大さじ1
    ・塩…小さじ1/6
    ・砂糖…小さじ1
    ※砂糖は、オリゴ糖が多い「てんさい糖」か、ミネラルが多い「黒砂糖」か、抗菌作用がある「はちみつ」が理想

<作り方>

ミキサー・ハンドブレンダー・泡立て器…と攪拌できれば、何でもいいです。

容器に豆乳を入れて、攪拌しながら少量ずつオリーブオイルを加え、最後に酢を加えてとろみがつく感じでできあがりです。

豆乳オリーブオイルは、ドレッシングとしてサラダにさっとかけるだけでもいいですし、ハーブを加えたり、味のある塩を加えると、いろいろな味が楽しめます。

カロリーが高くできてしまうチャーハンやグラタンといった油やバターの代替としてレシピに活用すること、豆乳オリーブオイルはほとんどの料理に使えます。

薬膳教室の生徒さんで、油をすべて豆乳オリーブオイルを使うようになって2か月で、家族全員がダイエットにつながったと喜んでいました。

普段の油の使い方の意識を変えるだけで、ダイエットになった話は、私も嬉しくなったひとつでした。

豆乳オリーブオイルを使っていくことで、薄味に慣れていきますし、ヘルシーで美味しく感じるようになります。

オリーブオイルの味や臭いが嫌いな方は、ビタミンEが同じように豊富な「こめ油」にすると、食べやすいと思います。

また、作り置きも可能で、保存できる目安を5日間ぐらいと考えて作ってください。

女性に効果が多くみられる調味料なので、ぜひ試してみて!

 

基本の豆乳オリーブオイルの使い方

高カロリーのマヨネーズの代わりに豆乳オリーブオイルを使って、ポテトサラダをつくりましたが、食材の味がわかる素朴なサラダになりました。

納豆や青菜のおひたしなどに、豆乳オリーブオイルかけてから醤油少々加えても、いつもと違ったメニューになります。

朝のパンケーキやおやつのクッキーにも使うときがありますが、美味しく出来上がりました。

味噌汁やだし巻き卵など、ダシにプラスしても美味しいです。

 

「豆乳オリーブオイル」をオシャレなバジルソースに!

基本の調味料として「豆乳オリーブオイル」を油代わりにするとして、肉や魚を素朴な素焼きにして、バジルを加えたソースをつくると、とても簡単な料理で一品できます。

今回の私の魚料理は、すべて素焼きです。

ソースをかけたり、つけたりするだけです。

庭にバジルが植えてあるので生のバジルを使用しましたが、乾燥されたものの方が日持ちすると思います。

 

「豆乳オリーブオイル」をカルディの「レモン豆乳ドレッシング風」に!

カルディで売られていたカルデイオリジナル「瀬戸内レモン豆乳ドレッシング」が美味しくて、似たようなドレッシングは「豆乳オリーブオイル」でできました。

カルデイの「瀬戸内レモン豆乳ドレッシング」は、トロ~っとして味が濃そうに見えますが、想像以上に爽やかでした。

シトラス系が好きなので、私はレモンの酸味が物足りなかったため、自家製はレモンを多めにプラス!

豆乳を感じる味が、レモンの酸味で爽やかな味に!

自分で作ってなんですが…爽やかでクリーミーな好みの味になりました。

「レモン豆乳ドレッシング」は、豆乳オリーブオイルを作るときにお酢を少な目にして、その分レモンのしぼり汁を加えるだけです。

味の調整に、コショウを少々加えました。

 

味付け調味料で限りなく様々なドレッシングソースができる

サラダに豆乳オリーブオイルをかけるだけだと、物足りなさを感じる方もいるようです。

基本は薄味です。

本当は、それに慣れた方がいいのですが、豆乳オリーブオイルを調味料として、家庭で定着させていくには、基本にプラスする調味料を工夫をすることです。

我家でヒットしたのは、豆乳オリーブオイルに明太子をプラス!

これは、大人気!

それをきっかけに、様々な味付けをしたのですが、塩を増やしたくないので、塩に味を加えている調味料をプラスして味付けをしました。

基本の豆乳オリーブオイルには塩を加えないで、味付き塩を加えるようにしました。

これも、大人気ドレッシングやソースに!

テーブルの上に、味がつく調味料を置いて、豆乳オリーブオイルを料理にかけてから、各人好みの調味料をふりかけるようにしました。

粉末のニンニクやガーリック・カレー粉…と体が求める香辛料をプラスして、それぞれが楽しんでいます。

和風ドレッシングにするには、山葵や唐辛子なども美味しい!

大根をカットして、豆乳オリーブオイルと桜の味の塩をプラスして漬け込んでみたら、おいしい漬け物風に…。

柚子塩も同様、さっぱりとした漬け物に…。

豆腐や蒸しキャベツにかけるだけ!

そんなメニューが簡単で健康的!

もちろん炒め物にも使っています。

「豆乳オリーブオイル」は淡白な味なので、どんな味付けでもできるのが、利点です。

是非、作ってみてください。

そして、しばらくの間継続してみると、体の変化を感じられると思います。

 

 
TOMOIKU*Recipe by purpose 
<健康を意識した目的別レシピ>
   




当サイトの一部の記事が、専門性を高めるために「TOMOIKU姉妹サイト」に移動している場合があります。 ご不便なことがございましたら、大変申し訳ありません。心よりお詫びいたします。


  生活を彩る 関連記事

 
   

* TOMOIKUの姉妹サイト紹介 *
 


サイトマップで情報を探せます!

一般社団法人 日本共育ライフ協会内

(合)共育生活研究所

“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフードの食事」と、“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」の講座を各地で行っています。


遊びに来てね♪

最新記事

ベルメゾンネット

Menu according to purpose




ベルメゾンネット

私のお気に入りのお店

 

 

 

 

 


 

カルディファーム

無印良品

成城石井

婦人画報のお取り寄せ決定版2019

ページ上部へ戻る