ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




キッチンガーデン-土いらずの水耕栽培は部屋でできる簡単な野菜スプラウト

土いらずの水耕栽培は部屋でできるキッチンガーデンのススメ!

お庭でハーブやラディッシュ…トマトにナス…スイカやメロンも加わって、楽しみにしている孫。

毎日の料理に何を添えるか…と考えるのが楽しいキッチンガーデンです。

豆苗などは、一回使って水再度水に浸しておくだけで、再度伸びて使えますね。

大根や人参なども根の部分を水に親しておくことで、葉が使えます。

人参の葉はかわいくて柔らかい葉が出てくるので、サラダの飾りにもってこい!

大根もやわらかい葉が出ているので、犬の若葉のごはんにも生で添えています。

その沿線上で我家ではじめているのが、スプラウトの水耕栽培です。

はじめは孫がペットボトルで育てていました。

孫には根が伸びる状態も見せてあげたことと、ペットボトルで底の部分に凹凸があると水に浸りすぎてしまって、出来上がりにバラツキができてしまうので、これからスプラウトを育てることをずっと継続していくのであれば、効率のよい「スプラウト栽培専用容器」を購入することにしました。

きれいにできる♪できる!嬉!

スプラウト栽培専用容器を購入しても、容器代は償却できてしまいます♪笑

簡単にできる健康的なスプラウトは1週間で食べられる!

健康に良いよね~と記事にしましたが、こんなに簡単でできるのであれば、自宅での水耕栽培はほんとオススメです。

そして、見た目がとてもかわいいので、キッチンの出窓やベランダ側窓のインテリアにもなります。

食べたい時にお料理にサッと添えられる「キッチンガーデン」は手間いらずでいいですよ。

<画像:水耕栽培専門店のエコゲリラ >

 

ブロッコリースプラウトは3日に1回位食べるのが理想で、水耕栽培では1週間でできるため、日にちをずらして2個作るといいですね!

<画像:水耕栽培専門店のエコゲリラ >

種も近所のホームセンターで購入したのですが、薬に漬けていない種の方が安心なので、今は水耕栽培専門店のエコゲリラ で購入しています。

次々できるので、この1ヶ月スプラウトを購入しなくて済んでしまってます。

ブロッコリースーパースプラウトを作って健康を考える!

記事にしたスーパースプラウトは、私は空き瓶で作っています。

でも、水を替える時、種が落ちないように…と、ガーゼを当てたり工夫が必要ですが、容器はジャム瓶で十分かな…と思っています。

便利な容器もあるようです。

<画像:水耕栽培専門店のエコゲリラ >

サラダの添え物だけではなく、健康を考える方法として、瓶にいれるだけでできてしまい、栄養成分は下記の比較のように格段の差があります。

気温差がありますが発芽3~4日のスーパースプラウトが作れます。

孫達は朝、人参とりんご・レモン・はちみつのジュースにブロッコリースーパースプラウトを入れて飲んでいます。

大量に食べる必要がないですし、小さく砕いたほうがいいことから、ジュースでいただくのもいいですよ!

<画像:水耕栽培専門店のエコゲリラ >

我家のキッチンガーデンスプラウト

 

有機のタネを購入した後、本格的にスプラウトを育てています。

有機種子とは
・農薬・化学肥料を使用しない
・接種後の種に消毒しない
・遺伝子組換を行わない

 

この種一袋で、1回で育てる量によると思いますが、私は6~8回できています。

そう思うと、きっとこれからずーっと継続していくことになると思います。

容器があることで、水の浸り具合も心配しないですむので、99.9%成功すると思います。

孫がはじめペットボトルで作ったときは、底に凹凸があるものを使用してしまったので、凸の部分に水が行き渡らず失敗した部分があったのです。

タッパーなどにキッチン用品のスポンジを敷いてつくるのですが、目が詰まりすぎても失敗する可能性があります。

かいわれなどを購入する時に見られるように、根を安定できればそれでOKです。

セットして暗い場所に数回水を加え3日ぐらい置いておくと、カビ?…と思うような白いモワモワしたものもできていますが、これはカビではなくて、根ですので、心配しないでください。

私は収納庫の中に入れていますが、キッチンの空いている場所があればお水を継ぎ足すときに楽ですよね。

孫は仏壇に手を合わすように、「育ってくれますように…」と言って、扉を締めています。

育てるのは基本、6歳の孫の日課になっています。

3日経つと、弱い感じでクルクルしていたり、モワモワしたカビの感じでできていますが、日の当たる場所に移動した翌日には写真のように根は下に伸びて、みるみる育っていきます。

はじめは失敗したかもしれないと、不安そうな孫でしたが、それが根であることで、自然の面白さを感じられたようです。

生長がとても早いので、「頑張れー!」と孫は毎回興奮して観察しています。

有機の種であることで、子供にも安心して育て、食べられます。

 

キッチンガーデンは、大人も子供も楽しんで育てられて、安全なことを目の前で確認ができ、お料理にプラスすることで、とてもきれいなお料理ができます。

1日1回の水やりが面倒くさい…と思われる方には、負担かもしれませんが、健康を考える食事をしていきたいな…と思われる方にとって、こんなにリーズナブルな健康食材はないと思います。

夏には生のサラダが増える季節ですね。

ブロッコリーやラディッシュなどの3日の発芽をいただくスプラウトを、パッパッパ!って添えるだけの簡単な健康法を試してみてはいかがでしょうか。

何よりも自分で育てた野菜は、愛おしいですよ。

 


SPONSORED LINK


サブコンテンツ