50代後半で白髪だけど髪質が20代!髪の栄養素と無添加商品大好きロハスな買い物

もうすぐ60歳になるけれど、髪が元気なのが嬉しい!

50代後半にもなると、白髪が多い(^.^;

今まで肩より下の長い髪型でしたが、50代後半になると髪質が変わり、ゴワゴワになったり細くなったりするらしい…ということで、美容室に行きました。

カットする理由を美容師さんに伝えたら、キューティクルの検査をしてくれるということで、やってみた!

嬉しい!キューティクルがすごくきれいで、現在の20代の人たちよりもキレイって♪

もともとストレートなので、ゴム止めしてもゴムが落ちてきてしまうので、サラサラすぎて若い時から苦労はしています。

髪は短く切らなくてもいいのではないか…という話になりました。

でも生まれて初めて短くカットしようと決心して来た美容室なので、今回はカットすることに!

そのカットをしている間、美容師さんから、髪の手入れに何をしているのかと質問攻めにあいました。

一言…

何もしていない

シャンプーやリンスは孫と同じ無添加のモノを使っているだけで、基礎化粧も30年はしていない。

仕事上TPOに合わせて化粧はしますが、ファンデーションも所持していないほど、普段は何もしていないのです。

一時期、サンプルを取り寄せたこともあったのですが、基礎化粧をする習慣がないため、3日坊主で終わってしまい、お嫁さんにあげちゃいました(^.^;

多くの方のブログを拝見して、頭も肩のように凝ると聞いたので、血行を良くするために頭や顔のマッサージはしていますが、ズボラなのでお風呂上がりもお顔に何もしていない。

年齢や重力にはかなわず…顔やボディが垂れてきているので、バタバタとマッサージやストレッチをしている状態です。

 

そして、車の運転をしているため、右側だけが日に焼けているので、紫外線対策をしなければ…と思っています。

そのクリームは今年購入しようと思っています。

ちょっと勉強したり調べなくては…。

 

季節に合った旬の食材が体を助けてくれる

美容師さんとお話していて、髪の質は髪の手入れや元々の遺伝性のクセもありますが、食生活があらわに髪質に出る…とも言ってました。

私の年齢から骨粗鬆症予防や、孫と生活しているのでミネラルたっぷりの昆布など、食事では豊富に使っています。

そして、旬の食べ物は体のトラブルを避けるような効能が多く含まれているので、何かの対策のために食べるのではなく、ただ自然の摂理に従って食べているだけです。

髪の毛の約95%はケラチンと呼ばれるタンパク質でできていて、18種類のアミノ酸で構成されています。

食事からタンパク質・ビタミン・ミネラル・大豆のイソフラボンやオメガ3脂肪酸(DHAやEPAなど)・ポリフェノールなどの抗酸化食品も取り入れることで、髪にも栄養を与えてあげることができます。

髪をきれいにする意識を持ったことはありませんが、食事は大きく関係しているのだと思います。

 

ロハスな生活から無添加商品が中心

基本的に私は無添加のモノを使用しています。

無添加もどきという、偽物が多く市場に出ているので、何度か失敗しています。

ただ、無添加だったら何でも良いと言う訳ではないですし、自然のモノにだって害があるものがあります。

皮膚からも「経皮毒」という化学製品に関して合わせてお読みいただくことでお役に立てると思います。

現在、使っているお気に入りで、私の体には合っていたモノを紹介します。

SPONSORED LINK



無添加「白髪染め」植物由来の天然色素

 

白髪染めは何を使っていますか?…という、美容師さんからの質問。

店頭で大々的に「白髪染め」を宣伝していたので、答えにくかったのですが、私は食事で昆布を摂るようにしているので、昆布でできているモノです…と答えました。

「天然利尻昆布」でできていて、昆布のフコイダインで高い保水・ミネラルで髪や頭皮に潤いを与えてくれて、アルギン酸で保湿力と、自然の力を与えてくれます。

そして、 髪表面をカラーするマニキュアタイプだから、髪や頭皮を傷めず、染毛剤の科学的な反応を利用していないトリートメントです。

白髪染め独特なツンとした臭いがないので、すごく助かります。

植物由来の天然色素を使用していて、食べる昆布が大好きな私が選んだ白髪染めです。

部分染めが主なので、お風呂に入る前に塗って流せばいいので、とてもラクです。

<画像:楽天よりお借りしました>

 

試食して確認している無添加のシャンプー&リンス

我家の風呂場は、男性用・子供用添加物・お嫁さん用・私用と、シャンプーとリンスが4種類設置されています。

私は自分のお気に入りを切らしてしまっても、子供用を使用して満足しちゃっています。

化学的で出来上がっているシャンプーやリンスは、ホルモンの関係上、できることなら男女分けて専用を使用した方がいいと言われています。

天然の成分が多いシャンプーやリンスは、せっかくなので経皮毒の心配がない界面活性剤が入っていないタイプがいいですね。

私のおすすめするシャンプーは泡立ちが少なく感じる方が多いと思います。

最近は健康のことを考えて、合成界面活性剤のシャンプーから石けんシャンプーに切り替える方が増えていると思いますが、はじめは泡立ちがなく汚れが落ちていないのでは…と感じてしまう方が多く、髪の傷みによりキシミが出やすいですようです。

使用して1ヶ月ぐらいはキシミも感じるかもしれませんが、使用しているとキシミは感じなくなります。

石けんの基となる油脂に、人間の皮脂の成分にもっとも近い馬油を100%使用で、飼料にまでこだわった国産馬油なのです。

自然からの成分だけで作る窯焚き手作り石けんは、試食をして石けんの出来上がりを確認しているとのことなので、私も試食してみました。

シャンプーは蒸留竹酢液をブレンドしているので、酸っぱかった(^.^;

リンスは有機かぼすを使用しているだけあって、ズバリかぼすの味でした。

保存料・香料・着色料・発泡剤などの化学成分も一切含んでいない、安心できるシャンプーとリンスです。

 

お試しがあるので、私はお試しからスタートしています。

お安いのでとりかかりやすいですよ♪

「無添加」「自然派」「無農薬」という言葉だけを信じて購入すると、商品全体が無添加なのではなく一部だったりする…これは化粧品関連商品でとても多いです。

真剣に取り組んでいる会社が、嘘まみれ商品を作っている大手に押されてしまうことが、とても残念でなりません。

私達消費者は買い物をすることによって、投票をしているようなものなんです。

シャンプーやリンスを作っている(株)ネオナチュラルは「人にも環境にも優しい自然素材」とコンセプトに、化学原料を使わないオーガニックスキンケアをつくるため、原料のハーブを自社農場で有機栽培しています。

スキンケア製品を作るようになったのは、当時1歳になる社長の娘さんがアトピーになったのが切っ掛けです。

ボロボロになった娘の肌を見て何とかしてやりたいと強く思い、疑問を抱いていたスキンケア製品や食べ物の栄養、肌の仕組みなどを調べながら手作り石鹸を作っていました。

<ネオナチュラル社長の挨拶より>

子を思う気持ち…人を思う気持ち…。

そんな想いが詰まっているのを感じながら、私はこれからも応援したい会社のロハスな商品です。




SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ