ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。



「パフ-ぽん菓子シリアル」無添加の雑穀が摂れる一押しはコレ!人気のフルーツグラノーラに危険性!?

ポン菓子…食べたことがあるのではないでしょうか。

駄菓子屋さんやスーパーで陳列されている、にんじん型のビニール袋に入っているサクサクと軽い食感のお菓子です。

大正から昭和中期頃までは、定番の菓子として子供に人気があり、我家の88歳のおじぃちゃんは、地域を巡回して露店の形で販売しているおじさんを探したと昔のことを話してくれました。

現代のように、おしゃれなお菓子がない時代では、とても貴重なものだったのでしょう。

米で作った膨化米(ぼうかまい)は地方や年齢層によって、ばくだん(爆弾あられ)、こめはぜ、ポンはぜ、ぱっかん、ポッカン、パン豆、たん豆、パフ、パットライス、パフライス(Puffed rice)、ポップライスなど様々な名前で呼ばれている。
<参考:ウィキペディア>

 

昔からある「ポン菓子」って何?現代は「パフ」と言う?

 

回転式筒状の圧力釜(穀類膨張機)を米などを回転させながら加熱し、穀物に10気圧程度の圧力をかけ、一気に開放することによって米などを10倍ぐらいに膨らませた駄菓子です

激しい爆裂音を伴いながら釜から10倍ほど膨らんだものが勢い良くはじけ出るその音から「ポン菓子」または「ドン菓子」と呼ばれるようになりました。

通常はこれに煮立てた砂糖蜜などを絡めたりして食べます。

ネーミングがかわいい方がいいのか、今は「パフ」と言うことが多いようです。

 

大人気のフルーツグラノーラに危険性があった!

 

子ども達に人気のコーンフレークや、大人に人気のグラノーラと、朝食で簡単に栄養が取れるシリアルが大人気!

今回、ポン菓子の記事を書くことで、いろいろ調べました。

フルーツグラノーラなどには、ビタミンやミネラル、食物繊維などもバランスよく含まれているとされていますが、気になるデータがありました。

「健康にいいはずがない」と言われている根拠が深く綴られていました。

企業が商品をつくるにあたって、よくある話なのですが、例えばクコの実を入れれば「薬膳グラノーラ」という商品名で、体に良い印象を与えています。

その内容について、まとめて記事にされていたので一部抜粋させていただきます。

フルーツグラノーラが健康によいと言われる理由
食物繊維は胃などの消化器官で消化されずに、大腸まで達する食品成分で、便秘の予防になる整腸効果や、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下などの効果が明らかになっています。
オーツ麦には玄米の約3倍の食物繊維やカルシウム、鉄分などのミネラルが多く含まれており不足しがちな食品成分を補い、レーズンやクランベリなどにはポリフェノールが含まれており、美肌づくりにつながります。


フルーツグラノーラが問題とされている理由
一見、エネルギーやナトリウムが低く、ビタミン類や鉄の含有量が高いように感じてしまうトリック!
厚生労働省から発表されている日本人の食事摂取基準に収載されているものはグラフの栄養素だけではない。グラフでは、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB2、ビオチン、ビタミンC、マグネシウム、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンの評価がすっぽり抜け落ちている。(表示しないようにしている)
フルーツグラノーラにはたくさんの砂糖が使われ、成分表ではオーツ麦、ライ麦の次に砂糖を多く使用しているのがわかり、老化の三大原因の1つ“糖化”の原因となってしまうAGES(最終糖化産物)という名の老化物質が多く含まれていることに問題があります。
トランス脂肪酸である「ショートニング」が含有され、心筋梗塞や狭心症のリスクを増加、肥満を発症させやすく、アレルギー疾患を増加させ、胎児の体重減少、流産、死産を生じさせる可能性があること、母乳を通じた乳児へのトランス脂肪酸の移行が研究等で確認されている。

そして、「砂糖不使用フルーツグラノーラ」のように人を勘違いさせる商品があります。確かに「砂糖」は使用していないが、デキストリンも乳糖も、消化されてブドウ糖という添加物で甘くされています。

フルーツグラノーラは確かに美味しいです。さらに、調理の手間がなく、保存性も高い。健康によさそうと飛びつく気持ちはわかりますが、普通に考えてみてください。あんなに甘いのに健康的であるはずがありません。

<一部抜粋:「健康にいいはずがない!フルーツグラノーラの問題点とは?」

 

我家の朝食はごはんと味噌汁…と和食で、日曜日の朝食がパン食と決めているので、グラノーラは購入したことがありません。

購入したことがない人間が商品批判することに躊躇はしますが、グラノーラの問題点を見つけた時、是非その企業の商品イメージテクニックに、騙されないでもらいたいな…と思い、記事にしました。

人気がある商品には、消費者に購入させるテクニックがいっぱい隠されています。

商品表示を確認してくださいね。

 

無添加で雑穀も取れて一押しの自然派シリアル「ぽん菓子風-パフ」

 

私は孫のおやつに何かいいモノないかなぁ…と、いつもお世話になっている大好きなお店「タマチャンショップ」を見ていて、気になった商品を購入してみました。

香料・着色料・防腐剤・漂白剤が不使用の無添加で、純粋に雑穀が取れるので一押しです。

雑穀は夕飯のごはんといっしょに炊いているので、わざわざおやつに食べなくても…と思いますが、ヨーグルトにちょっと変化をつけたいなぁ…と思って、購入しました。

乳製品のヨーグルトに、ポン菓子風のタマチャンショップ「ぽんぽこぽん」で雑穀の栄養を加え、ビタミンCが豊富なイチゴ・鉄分のレーズン・薬膳に使われるクコの実やドライトマトを添えるだけで、甘くなるので、私はハチミツは入れなくてもいいくらいです。

雑穀って、ポン菓子風パフにすると、香ばしくて甘く感じるんです…。

それが、とても美味しかったので、紹介します。

雑穀には、普段では摂取できなかったり不足している栄養が豊富に含まれています。

アイスクリームに添えたり、ヨーグルトに入れたりしてオヤツの材料として大活躍です。

スープにクルトンのように使用したり、お茶漬のあられに使用したり、香ばしい香りとサクサクした歯ざわりは、思った以上に使い勝手がよく、見た目もおしゃれな感じに出来上がるので、最近凝ってます♪

サラダにちょっと加えるだけで、別のサラダを作ったようなオシャレ感!

使い方の参考になるので「タマチャンショップ」より画像をお借りしました。

使い勝手もよくて、無添加!栄養満点で、とても気軽に食べられるので、一押しです♪

【送料無料】第4の新シリアル誕生!ぽんぽこぽんそのまま食べれる栄養豊富な16種類…

 

 

近所のスーパーで「玄米-ライスパフ」が売られていたので、購入してみました。

 

ちょっと砂糖が添加されて甘いので、やはり、朝ごはんというよりも、オヤツがいいのかな。

昔の「ポン菓子」の味がしたので、おやつに牛乳と合わせて食べるという感じになりました。

下のおやつは「玄米のライスパフ」にドライフルーツを入れて、牛乳で食べてみました。

甘くて美味しいですし、ドライフルーツといっしょに食べると、さっぱりもしていました。

 

 

 

家族でポン菓子の話をしていて、昔「ライスチョコレート」というものがあったの、ご存知ですか?

小さい頃、駄菓子屋で当たり前のように目にしていませんでしたか?

ボリュームがあるチョコレートで、ポン菓子が中に入っていて比較的安いという、子供にとっては嬉しいお菓子でした。

海外の高級チョコレートにも、たまにポン菓子のようなものが入っているチョコレートがありますが、最近目にしなくなったなぁ…と思っていました。

調べてみると、大袋になって売られているようです。

 

大人のポン菓子の会話中話題になったライスチョコレートを、孫が「食べたーい!食べたーい!」と…

今回、「ライスチョコ」を作ってみました。

できたんですよ♪ライスチョコ!


思いつきでつくったので、準備不足…チョコの量が少ないですが、しっかりとライスチョコレートができました。

やはり、無添加雑穀の「ぽんぽこぽん」が我家には合っていました。

無糖でも甘く感じられるのは、雑穀の美味しさなのでしょうね…。

栄養満点の上、ちょっとしたアイディアで食卓が彩られます♪




SPONSORED LINK


サブコンテンツ