ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。



WordPress簡単に常時SSL化(https化)!一括変換のプラグイン「Really Simple SSL」と混在の確認方法

一括変換のプラグイン「Really Simple SSL」は初心者の救世主!

私のように初心者だと、FTPからの編集が怖いと感じる方もいらっしゃると思います。

しかし、プラグインを導入することで他のプラグインとの関連で、画面が真っ白に!…なんてことにもなりかねません。

私の場合は「.htaccess」編集をしてSSL化をしましたが、一括変換プラグイン「Really Simple SSL」も導入してみました。

プラグイン同士のトラブルもなくWordPressを簡単に常時SSL化(https化)できました。

同じ環境でカスタマイズしているわけではないので、必ずバックアップをすることを忘れないでくださいね。

一括変換のプラグインを導入する前に、「サーバーにSSL証明書申し込み」をしてサーバーでSSLの設定は完了させておくことが条件です。

サーバーにSSL証明書申し込みがロリポップご利用の方は関連記事を合わせてお読みいただくとお役にたてると思います。

WordPressを簡単に常時SSL化(https化)設定ガイド!ロリポップはSSL化無料に!

環境は人によって様々でCSS内の“URL” や“アフィリエイトリンク”“Google系サービス”のアドセンスやサーチコンソールなど、外部リソースは手作業で修正する必要があります。

 

一括変換のプラグイン「Really Simple SSL」導入方法

WordPressのプラグインは管理画面から検索・インストールできます。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>Really Simple SSL検索>有効化

「SSLを有効化します」にクリックするとログアウトされます。

再度ログインしてください。

そして、ダッシュボードを確認すると、下の画像のように表示されます。

この作業で、下記の3つのことが完了しているはずですので、確認をしましょう。

 

一般設定の“URL”が「https」に変更されているか?

「Really Simple SSL」が正常に導入されたかを確認します。

 

 

!WordPressの「ダッシュボード」→「一般設定」

https//になっていますね。

 

 

!「.htaccess」 にリダイレクト処理が追記されているか?

サーバー>「.htaccess 」に301リダイレクトが追記されているか確認

 

!自ドメインは JavaScript で書き換えができているか?

内部リンクや画像はすべて「https://~」にしなければなりません。

ページのソースなどを確認すると、「http://~」から「https://~」の“s”がついてSSL化されているのがわかります。

 

一括変換できていても、他にやるべきことがあるかも?!

SSL証明書のないアフィリエイトやSNS(古いタイプ)ボタンなどは、プラグインでは対応できないので手動で修正することになります。

私の場合は、楽天・アマゾン・A8などの広告や、カエレバなどの変更と、はてなカード風のPzカードなどの再設定と編集が必要でした。

このように、アフェリエイトのバナーなどがない場合は、一括変換されて修了となります。

 

httpとhttpsの要素が混在する「Mixed Content」状態を確認する方法

混在されている「Mixed Content」は、すべての記事1つ1つを順番に修正し解決していくしかありません。

httpsの状態を検証するためにキーボードの上段 F12をキータッチすると画面の右側に下記のような画面になり、青いラインの部分を「Elements」が表示されていると思うので、「Security」をクリックするとで、完全にSSl化ができているかがわかります。

緑背景の「This page is secure (valid HTTPS).」というメッセージで、「このページは安全です(有効なHTTPS)」と表示され、四角緑が3つ揃っていたら安心です。


■ Valid Certificate「有効な証明書」
The connection to this site is using a valid, trusted server certificate

■ Secure Connection「安全な接続」
The connection to this site is encrypted and authenticated using a strong protocol (TLS 1.2), a strong key exchange (ECDHE_RSA with P-256), and a strong cipher (AES_128_GCM).

■ Secure Resources「安全なリソース」
All resources on this page are served securely.

 

 

この3つが揃うように修正していきます。

プラグインが多く入っていると、関連付けられているのかゴミのようなタグもあり、エラーになることもありました。

 

SLL化関連記事

SPONSORED LINK


サブコンテンツ