体に良いインナーとは?防寒下着「ヒートテック」比較ランキング!化学繊維の被害は?

寒くなってくると、防寒対策を考えますね。

下着に保温性が高い素材のもので、ファッションや見た目が太って見えないモノを身につけたいのが人の心理。

それぞれの会社が化学的に利点を説明していますが、その裏側にあるデメリットや被害の情報が、表に出ることが少ないことが気になります。

体に良いインナーとは?防寒下着は体に影響はないのか?

防寒着には気を使うプロの登山家は、化学繊維でできている「ヒートテック」は着ません。

インナーひとつが、生死を分けることがあり、吸水率が飽和してしまうことで、体を冷やしてしまうからです。

体を温めたい目的で着用する防寒下着は、肌に密着させるモノなので、上着と同じような素材を選んでしまうと、体を冷やしてしまったり、皮膚被害があります。

ユニクロのヒートテック被害は多く耳にしますが、一体何が皮膚に悪さをするのでしょう。

インナーの着心地は、体質にも関係していますし、肌触りの好みの問題もあります。

防寒下着で使われる化学繊維の場合、ポリエステル・アクリル・レーヨンが多いのですが、その特徴を知ることで皮膚の影響がわかる場合があります。

技術の開発によって糸の織り方で温かさの違いがあり、汗をかいたときの吸収やほっこりしたほうが好みなのか、絹のようにさらっとしたほうが好みなのかという着心地も人によって好みが分かれるところです。

体に良いとされる素材は、やはり天然素材の綿(コットン)なのは、人の生理的な自然原理に沿っているものでしょう。

かゆみには原因がある|化学繊維インナーの被害を知ろう!

冬になると体全体が乾燥するので、特にインナーの素材には気をつけることが大切です。

皮膚は呼吸をしているので、「化学繊維」によって体が息苦しくなってしまうのです。

温かいからと着込んでいるインナーで、気が付かないうちに「化繊アレルギー」になってしまうこともあります。

「化繊アレルギー」とは、皮膚が呼吸しやすい天然素材(綿・麻・シルクなど)ではないので、科学的な技法で作られた化学繊維が肌に長時間触れる事によって、痒みやかぶれ等の症状を引き起こしてしまいます。

俗にいう、ヒートテックと言われるインナーの素材は、ポリエステル・アクリル・レーヨンを使われていることが多く、合成繊維のナイロン・ポリエステル・アクリルは三大合成繊維と、木材を溶液で溶かして繊維状にする再生繊維のレーヨンを使っていることが多いです。

防寒上着にも使われていますが、体と布が密着していないので、使用してもトラブルが少ないのですが、肌に密着していることが、体にトラブルを生む可能性が高くなっていくのです。

そして、化学繊維は静電気を発生しやすいので、その静電気によって帯電した下着にゴミなどがつきやすいため不潔になりがちになるとのことです。

化学繊維は、保温性は高いのですが、熱伝導率と吸湿性が低いため、汗を吸わず中でムレやすくなってしまうのです。

体を冷やす化学繊維は生殖機能に影響|化学繊維インナーの被害を知ろう!

着心地は良いヒートテックですが、実は生殖機能に大きな影響を与えてしまいます。

男女とも皮膚呼吸をしないことは「化繊アレルギー」になっていく可能性が高くなり、痒みやかぶれなどの皮膚被害が出ていますが、もう一点大きな問題があります。

冷え症対策として下着選びも重要なポイントになるからです。

女性の「冷え性」は多く、防寒下着は必須アイテムですが、化繊の下着を身につけることによって、生殖機能に大きな影響を与えてしまうこと。

子どもや若い女性が、化繊繊維の下着を着ていることで、お腹や腰の冷えに繋がり子宮や卵巣などの生殖器にダメージを与え「不妊症」の原因になってしまうことが問題なのです。

体を温めるための防寒下着で体の中を冷やし、結果的に「冷え性」になり、不妊症になることが多いことについて、医師が警告をしています。

冷え性による生殖器での影響は出産前の若い子だけではなく、高齢に近づくにつれ更年期障害や他の様々な病気に繋がるので、注意する必要があります。

<参考:総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」>

経皮毒という注意も必要ですね。

 

SPONSORED LINK



防寒下着「ヒートテック」比較ランキング!広告に騙されないで!

意外ですよね…一番有名なユニクロのヒートテックが子会社のGUより低く、無印良品がランク外なんです。

価格も評価対象であることから、温かさの追求ではほかにも良い商品はあると思います。

大手の下着メーカーであるワコールやグンゼの保温性・速乾性・肌触りは高評価なのですが、価格がやや高めであることから、ランキングより外れてしまうのです。

たとえば、「ワコールの極暖」は、別次元の暖かさとも言われているのですが、1,000以内で購入できる他社のモノと比較して、質がすごくいいため3,000円以上するので、価格でランキングに入れませんでした。

「ワコールの極暖」は綿・ナイロン・ポリウレタンが使用されて、裏起毛になっているので、とても暖かいのですがやはり皮膚がかゆくなるという方がいます。

インナーは、価格やデザインだけではなく、素材による体の影響も考えることが必要ですが、【ベルメゾン】ホットコットが優れているのは、天然素材である綿が95%で保温性が高く、皮膚呼吸もできる…これは、本当にすごいです。

子どもや妊婦さん用・メンズのも用意されていることから、体の影響を本当に考えられている製品なんです。

モノが良い!…という情報は、大人(社会)の事情があります。

評価する雑誌などは、広告会社をスポンサーにしているので、商品に関する真実を記事にはできません。

商品評価のランキングは、スポンサーに左右されるものではなく、ホンモノをちゃんと評価している雑誌「LDK」や、ファッション雑誌「STORY」などを参考にするといいと思います。

インナーの評価で、絶賛されているモノが【ベルメゾン】ホットコットなんです。

ベルメゾンネット

 

絶賛されているインナー【ベルメゾン】ホットコット

雑誌:Storyなどでは通気性:★★★★★  肌触り:★★★★★  静電気防止:★★★★★  即暖性:★★★★  におい:★★★★  フィット感:★★★★★と絶賛されているインナー【ベルメゾン】ホットコット!

温活のためのコーナーもあり、体の冷えには欠かせないグッズも開発しています。

一般社団法人ボーケン品質評価機構では、化繊繊維と【ベルメゾン】ホットコットの温度測定を行い、結果的にヒートテックよりも「ホットコット」が優秀であることがわかりました。

綿は基本的に体に害はありませんが、秘密は“織り”もあるのです。

昨年に続き、新しい病気の情報があったので、【ベルメゾン】ホットコットの商品については2回目になります。

昨年はメーカー別の素材を比較していますので、気になる方はこちらのページになります。

関連記事:ユニクロのヒートテック湿疹被害が増加!危険な化学繊維のヒートインナーリスト!安全なのは?

ベルメゾンは通信販売の会社ですので、肌さわりを確認することができませんが、我家は昨年全員インナーを買いなおしたのですが、個人的にもおすすめのインナーでした。

しかし、化学繊維よりも乾きが遅いのが綿素材で、ヒートテックと比較して気になるほどではありませんが、それだけが化学繊維に劣ってしまう点だと思います。

価格は、790円から…この品質でこの価格はありがたいです。

そして、ホットコットはまとめ買い対象商品なので、2点買えば5%OFF、3点以上で10%OFFとお得感があり、初回登録購入者は500円のクーポンがつき、はじめてのお買い物で送料無料と、至りつくせりのサービスがあります。

 

 長袖レディース・18色柄 

詳細>>

 タートルネック・16色柄 

詳細>>

 お尻すっぱり腹巻・8色柄 

詳細>>

 あったかレギンス

詳細>>

 キッズ

詳細>>

 メンズ

詳細>>

寒い日の準備で、下着の購入を予定されている方!

上着はあったかい化学繊維でも直接皮膚には触れないので問題がないかもしれませんが、インナーは直接肌に触れるので、皮膚呼吸ができるようにしましょう。

できるだけ、綿素材を多く使用しているインナーがおすすめです。

体が冷えてしまう仕事や学校、外出する時には温かいインナーを用意すると思いますが、子供のカサカサ乾燥肌の解消や、生理的繁殖能力を落とさないためにも、一度身の回りの素材の確認をしてみませんか?

乾燥肌の方や、妊娠を希望されている方・女性の悩みを持っている方は、からだにやさしいインナーを心がけてくださいね。

 




SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ