ZUTTO



ミニマルライフスタイルと北欧デザインの「センスのいい生活」シンプルの表現

センスのいい生活北欧

センスある物事の、極限の表現でもある「ミニマルスタイルライフ」

必要なものだけを表現することはより豊かなことで、完璧とはこれ以上削れない状態の事である。

シンプルである事がどれだけ重要でセンスがあるかということを端的に表現しているのですが、デザインにおける最大のゴールとされています。

女性は男性よりもデザインを削っていく作業は苦手な分野で、動物的本能から難しいのようで、一流とされているデザイナーは男性の方が多いのはこのような要因があるのかもしれないと思っています。

女性は生活の中の便利さも求めるため、あるものに対して効果をプラスしていく作業を得意としていて、ミニマルなデザインを起こすのが苦手だとされています。

しかし、昨今シンプルな北欧デザインを好まれる傾向にあって、物があふれる便利な世の中の中から「シンプルな生き方」を模索しているように感じるのです。

ミニマルデザインとは?

デザイン業界ではシンプルなデザインスタイルを「ミニマルデザイン」と呼び、建築やアー・ビジュアルデザインなどで、本当に重要で伝えたいことだけを表現できるような設計になっています。

イメージしやすい日本文化や日本での商品として、日本古来からの「禅」や景色の表現による「日本庭園」という「静」という価値観にはミニマリズムの本質が凝縮されているのです。

北欧デザインとミニマルデザイン

北欧デザインが起こされる経過に、日本環境との共通性があります。

日照時間が短く、厳しい自然環境下で生活をしている彼らは、「デザインとは基本シンプルな形に美しさと機能性技術を磨く」という精神論があり、その中から生まれるデザインは、日本文化と共通するので、北欧のデザインを受け入れる日本人として、気質が合致しているのだと思っています。

その北欧デザインの「クラフト的な温かさをもつ自然美とシンプルであること」際立った独特なデザインは、数年前から一時的に流行されたもので収まらず、日本文化を好む日本人の一定の方からは、長く愛されるものとなっていくと思います。

日本で定着しているグッズでミニマルスタイルライフの商品は「無印良品」が代表格となるでしょう。
そして、カラーの選択で楽しめる「イケア」。

100円グッズでも、北欧デザイングッズが増えているように、流行で終わらない一定ファンがいるミニマル商品は根付いていき、シンプルな生活が「センスのいい生活」とされていくことでしょう。







サブコンテンツ