シンプルな北欧風「鍋敷き」使い勝手がよいクロスタイプがおすすめ

使い勝手のよい鍋敷きを探して…

鍋敷きには様々な素材が使われていますが、失敗したこともあります。

例えば、土鍋を乗せたら、ちょっと溶けちゃったゴムタイプ。

アルミの塗装が雑にできていたのか、熱いものを乗せたら、塗料が鍋についていた…。

金属は熱が伝わっているので、片付け時、まだ熱いことがあります。

イ草の鍋敷きも使い勝手はよかったのですが、一部が焦げ始めてイ草が切れてしまうことがありました。

デザインがかわいくても、このような問題があると、後で事故にも繋がってしまいます。

現在残っているものは、しっかりしているので使用していますが、大きくて重いので邪魔になっています。

最近購入して、使い勝手がよかったクロスタイプがよかったので、紹介します。

シンプルな北欧風「鍋敷き」


<画像出典:ラッピングストア(コッタ cotta)

鍋敷きは、熱い鍋などを火から下し、テーブルに乗せる時、テーブルを守るために使用します。

しかし、素材によっては破壊されたり、塗料や素材そのものが溶けるなど、状況によっては事故に繋がってしまうようなものもあります。

私は最終的に木目素材に落ち着きました。

そして、鋳鉄製ココットを購入を検討したときに、同時に販売されている「クロスタイプ」の鍋敷きに目が止まり、購入してみました。

使い勝手がよい上に、クロスして使用するので収納時の場所もとらず、鍋がぐらつくこともありませんでした。

見た目はただの木の棒みたいな感じです。

ココットの記事はこちらで紹介しています。

SPONSORED LINK



使い勝手がよいクロスタイプ

凹凸を組み合わせるとクロスになり、使わないときは革紐が付いているので吊して収納することも出来ます。

革製ですごくおしゃれで、かさばらないのが便利です。

写真で見た感じより、しっかりしています。

大きさも大と小があって、私はどちらも購入して使用しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クロス 鍋敷き 大
価格:765円(税込、送料別) (2019/3/14時点)

 

 

鍋敷きにココットを乗せると、こんな感じ~

シンプルな北欧風のデザインなので、和洋中華どのテーブルにもマッチします。

おしゃれな北欧風の鍋敷き…おすすめです。




SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ