ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




糖質スローオンに注目!糖質制限ダイエットのデメリット認識も大切!

カロリー制限ナシのダイエット

糖質を全く摂らない方法は危険!摂取しすぎている量を減らす感覚でダイエットしましょう!

前のページ

日本人の栄養失調には問題が隠されている!

痩せたければ糖質カット!というダイエットは短期的に効果が見られるようですが、継続していくことでのデメリットが明確化されていませんが、単純に体に必要な糖質量はあります。

糖質制限ダイエット記事と同時に読んでいただきたいのは、糖質制限ダイエットのデメリットも理解していただきたいからです。
ダイエットを急ぐあまり、完全に糖質をカットするようにしてしまうのはとても危険です。

シリーズで綴ってきましたが、必ず「余分な糖質を摂らないようにする」ことをおすすめしてきました。

日本人の食生活が「栄養失調状態」というニュースを聞いた時、こんなに多くの食品に溢れているのに…と思う方が多いと思いますが、その内容は「栄養バランスの悪さ」が原因の栄養失調なのです。

糖質を摂り過ぎている方がとても多いということなのです。

その糖質過多をちょっと制限することで、健康的な体になり結果ダイエットになるということを、知っていただけたらと思います。

糖質を全く摂らないのは理にかなっていない

3大エネルギーの中で一番速やかにエレルギーになるのは糖質です。

糖質は太るというイメージがありますが、それは過剰に摂り過ぎた場合の話なのです。

脂肪を燃やすための火付け役になるのは糖質なので、重要な役割があります。

摂り過ぎると脂肪に変わるから悪!
でも、体脂肪を燃やすためには糖質は必須!

よって、過剰な糖質は不要で、ある一定の糖質は必要なのです。

脳のエネルギー源になるのも糖質の役割で、体温を保り新陳代謝を促すにも糖質エネルギーが必要です。
では、どうしたらいいのでしょう?

糖質スローオンという取り方

糖質の量ではなく質に着目し、糖質を我慢してオフしてしまうのではなく、「スローカロリー」によって、ゆっくり吸収させることで体にやさしく摂取していこうという考え方です。

 

糖質の吸収が遅いと、どのように体にやさしいのだろうか。

吸収の早い糖は、血糖値の急上昇を招いてしまい体に負担がかかってしまう。

一方、スローカロリーはゆっくりと消化吸収されるため、血糖値の大きな変化が起こりにくく、体への負担が少ない。

それに加えて、「糖質スローオン」にすることで内臓脂肪もつきにくくなり、血圧改善や肝機能改善、満腹感の持続、運動による脂肪燃焼維持など、「糖質オフ」よりももっと積極的な健康機能が期待できるとされている。

<マイナビニュース 参考>

私達の普段の食生活では、糖質の少ない食品だけを摂ることは難しいですし、無理して0に近づけなくても、食べられる食品の範囲で、糖質が少ない食品を見つける方法が一番いいのではないでしょうか。

糖質の低い食品を集めてみました。

タンパク質が多く含まれている食材には、糖質がほとんど無いものが多く、特に肉や魚はほとんどが糖質ゼロに近くなっていますし、大豆製品の納豆や豆腐もタンパク質・卵やチーズが栄養が豊富で糖質も少ない食材なので摂取するようにしましょう。

おすすめ食材の成分一覧表
食材 タンパク質 糖質量 カロリー
鶏むね(1枚) 33.5g 0g 162Kcal
ささみ(1本) 9.2g 0g 42Kcal
鶏ひき肉(100g) 21g 0g 163Kcal
豚もも(100g) 20.5g 0.2g 183kcal
豚ヒレ(100g) 22.8g 0.1g 115kcal
豚ロース赤身(100g) 22.7g 0g 150kcal
豚ひき肉(100g) 18.6g 0g 222Kcal
牛もも(100g) 21.2g 0.6g 222Kcal
牛ヒレ(100g) 20.5g 0.3g 133kcal
牛かたロース(100g) 17.9g 0.1g 240kcal
サバ(1切れ) 16.6g 0.2g 162kcal
鮭(1切れ) 18g 0.1g 110kcal
アジ(1尾) 14.5g 0.1g 85kcal
ライトツナ水煮(1缶) 12.8g 0.2g 57kcal
卵(1個) 6.2g 0.1g 76kcal
プロセスチーズ(1枚) 4.5g 0.3g 68kcal
カマンベールチーズ(1P) 3.8g 0.2g 62kcal
パルメザンチーズ(大さじ1) 2.6g 0.1g 29kcal
油揚げ(1枚) 5.6g 0.5g 116kcal
厚揚げ(1枚) 16g 0.4g 225kcal
木綿豆腐(1/2丁) 6.6g 1.2g 72kcal
高野豆腐(1枚) 9.9g 0.7g 106kcal
おから(50g) 3.1g 1.2g 56kcal
納豆(1パック) 8.3g 2.6g 100kcal

ヘルシーな海藻類、きのこ類

食材 タンパク質 糖質量 カロリー
舞茸(1パック) 3.3g 0g 14kcal
エリンギ(大1本) 1.8g 1.7g 12kcal
しいたけ(1個) 0.3g 0.1g 2kcal
えのき(1袋) 2.3g 3.2g 19kcal
ブナシメジ(1パック) 2.4g 1.2g 16kcal
もずく(1パック) 0.1g 0g 2kcal
めかぶ(1パック) 0.5g 0g 6kcal
ところてん(1パック) 0.1g 0g 1kcal
焼き海苔(1枚) 0.8g 0.2g 4kcal
乾燥ひじき(大さじ1) 0.4g 0.5g 6kcal
カットわかめ(大さじ1) 0.7g 0.3g 6kcal
こんにゃく(1枚) 0.2g 0.6g 14kcal
しらたき(1袋) 0.4g 0.2g 12kcal

野菜類

食材 タンパク質 糖質量 カロリー
アスパラ(1本) 0.5g 0.4g 4kcal
アボカド(1個) 4.0g 1.4g 299kcal
いんげん(1本) 0.1g 0.2g 1kcal
大葉(1枚) 0g 0g 0kcal
オクラ(1本) 0.2g 0.2g 3kcal
きゅうり(1本) 1.0g 1.9g 14kcal
小松菜(1株) 0.7g 0.2g 6kcal
サラダ菜(1株) 1.5g 0.4g 13kcal
ズッキーニ(1本) 1.8g 2.1g 20kcal
セロリ(1本) 0.7g 1.1g 10kcal
チンゲンサイ(1株) 0.5g 0.7g 8kcal
豆苗(1袋) 4.8g 1.2g 31kcal
なす(1本) 0.9g 2.3g 18kcal
ピーマン(1個) 0.3g 0.8g 7kcal
ブロッコリー(1房) 0.9g 0.1g 7kcal
ほうれん草(1束) 5.9g 0.8g 54kcal
水菜(1株) 3.7g 3.1g 39kcal
もやし(1袋) 4.1g 3.2g 34kcal
大豆もやし(1袋) 7.1g 0g 71kcal
レタス(1/2玉) 1.5g 4.2g 30kcal

危険を伴う、完全糖質オフのダイエット法ではなく「糖質スローオン」の方法で、健康的なダイエットに挑戦しましょう!

TOMOIKUサイトでの決まり事

肝機能障害や低血糖などの特病のある方、糖尿病で薬の内服・インスリン注射をしている方は主治医と相談してください。

やり過ぎは注意!

糖質制限はダイエットとして効果的ですが、炭水化物を極端に減らすと、カロリー不足になり、糖尿病や糖尿病予備軍の場合は、低血糖症になる可能性があります。糖質を極端に制限すると、肝臓は体中から脂肪を収集し、機能障害を防ごうとするため、脂肪肝になる可能性もあるのです。

完全に糖質をカットするのではなく、余分に摂っている糖質をカットするイメージで健康になりましょう。







サブコンテンツ