【如月】ていねいに暮らす-「建国記念の日」原点を酌み取る日

【如月】ていねいに暮らす-「建国記念の日」原点を酌み取る日

昭和41年に復活した日本国民の願い「建国記念の日」

2月11日は「建国記念の日」です。

「建国記念の日」は、「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966(昭和41)年に定められました。

「古事記」では初代の天皇である神武天皇が即位された日とされています。

初代の天皇である神武天皇から今上天皇まで125代受け継がれているのは、神話の時代から現代まで続くという世界でも類を見ない長さで、建国記念日は戦前まで「紀元節」と言われていて国のお誕生日でした。

しかし、第二次世界大戦後の1948(昭和23)年、GHQの強力な圧力で紀元節の天皇の存在を懸念することにより「紀元節」は廃止されることになります。

「紀元節を認める=天皇中心の国民の想いは日本人の団結力が高まるのではないか?」というGHQの考えです。

SPONSORED LINK






SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ