二十四節気の夏【立夏-りっか】5/5~5/20頃:夏に向けて体を整えるまとめ


前ページ春の穀雨

二十四節気の夏「立夏-りっか」5/5~5/20頃

次第に夏が近づいてきて、新緑がまぶしく爽やかな風が吹いてとても気持ちがいいですし、立夏の初日は5月5日のこどもの日です。

ゴールデンウィークの時期から、暦の上では立秋の前日までが夏になります。

江戸時代から5月5日の端午の節句では、鯉のぼりを上げる風習があり、菖蒲湯に入って柏餅を食べています。

緑も濃くて心地よい陽気でとても過ごしやすい季節で梅雨入り前に、全国各地でお田植え神事が行われます。

田植えの神様は男性で、女性が主役の祭りが多いのが特徴です。

田んぼに水が入りカエルが鳴き始めます。

SPONSORED LINK



夏に向けて体を整えるまとめ

この季節はまだ夏になりきれていないので、体も肌にも気をつけなければなりません。

最も紫外線の強い季節なので、肌の弱い人は対策が必要です。

夏に体調を整えるのは、まず日の出とともに起きるのが理想で、成長ホルモンは就寝から2時間後で、夜中の3時前に分泌されるので、遅くても12時には寝るようにすることをおすすめします。

そして、心臓の働きが活発になることで動悸が起きやすく、体の栄養を高めて潤いが必要になり、動悸・不整脈がある場合は検査をしてください。

頭のふらつき・物忘れも多くなり、脳にも栄養が届くような栄養が必要です。

この季節は「赤い食べ物」がおすすめ!

不老長寿の実と呼ばれる「クコの実」は畑のルビーとも言われ、栄養価も高く、誰が食べても元気ができる食材なので、5月こそ食べてほしいです。

そして、暑く感じる日には、「トマト」

体を冷やす食材ですが、涼血作用・清熱作用があり、血をきれいにして夏にぴったりの食材です。

熱を加えた料理にすると寒性が減るので、冷え性や美肌に効果が期待できます。

赤い色素成分リコピンの抗酸化力は、βカロチンの2倍の効果があり、シミ・ダイエット・若返りなどに期待できます。

5月の過ごし方について関連記事として分散されていますので、合わせてお読みいただくとお役に立てると思います。

二十四節気の夏【小満-しょうまん】5/21~6/5頃

夏に向けて体を整えるまとめ
■ 5月に健康注意すべきことは何か?を知っておこう!
【皐月】ていねいに暮らす-5月病に気をつけて!薬膳の力
【皐月】ていねいに暮らす-5月の旬の食材には心を整える薬膳を!
【水無月】ていねいに暮らす-6月1日は「氷の朔日-こおりのついたち」と「衣替え」の日
【水無月】ていねいに暮らす-6月の旬の食材には胃を休め利用作用のある薬膳を!
【文月】ていねいに暮らす-7月の旬の食材は「熱中症」と「夏バテ」対策
【立夏】体と部屋も夏を迎える準備で心をリフレッシュ!梅雨の体調不良は薬膳で!
  二十四節気の夏【立夏-りっか】5/5~5/20頃:夏に向けて体を整えるまとめ
■  梅雨の薬膳!体調不良は薬膳の食材をプラスして乗り切りる!
二十四節気の夏【小満-しょうまん】5/21~6/5頃:心臓と血管に負担をかける季節
二十四節気の夏【芒種-ぼうしゅ】6/6~6/20頃:血行障害と体内の湿気に注意!
二十四節気の夏【夏至-げし】6/21~7/6頃:血液の栄養と血管壁を丈夫にする!
二十四節気の夏【小暑-しょうしょ】7/7~22頃:水毒のむくみ対策食材と筋力低下の運動



SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ