ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。



2018年トレンドカラー&インターカラー!新しい展望を象徴ウルトラバイオレット&ビジョナリーミント

2018年トレンドカラーは「Ultra Violet-ウルトラバイオレット」

 

世界のカラートレンド情報の発祥は、色見本帳を作っている「アメリカ・パントン社」

ファッション業界を始め、世界で使用される色の共通言語である色見本帳を作っている会社です。

2018年パントンの発表は「挑発的で思慮深さを思わせる紫の色調」とし、複雑な世界に生きる現代人に寄り添う色・解決と課題をもたらすテクノロジーを象徴する色というイメージで決定されました。

 

日本の伝統色の紫「Ultra Violet-ウルトラバイオレット」からのイメージ

バイオレット-紫は、日本が古来から愛されている伝統色でもあります。

冠位十二階では位色という位を表す色が定められ、身分制度では自分の身分の色の冠を着用していました。

そして、紫は最上位に君臨しているのです。

そんなことから、日本人は紫に関して“高級”というイメージを持っていますし、上手に紫を使うことができる習慣もあります。

その“高貴な色”と感じている「Ultra Violet-ウルトラバイオレット」が2018年のトレンドカラーになりました。

凛としているカラーからは、不安定さを感じる魅力があります。

トレンドカラーは2年前に設定されているので、紫が好きな日本の市場では、すでに2017年からパープルやラベンダー系のカラーの流行がはじまっていて、商品化されています。

SPONSORED LINK



 

2018年のインターカラーは「Visionary Mint-ビジョナリーミント」

 

インターカラー「国際流行色委員会」によると2018年は「Visionary Mint-ビジョナリーミント」

流行する色はその時々の時代や社会を表し、人々の意識と関連が深いことが分かるのです。

インターカラーは、特定の分野にだけ向けたものではなく、2018年の世界のムードを象徴するさまざまなキーワードを包含した、「テーマカラー」になるものです。

昨年は情熱の赤でした。

今年は、爽やかな感じです♪

 

 

2018年インターカラー・Visionary Mint-ビジョナリーミントのメッセージ

 

今年は、3つのキーワードから、表現されました。

Visionary Mint-ビジョナリーミントの“Visionary ビジョナリー”とは「将来を見通した、想像力のある」という意味があります。

2018年のカラーから読める方向性は、混迷を極める時代に風穴を開け、明るく爽やかに前進するという気持ちが込められ、美しい地球とテーマに問いかけもされているように感じました。

 

【将来を見通した、想像力のある、独創的】
ミレニアル世代※の若い人たちを中心に、新しい価値観に基づいて、IT技術を駆使し、豊富な知識をシェア(共有)することによって20世紀型の産業構造を変えようという動きがおこっています。彼らの独創的な考えと、世界中とつながる行動力によって、新しい展望が開かれるかもしれません。この新しい展望を象徴する色として、未来を感じさせる明るい光のようなビジョナリーミントを選定しました。

【爽やか、軽さ、透明感】
重要なことが秘密裏に決定された時代は終わり、これからは開かれた場所で、皆で考え、皆で進むべき道を決定する時代になっていくでしょう。異なる業界、年齢、性別、民族の違いを超えてフラットにつながり、社会の課題を解決していく時代です。このような時代は、深い洞察力と、軽やかな行動力、風通しのよさが求められます。透明感があり、爽やかなミントを思わせるビジョナリーミントは、未来に向かって軽やかに進む人々の気持ちを表す色です。

【きれいな空気と水】
地球はあと100年しかもたないとする、著名な物理学者がいます。気候変動はますます激しくなり、地球上の至る所で大きな自然災害が多発し、大気汚染が進み、人類が住める場所ではなくなる、加えて、核が拡散することによって、小さなミスが地球滅亡を引き起こす可能性があるといいます。不吉な予測を現実にしないために、私たちにできることはまだまだあるはずです。ビジョナリーミントは、私たちにとって欠かすことのできない、きれいな空気と水を象徴しています。

<参考:一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)HP>

 

 

アソートカラーを参考にファッションを楽しむ

組み合わせるカラーである「アソートカラー」によって、新しさが引き出せるようになっています。

もうすでに雑貨などでも商品化されているものもあり、さまざまな産業界が新鮮に見えるカラーの提案をしています。

紫は高貴に見えたり、不安定な魅力に感じたりと、難しいと思われるかもしれませんが、紫陽花をイメージさせるような紫からピンク系やブルーミント系を纏えば、気品漂うコーディネートが完成すると思います。

その中に淡くて明るい色を加えることで、フェミニンな可愛らしさも表現できます。

今年のトレンドカラーは、日本人が得意とする色。

ファッションや空間に飾る雑貨や花…と、ちょっと伝統色である紫「Ultra Violet」を楽しんでくださいね。


2018年トレンドカラーのコーディネート!自分の似合う色を「パーソナルカラーYES/NO診断」で知っておこう!




SPONSORED LINK


  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ