ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。



野菜を麺状にしてヘルシー料理!ベジヌードルカッターで大根ペペロンチーノ!簡単レシピ3選

 

野菜を麺状にすることで野菜ヌードル(ベジヌードル)に!ヘルシーなメニューが増える!

1年ほど前に購入した「ベジヌードルカッター」ですが、購入時の記事は商品紹介だけだったので、記事を書き直ししました(^.^;

ダイエット中パスタが大好きな方は、心の葛藤を強いられますね!

「糖質制限ダイエット」「炭水化物制限ダイエット」の情報であれこれ試してみたけれど、美味しいパスタはお昼のランチでやめられない!という方も、パスタそのものを野菜にできたなら…どれだけカロリーを抑えられるのでしょう!

野菜をパスタ状にスライスできちゃう調理器具が、スゴイ!

くるくるするだけで、野菜がパスタに変身!

野菜嫌いの子供も、自分で作った「ベジパスタ」は喜んで食べてくれるとのこと間違いなし!

調理器具を用意することで、ダイエットやパーティー用のステキな演出ができる時代なのですね。

<TOMOIKU:削除した過去記事の抜粋>

 

野菜を麵状に細長くカットしたものを「ベジヌードル(ベジタブル+ヌードル)」と言います。

パスタのように野菜を食べられるのは、ヘルシーな食事を心がけていたり、糖質制限をしている方にはとても魅力的なメニューです。

生のままサラダにすることで、テーブルの演出ができますし、電子レンジでチンするか、茹でたりすることで麺になるのでソースをかけてパスタにしたり、スープの具材にもなります。

カロリーが高い麺類を野菜に代替することで、どれだけのカロリーが減るのでしょう。

食感をパスタと同じように求めるのは、ベジヌードル独特の食感と味になるので無理はありますが、私は大好きですし孫達も喜んで食べてくれます。

家族が多い上に、コンパクトタイプを購入したので、家族全員一食分のベジヌードルを作ったことはありませんが、添えるヘルシーメニューとしてよく使っています。

SPONSORED LINK



 

ベジヌードルカッターを使うメニューはアイディア次第でローカロリー!

ベジヌードルを作るのに向いている野菜は、人参や大根、ズッキーニなどですが、じゃがいもも茹で過ぎなければ十分麺状になり、夏のひやむぎなどにキューリのベジヌードルを飾りで少々入れたら、喜んでもらえました。

最小の細さできれいにできるのはキュウリで、それ以上細い野菜には不向きだと思います。

私はごぼうにも挑戦したのですが、できませんでした。

初めて使う方や小さなお子さんは、ズッキーニなど適度に柔らかいのでカットしやすく気軽に使えると思います。

大根や人参でも、力がいる作業ではないので、直ぐに使えます。

 

ベジヌードルカッターは、滑りにくいようグリップが付いているので、安全面も考慮していますが…私は使ったことがないほど野菜をくるくるしているだけでできてしまいます。

サイズが小さく、カッターも表面に近いところにあるため、詰まりにくく洗うのも簡単です!

あまり細い野菜には向きませんが、キュウリなどのカットはきれいにできます。

 

私が購入したのはニューヨークが本社のキッチンウェア大手「OXO(オクソー)」の「ベジヌードルカッター」です。

様々な形状の「ベジヌードルカッター」がありますが、置き場に困らないくらいコンパクトで、手入れが簡単であることを主に考えましたが、ベジヌードルを家族全員に作るには小さすぎました、

ベジヌードルも添え物のひとつと考えて料理していますが、2人家族位でしたら十分ですし、ベジヌードルだけではなく、他のカットもできる商品もあります。

ベジヌードルカッターで作った野菜ヌードルを、サラダやパスタの代わりに使ってローカロリーメニューを紹介します。

他のメーカーや大量につくれるものなど、目的は同じですが、形状が違うものなどいろいろなアイテムがあります♪

 

ベジヌードルレシピ:大根ペペロンチーノは家族で一番人気!

ベジヌードルの一番人気は、大根のペペロンチーノ!

箸が止まりません。

実は…ベジヌードルカッターを購入する前は、スライサーで作っていました。

細切りにすればできてしまうので、ベジヌードルカッターがない方も試してみてください。

材料

  • 大根…約500g(20cmぐらい)
  • ベーコン…4枚
  • にんにく… 一片
  • 食用油(オリーブオイルなど)…大さじ半分
  • 醤油…小さじ1
  • 塩コショウ…適量
  • 鷹の爪…お好み
  • パセリ…お好み

作り方

  1. 大根を洗って皮をむきます。
  2. パスタぐらいの千切りにします。
  3. ベーコンとにんにくを好みの大きさに切ります。(にんにくはみじん切りにすると、濃い味になります)
  4. フライパンに油を入れてニンニクに火にかけ、にんにく油のいい香りがしたら、ベーコンを炒めます。(お好みで鷹の爪)
  5. 大根を入れて炒めてから塩コショウをふりかけ、最後に醤油を少したらして全体に絡めたら出来上がりです。
  6. 仕上げにパセリをふりかけると、彩りがいいです。

 

ベジヌードルレシピ:ポテトフライレシピ

ただ単にくるくるカットして油であげるだけ!

写真は、いろいろな形にしてみては?…と思い、広げて撮影しました。

いろいろな形ができるので、孫たちのおやつにも揚げています。

リボン形やクルクル螺旋状になっているもの、まとめてひとつの大きな塊にしたもの…と、遊びながら作っています。

ハーブソルトが大好きで、パッパとふりかけるだけ!

秋にはさつまいもでも作ってみましたが、甘くてとてもおいしかったです。

そして、揚げたては少し柔らかいので、直ぐに小ぶりの茶碗にかぶせて成形して冷めるまで置いておくと、カップのようなポテトフライができるので、アイディア次第でとてもおしゃれなテーブルになります。

 

ベジヌードルのサラダの彩りがステキ!

 

大根やいろいろな色の人参でくるくる切って、サラダに盛り付けます。

 

 

じゃがいもを電子レンジでチンして冷まして、ゆで卵と生のキュウリをクルクルカットしておいて混ぜます。

オリーブオイルを少々垂らして、塩コショウをして素朴なポテトサラダができます。

 

形状が違うだけで、ちょっと手を加えたように感じられますし、麺としてイメージして作る料理はローカロリーなんて、すごく嬉しいです。

ひとつの道具で、すごくレパートリーが増えました(*^^*)

道具がなくても、野菜を麺のようにカットするメニューのレパートリーを増やすことで、ダイエットや健康に繋がることなので、ぜひ挑戦してみてくださいね。




SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ