ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。



お弁当族の隠れ技「自然解凍法」のポイント!日本発のお弁当文化!世界がBENTOと注目!

 

日本のお弁当はビューティフル!世界がBENTOと注目?

世界で日本のお弁当が羨ましい~と、言われるほど、私たちが日常イメージしているお弁当は世界からみると、「美しい」らしいです。

フランスでは大人気なのは、日本でも定番の「のり弁当」

その名も、そのまま「のりBENTO」

日本の「のり弁」は、手軽にコース料理が食べられる…と言われているとか。

なぜそんなに日本のお弁当が注目されるのか?

コース料理を時間がないときでも食べることができ、食費が浮いて経済的で、栄養が摂れる上にダイエットになる…と、言われています。

日本の弁当族の方々は、世界の方達からみると、オフィスでコース料理を食べているように見えるのです。

海外でのお弁当は、実に簡単ですね…。クリスマスが近いのか?ピックでかわいくアレンジしています(^.^;

画像:http://www.100daysofrealfood.com/school-lunch-roundup-iii/

確かに…日本のお弁当は、海外の国々にしてみるとコース料理に見えるかもしれないですね。

インスタでもかわいいお弁当画像が多く、海外では日本のインスタの写真が多く見られました。

そのお弁当、日本人の方でも、途中で断念してしまう人が多いのではないでしょうか。

そんな方に、お弁当族の方々が続けられている方法をご紹介します。

 

お弁当のメリットは多い!

社員食堂が整っていて、リーズナブルな価格でランチができる方もいらっしゃると思いますが、世の中みんな同じではありません。

そして、混んでいる昼食時間で並んだりするのも、体が休まることがありませんね。

お弁当は、時間とお金の節約になりますし、栄養も考えられダイエットにも繋がります。

ランチ代の平均

  • 1位 300円以上~500円未満   30.5%…社員食堂で食べている
  • 2位 500円以上~700円未満   19.7%…定食屋のランチの相場
  • 3位 700円以上~1,000円未満  18.7%…社外ランチ。
  • 4位 100円未満        14.8%…弁当を持参
  • 5位 100円以上~300円未満   10.3%…会社のお弁当で一部を支払う

300円以内のランチ代で定食を食べている方は、栄養も考えられているので、食べるところを探す時間などの時間の節約はできませんが、経済的・栄養面ではお弁当にする必要はないのかもしれません。

お弁当は自宅で作ると、平均250円ぐらいで作れます。

例として昼食代が600円として20日勤務とします。

外食:600円?20日 = 12,000円が昼食代として消費されています。
弁当:250円?20日 = 5,000円が家計費かかかりますが、約7,000円の節約になります。

日々節約を心がけている方にとっては、大きな節約になると思います。

しかし、毎日朝、寝ぼけているときに、朝食以外にお弁当をつくる負担が大きく感じて、途中で断念してしまう方が多いようです。

他にはお弁当箱を持っていくのが苦痛という方もいらっしゃると思います。

かわいいから…便利だから…と購入したお弁当箱だと思いますが、何よりもお弁当箱の形を検討しなければ、男性のビジネスバックには入りませんし、別の大きなトートーバックを持つのは、負担に感じるものです。

お弁当箱についての関連記事
「お弁当箱」メリットデメリット「曲げわっぱ・ステンレス・アルミ・プラスチック」材質別比較

SPONSORED LINK



 

お弁当族の朝の効率良い「自然解凍法」を見習う!健康やダイエット&節約ができる

 

日本のお弁当は海外で話題になるほど、きれい・おいしい・ヘルシーなどかわいいお弁当!

張り切ってつくりはじめたものの、やはり朝がつらい…もっと寝てたいし…というのが本音だったりしませんか?

寝起きの頭で料理をこなすのは、結構大変です。

冷凍食品を購入していくと、価格的に節約している意味がなくなってしまったり、健康やダイエットを考えると、本末転倒という結果にも成りかねません。

朝に全部を作ろうと思うから無理が生じるので、作りおきをされている方もいらっしゃると思います。

暑い季節になると、おかずのいたみも考えなければならず、保冷剤を用意することもありました。

作り置きを冷凍庫に保存して、朝、解凍して冷ましてお弁当箱に入れる…という作業をしていたのですが、その作業が全く無駄だったようです。

 

お弁当の「自然解凍法」は良いことだらけだった

 

朝、冷凍されたおかずを、お弁当箱に詰めるだけで終わり!

火を通したほうが良いと思っていたので、まるで無意味な作業でした。

今までの方法で、冷凍されていたおかずを、電子レンジで温め直してお弁当に詰める方法では、加熱ムラや水分が飛びすぎてしまったりして、味が変わってしまうのです。

それも、嬉しいメリットがあります。

 

  • 自然解凍の方が味がよい
  • 保冷剤代わりになる
  • 菌の繁殖も抑えられる
  • 朝、ゆっくりできる

美味しくて・菌の繁殖を抑えるなんて、こんなに嬉しいことありませんね。

 

私…寝る前にお弁当箱に詰めて、朝、冷凍庫から出して渡すことがありました。

超横着な方法です。

何回かうまくいったのですが…

寒いさむ~い冬、そのまま寒い車の中に置いていたら、お昼になっても解凍できていない…ということがあり、笑ってしまいました。

でも、よっぽど寒い日ではないかぎり、自然解凍されます。

 

わざわざお弁当のおかずの作り置きをつくらない

夕飯をお弁当用にちょっとだけ多めに作って、カップに入れて冷凍しているうちに、ストックができていきます。

カップにストックするポイント

  • 水気をしっかり切ること
    水気が多いまま冷凍すると、解凍したとき水っぽくベチャベチャになります。
  • 冷ましてから冷凍する
    湯気がある状態で凍らせると、湯気が氷になって同じく水っぽくなります。

盛り付けがカラフルになるように、おかずのバリエーションを「赤、緑、黄、茶色」に気をつけるようにします。

赤…人参・パプリカ・ケチャップ系のパスタなど

緑…ブロッコリなどの緑野菜の和え物

黄…卵焼きや黄色パプリカ・コーンなどを焼く

茶色…ハンバーグや唐揚げ・ひじきやレンコンなどの煮物

「わざわざお弁当を作る」という手間をかけないようにすることで、とても気が楽になります。

美味しくできるお弁当族の真似をしてみてくださいね。

私は真似してとてもラクになりました♪




SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ