ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。



食器が好き!洗練されたKintoキントー!優しいAfternoon Tea LIVINGアフタヌーンティーリビング

季節を彩る食器

あなたはどんなデザインのモノが好きですか?

私は食器に限らす、身の回りすべて「優しさ」と「洗練」という2種をテーマにモノを購入しています。

文具でも花や蝶々・動物と優しくかわいいノートは私の「自由帳」です。

仕事では白黒シンプルが基調とされているものが多い。

私の時代の女性経営者は、とても厳しい目が向けられていたので、ふわふわした“the・女”というものはタブーで、仕事上そのような傾向になってしまったのか?というと、そうでもなく子供の頃から同じ趣味でした。

現在も自分の部屋はかわいいイチゴちゃんのカーテンをかけているのだけれど、リビングは来客が多いので無地のシンプルなものを。

因みに主人はモノトーンが好きなので、彼の部屋はモノトーンです。

我家はドアが閉まっていれば統一されていますが、各部屋のとびらの向こう側は全く別の世界。

深層心理として、潜在意識と現実…のように、基本はふわっと生きていきたいのだけど、現実はそうはいかないぞ!…という感じなようです。

どちらも欲しいという欲張りなのか?優柔不断なのか?苦笑

年齢から、かわいい洋服を着ることはありませんが、でもリボンとか花とか見ているだけでも楽しくなります…が!…実際購入する普段着は洋服ミリタリー的な洋服を購入します。

「かわいい~!」「かっこいい~!」と、結局どちらも購入するので、「今日はどっちの気分?」という気持ちで、日々の食器選びをしています。

食器選びってすごく面白いんです。

我家の食事前の「箸置き」を選ぶのは孫の係です。

箸置きは息子達が使っていたものもあるので、30年前から使用し、現在は女の子の孫がいるので箸置きもかわいいものが増えています。

料理を作ったり演出したりすることを楽しむ方法のひとつなので、選んでいる時間がかかってもじっくり待ってあげるようにしています。

食事が和風で渋い色の器を使用している場合と、洋食で白い器と柄がある器では箸置きの選び方ひとつ違います。

食器や料理に合わせて箸置きを選ぶにはパターンがあるのですが、プラスして孫のその日の気分が加わります。

自分自身も考えてみると、その日の気分が食器にすごく現れていることに気がつきました。

整理整頓で食器を断捨離した後に、料理をする気になれなくなってしまったほど、私は食器が好きなんだなぁ…と感じ、断捨離もどきだったため、倉庫から食器を戻すことに…(^.^;

 

お料理によって食器を選び、四季を感じられるように演出することは、お料理を作る側が食べていただける方へのおもてなしでもあると思っています。

産地によって食器には歴史がありその背景を知るのが大好きです。

その食器が「私を使って~」って話しかけてくるように感じてしまうのです。

SPONSORED LINK



「Kintoキントー」は無骨さとエレガンスの共存-機能と美しさの調和が素晴らしい!


KintoキントーのNESTシリーズである美しい白い食器は、日本の窯元がこれまでに培ってきた知識と経験の職人の手仕事が最高に生かされている技法です。

ガラス質を多く含んだ磁器土を、不純物を焼ききるまで1300℃以上の高温で焼き上げて、白磁本来の美しい白さを引き出しています。

手に取ると、その美しさに魅せられます。

その白い食器にRIMシリーズは、和食をはじめ様々な国の料理を楽しむ日本の食事情に対応するために、環境に配慮した鉄粉入陶土を使用し、この鉄粉が独特の土味とひとつひとつ違ったうつわの表情を描き出していることで、静かな品格をもたらしています。

そして、Kintoキントーさんのシリーズで、どうしても今欲しい食器があります。

 

我家のコーヒードリッパー&ポット

ドリッパーのペーパーフィルターがいらないので、とても便利!

繰り返し、半永久的に使うことができるステンレス製のドリッパーと耐熱ガラス製のポットのセットです。

家族が多いので、大きいタイプを使用していますが、とてもおいしくコーヒーをいただけます。

旨味成分であるコーヒー豆のオイルをたっぷり抽出できるので、より深みのあるダイレクトな味わいを楽しめるという、魔法のようなポットでした。

豆は細挽きにしてしまうとちょっと底に豆粉のようなものが落ちてしまうので、中挽き・やや粗挽きがおすすめです。

ポットには約2杯分と4杯分の抽出量の目安となる目盛りがデザインされています。

コーヒータイムに登場する、我家のコーヒーポットです。

 

今、欲しくて狙っているもの!もう…日本茶の茶器と茶筒がとてもステキなんです。

 

日本古来の伝統を再認識 急須で味わう静かなひととき

-LEAVES TO TEA-

日本で古くから親しまれているお茶を嗜むという習慣。昨今では様々なデザインのティーポットが賑わいを増し、急須で日本茶をじっくりと愉しむ場面が少なくなっているようです。緑茶、ほうじ茶、玄米茶など、お気に入りの茶葉を茶缶にストックし、その日の天候や心持ちに合わせたお茶を横手急須で静かに注ぐ。淹れたてのお茶と急須をティートレーに載せ、いつものテーブルにサーブする。日常にほんのひととき、落ち着いた時間の流れをもたらしてくれます。

<公式HP:Kinto

「Afternoon Tea LIVINGアフタヌーンティー・リビング」幸せな気分にさせてくれる食器

ポットにたっぷりの紅茶で幸せな気分にさせてくれる食器…「Afternoon Tea LIVINGアフタヌーンティー・リビング」の食器は優しい気持ちにさせてくれます。

おいしいスイーツや野菜をたっぷり使ったメニューには、優しい食器がピッタリです。

私の勝手なイメージですが、Afternoon Tea LIVINGってやさしい時間が流れるような“優”というイメージです。

食卓にAfternoon Tea LIVINGの食器が並んでいるだけでも、優しい気持ちになります。

Afternoon Teaリビングに孫といっしょに買い物にいくと、ふたりして「かわいい~」の大合唱!

私は息子2人を育てているので「かわいいモノ」は私一人で楽しむアイテムでしたが、今はお嫁さんと孫とで「かわいいアイテム」に魅せられています。

春にはAfternoon Teaらしいやさしいデザインの新商品が多く発表されます。

桜シリーズの箸置きは一目惚れで、即購入♪かわいいです。

お茶碗もふんわりとしたカラーと底面の花型がポイントの飯碗♪

伏せるとまるでお花が咲いたかのようなデザインですごくかわいいです。

ピンクは孫・ブルーが母親のお嫁さんが使ってます。

 

マグカップは、水彩タッチであしらった大花柄と小花柄がフェミニンなデザインで淡くやさしい色合いの花柄です。

 

1杯用のペーパードリップコーヒーのおさまりが良く、使い勝手のよいマグカップです。

ココアを入れた時、飲み干す最後、底にココアが溜まらないように、途中で蝶々のマドラーで混ぜています。

一日一日を積極的に愉しむ気持ちと、ちょっとした演出で食卓は彩られます。

無機質な食器が多い中、小さな花やポイントがある食器は春の食卓を演出します。

楽天でもAfternoon Tea LIVING店はありますが、アイテム数が少なく、やはり本店のオンラインストアーの方が品揃えがいいです。

登録しておくとメールで新商品のご案内が来るので、すぐに品切れになってしまいそうなものでも、すぐに購入できちゃいます♪。

近場にAfternoon Tea LIVINGの実店舗があるので、何の用もなくても必ず覗いてしまうお店。

今、春の新商品のお知らせが来ているので、実店舗を見に行くのが楽しみです♪

好きという想いだけで、記事を書いちゃいました(^.^;




SPONSORED LINK


  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ