ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




デキる男のセンスがいい腕時計の年齢別検証!女子は仕事の男子力をチェックしよう!

最高級の腕時計

サラリーマンの必須アイテム

腕時計は、サラリーマンの方にとって仕事の必須アイテムになります。

女子が男子の好印象を持つにあたり、本能的に「自分にとって利点のある男か?」…ということも、恋愛の男女関係の対象以外ても、検証してしまうのは、動物的な本能です。

五感で感じる「好印象」の視覚の中に、所持品のセンスが自分の好みであるかということも検証の上、自分にとって良い同僚になるか?上司になるか?

友達になるか?そして、生涯の伴侶となるか?という「人定め」ということを、自然にしているものです。

女性は、男性の腕時計をチェックしている…。という説がありますが、女子の方はチェックしていただきたいですし、男子の方は「時間という社会のルールを意識していただきたい。

仕事以外で使用するアイテムのデザインなどで性格がわかるものです。

 

 

「立場が人を作る」ということは本当

会社経営を30年していますが、時間がルーズな方との仕事は時間厳守ということ以外の案件でも苦労をします。

腕時計というアイテムはそのひとつであり、腕時計をしていないからできない男というわけでは決してなく、ひとつの目安でしかありませんが、新入社員で数百万する腕時計をしていて、取引先の印象はどうでしょう?

身の程を知ってもらいたいし、社会的立場を得てから仕事にあった腕時計をしてもらいたいです。

ブランド高級腕時計は…秋の腕にはカジュアルで人気のワントーンウォッチ

自分で必死に貯蓄をして購入したブランド時計かもしれません。

親が金持ちなのかもしれません。

ローンを組んで、自分への励みやご褒美で購入しているのかもしれません。

様々な理由があるでしょう。

しかし、若くて仕事ができない新人が、平気で仕事中ブランド腕時計を自慢できる神経を疑っていただきたい。

もし、将来結婚と検討した時、どのような苦労を女性はするのか?…とイメージしてもらいたいです。

今回の腕時計は仕事に直結するアイテムですので、非常にわかりやすく将来をイメージしてみてください。

将来を上司に引き上げてもらえる気質かという将来性や、身の丈にあっていない高級アイテムをローンを組んでまでも購入する人を、人生をともにするにあたり金銭感覚としてこれでいいのか?とか…

ブランド腕時計をプレゼントされていて所持しているけれど、TPOに合わせて使い分けているような場合は、社会の空気を読むことができるとういうことになります。

腕時計の印象

時間を確認するときにはスマホを見るという若者が増えてきていますが、普段は腕時計をしない人の「印象」は、ビジネスシーンでは絶対NG!です!

これからどのように価値観が変化するのかは未知ですが、少なからず日本社会では「印象」が重要視されているのが現実です。

営業か?クリエイティブな業界か?でデザインの好みはかわりますが、そんなことも考えて…一般的な年代別の腕時計をひろいあげてみました。

超高級ブランド時計は避けています。

高級時計は、自分の収入に似合った物と好みの問題だからです。

20代の方は!

30代の方は!

40代の方は!

 


SPONSORED LINK


サブコンテンツ