ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。



サイエンスインテリア「泡時計」「砂時計」で“静なる時”を楽しんで時を感じる

不思議な化学変化や現象を起こすインテリアは、生活に“科学の不思議な感覚”の遊び心を思い出させてくれます。

私は、不思議な化学変化や現象を起こすサイエンスインテリアが大好きです。

以前紹介した、ガリレオ温度計やストームグラスは、歴史をたどっていくと、海軍などの「時の気象」を知る道具として作られたものです。

● ガリレオ温度計はセンスいいインテリア!比重測定原理はガリレオ・ガリレイ発明
ストームグラスは美しい天気予測のセンスいいオブジェ!

「時」について、より正確な時を刻む「砂時計」

しかし「泡時計」は時を刻む時間を計る道具としては、とても曖昧なのです。

時を計る道具としては条件を満たせない「泡時計」ですが、泡時計を見ているとボコ…ボコボコと泡の中を空気が上にあがる様子…小さな泡や大きな泡がゆっくりと変化していく…“そこを、楽しみたい”…私はそう思うのです。

 

泡時計や砂時計から「静なる時の余白」について考え直してみる

 

時間とは、出来事や変化を認識するための基礎的な概念とされています。

仕事では「時間」に関しては、出来事や意識の継起する流れとして認識され、最も守らなければならない事として、多くの人が重要視していることだと思います。

時間は、「計り計られる」ものとして生活していますが、ゆったりと「楽しむ心の余白」として楽しむことを、現代人はどこかに置いてきてしまっているような気がします。

「炎」を見ていると、心が穏やかになるという研究が発表されましたが、自然の流れを感じるゆったりしたものを見つめていることで、心が穏やかになることは、何となく感じることだと思います。

クラゲがホワァ~ン・ホワァ~ンと水槽の中で泳いでいるのを見ていると、神秘な世界があり何となく癒されるということから、静かにゆったりと時を過ごしてほしい飲食店などでも、見られるようになりました。

砂時計や泡時計は、そのような癒やし効果があるインテリアだと、私は思っています。

孫達はその不思議な現象を知りたいので、砂時計や泡時計の原理に対して「どうして?」という科学的な角度から質問してきますが、私にとっては“静”を感じる“時間の流れ”というオブジェになっています。

仕事などでは、1分…1秒が勝負みたいな戦闘モードで時を過ごしていますが、「泡時計や砂時計の前では、静かで優しい…そして、余暇の時間が存在していることを、自分で感じることができます。

そんな“静かで心の余白が静かに浸透していく”ような、そんな時間を過ごしてみませんか?

 

泡時計・砂時計の心理的効果と腕時計の時を刻むアイテムの違い

 

腕時計は自分がいち早く時間を確認できるアイテムです。

置き時計の位置を確認することなく、腕と一体となっている“腕時計”は、社会人としての私のアイテム。

オン・オフの切り替えの腕時計を選ぶことが、その日のはじまりです。

 

泡時計や砂時計は、完全にオフタイム!自宅で寛いでいる時に、気が向いたら上下を逆にして泡水や砂を動かしてみる…。

ソファーにゆったりと座って、週末のウィスキーをいただく時のお供になることもあります。

 

ガラスの中の泡水や砂は、自然の重力のごとく上から下へ流れていきます。

砂時計は、規則的な速度で一定量を下へと砂が落ちていく、気持ち良い法則の上で成り立っている時計です。

透明な中空の管に入れた砂の落下で経過時間を計り、一定の時間を計測するタイマーとしてのみ機能し、11世紀では航海用の時計として使われていたとされています。

心療セラピーを行う時、置き時計を目の前にする30分と、砂時計の30分では居心地がちがうとされています。

プレイセラピーにおける砂の治療効果は、箱庭療法における砂の治療効果と、ある程度重なる部分があるのでしょうね。

 

砂は法則のごとく、サラサラ~って一定量の砂を落とす、重力利用した科学グッズ。

それに対して、泡水の場合は、水が下から上に流れたているように見え、大小様々な気泡が少しずつ上のガラスへと上っていく

下の空気が気泡となり上にあがっている様子と、泡水が上から下へ流れていく様子が、何とも不思議に見えます。

泡の大きさによって水の流れは変化するので、泡時計は正確な時間を確認することはできません。

泡の刻む時間は、時間を計るのではなく「楽しむ」モノとして十分役割を果たしてくれるのです。

SPONSORED LINK



砂時計:サラサラ流れ落ちる砂の魅力


詳細:【Sand Timer】砂時計3分&4分&5分計(333-103)【20P03Dec16】【HLS_DU ギフト】【砂時計 3分計 4分計 5分計 おしゃれ インテリア 卓上 ガラス Fun Science ファン・サイエンス】

砂時計は時間を正確に「計る」ための道具です。

かわいいタイプのものから、美しいフォルムのものまで、多くのデザインがあります。

砂時計は手づくりの為に秒単位の時間の誤差が生じる場合がありますが、時を正確に計ることが必要な場合は、ストップウォッチをつかってくださいね。

私が10年前に購入した砂時計はシルバーのフォルムが気に入ってオブジェにしていますが、最近モノクロのデザインにパープルの砂を使用した、このデザインが気になって仕方がありません。

お部屋にあったデザインの砂時計で、時の流れを砂の流れとともに感じてみませんか?

泡時計:曖昧な時の過ぎ方が居心地よく感じる

詳細:泡時計 クリア【20P03Dec16】【HLS_DU ギフト】【砂時計 泡 バブル おしゃれ インテリア 卓上 ガラス Fun Science ファン・サイエンス】

シャボン水と繊細なガラスが作り出す、大小様々な気泡が少しずつ上のガラスへと上っていく、見てて飽きないサイエンスインテリアです。

より正確な時間を刻む砂時計から、その中身をシャボン水に代えたことで、「計る」ための道具は、時の流れそのものを「楽しむ」ためのものになりました。

慌ただしい毎日の生活の中で、泡時計はガラスの中に溜まっていく泡を眺めているうちに、流れる時間を居心地のいい“私のための時間”として見つめ直してみたくなるのです。

大きな泡…小さな泡…と作り出す泡によって、刻む時が違うことを感じられます。

 

もう30代の息子ですが、子供の頃からサイエンスインテリアが好きで、よく見つめていました。

大学院にて物理の研究が楽しくて仕方がなかったようです。

このようなサイエンスインテリアは、“不思議”という科学の力に魅せられた人にはたまらないアイテムですし、お部屋のオブジェに最適なモノ。

子供から大人まで、“時を刻む”ことを、ちょっとだけ見直してみませんか?

理系の男女に喜ばれる、プレゼントとしてもサイエンスインテリアはおすすめです。

ガリレオ温度計やストームグラスで気象を知る不思議な世界もありますよ♪


SPONSORED LINK


サブコンテンツ