豆 - の検索結果

  1. 大豆もやしは大豆より優秀?!栄養UPレシピ「もやしレモン・ごま油・塩麹」

    大豆料理が苦手という方にとって、「大豆もやし」は食べやすいので、おすすめしたい食材のひとつです。カイワレ大根やブロッコリースプラウトのように、種から発芽される状態のものは、独特なパワーを持っています。

  2. 家庭料理が低カロリーに!「豆乳オリーブオイル」の作り方とアレンジ

    欧米化した現代の食生活は、動物性脂肪を取り過ぎてしまいがちです。このような食生活を続けていると、生活習慣病の原因にもなる可能性があるため、調味料を変えたり工夫することだけでも、健康対策になります。

  3. カルディオリジナル「豆乳サンドビスケット」クリスマスバージョンが美味しい!

    カルディで口コミも高評価で大人気「豆乳サンドビスケット」カルディの定番化されている「豆乳サンドビスケット」はやさしい甘さのサクサク感と、まろやかな豆乳クリームがサンドされていて大人気です。

  4. 精進料理レシピ“白和え”とは…体にやさしい豆腐料理を食べる習慣

    “白和え”とは?「白和えとは、豆腐・白ごま・白味噌をすりまぜて味をつけ、こんにゃく・野菜などをあえた料理のこと<goo辞書>料理をグッと和食の食卓に感じる一品にかかせないのは「白和えしらあえ」です。

  5. 「ぼた餅」と「おはぎ」の違いとレシピ!小豆は解毒と魔除けに使われていた

    解毒と魔除けに使う小豆「ぼた餅」と「おはぎ」の違いは?お彼岸の食べ物として、小豆を材料とした「おはぎ」と「ぼた餅」が代表的な和菓子ですね。「ぼた餅」と「おはぎ」は呼び方が違うだけで、同じものです。呼び名が違うのは、季節が大きくかかわっています。

  6. 小豆粥と緑豆粥でデトックスとダイエット効果!スローフード薬膳レシピ-小正月

    小豆粥を食べる小正月1月15日は「小正月」です。小正月は「女正月」とも言われ、年末年始の女性の多忙をねぎらう行事が多く、豊作や女性・子供に関わる家庭的な行事が多いようです。年神様を迎えるお供えした“しめ縄や門松”などを焼き払う「どんど焼き」が行われ無病息災を願います。

  7. 「豆おにぎり」冷ご飯ダイエット効果!夏休みに大活躍!作り置きレシピ7選

    朝食・昼食としっかりと栄養を考えたお料理は大変!夏休みになって、子供の夏休みのご飯作りが大変!仕事をしている方は、子供の昼食の用意と時間調整に困る方もいると思います。正直、私、苦労しました。

  8. 緑豆の栄養と効能!体の熱を下げる夏に最適の食材レシピ10選

    緑豆の効能は夏最適の食材!夏の火照った体の熱を下げる効果!緑豆を食べたこと、ありますか?緑豆(りょくとう)は漢方としても使用されていて、青小豆(あおあずき)八重生(やえなり)文豆(ぶんどう)英名から「ムング豆」とも呼ばれています。

  9. カルディのフェアトレードコーヒー豆は決まって3点!エシカル消費

    フェアトレードコーヒーに心が動く私がカルディ商品を応援している理由は、もちろん美味しいと思って購入しているのですが、これから発展してほしい会社で、安定した経営をしてほしいと望んでいるからです。

  10. 高野豆腐は「畑の肉」昔からの保存食の栄養と効能!日本風土が作った乾物は療養食!

    高野豆腐は「畑の肉」である古来からの保存食であり療養食!節分の時に「恵方巻き」を食べるために、我家では手巻き寿司にするのですが、高野豆腐やかんぴょうを久しぶりに煮ました。

  11. 「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐の栄養の比較

    お豆腐屋さんのできたてホヤホヤの厚揚げを食べたことありますか?もう…ホントおいしいです!今日は、そんな厚揚げがすごく体にいい!…というお話です。

  12. 【大豆ミート】ノンコレステロール「畑のお肉」は健康食!災害時にお肉の代替にもなる!

    大豆から生まれた「畑のお肉」上記の写真でお肉に見えているのは、畑のお肉と言われている「大豆」です。大豆から生まれたノンコレステロールのお肉風に加工された植物性たん白質食品です。お肉のかわりに使える食材として、お好みの味付けでいろいろなお料理に使えちゃう優れモノです。

  13. 小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小豆粥で体をリセット

    小豆(あずき)は漢方では「解毒のお薬」10日1食で体をリセット!1月11日は鏡開きで、正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅を下げて食べる、日本の年中行事です。神仏に感謝し、無病息災などを祈って、小豆で作ったぜんざいやおしるこや雑煮などにして食べます。

  14. 【大豆・黒豆・枝豆】おうちの薬膳-違いは?「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入れよう!

    大豆-ダイズは加工された食品も含め、健康に良いとされる代表的な食材大豆は動物性たんぱく質に代わって、植物性たんぱく質の代表が、アミノ酸の組み合わせが動物たんぱく質によく似ていることから「畑の肉」と呼ばれています。薬膳として特別に扱う食材ではないほど、ポピュラーな食品ですね。

  15. 【睦月】ていねいに暮らす-1月の行事「十日戎」「鏡開き」「小正月」の小豆粥とどんど焼き

    1月は「感謝して無病息災をお願いをする」行事が多いお正月に神様やご先祖様がいらしてくださることから、自分や家族、愛する人が無事に1年を過ごしたことに感謝をし、これからの1年間の無病息災を願う行事が多いことが、調べているとわかります。

  16. 納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効果的な食べ方はコレ!

    納豆は「体にいい!」と誰もが知っている、健康になる代表のような食材ですね。日本の食卓の定番アイテムの一つで、旅館の朝ごはんのように、朝食べる方も多いと思いますが、実は「夜」食べることでパワーアップするのです。

  17. 犬の手づくり食の食品別栄養!効能効果を期待する豆・海藻類やオイルの効能は?

    主なる食材と同じくらい大切な食材料理には欠かせない味の問題など、豆類の味噌の塩分や乳製品のチーズやヨーグルトなどでじゅうぶんに味は犬好みになります。栄養も考えて上手に取り入れてくださいね。まめ類は利尿作用でむくみを改善。

  18. 枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエット貧血予防!夏ビールもOK!

    枝豆の豆知識ビールのおつまみといえば、枝豆!どのお店のメニューにもあるのが枝豆で、ビールと相性抜群なのは味だけでなく、健康面でも素晴らしい効果があるのです。

  19. タバコ同様「健康に悪い生活習慣6つ」対策は!ダイエットにも大豆ミートがおすすめ

    自分の健康度は何を基準に判断していますか?「健康」について、何を意識していますか?「タバコは吸わないし…病気もそんなにしないから健康だわ」と思っているあなた…安易に判断していたら危険ですよ!子供の頃から当たり前と思われて毎日なにげなく続けている生活習慣が、タバコと同じくらい若...

  20. クリーンイーティングとは!ヴィーガン・マクロビオティック・ベジタリアンの違い

    “食”問題で遅れている日本日本は先進国で、とても便利な国です。食のメニューなども充実しているかのように感じますが、世界では遅れていることが問題となっています。

  21. 第4のチョコレート「ルビーチョコレートとは」バレンタインデーで話題

    第4のチョコレート「ルビーチョコレートとは」ルビーチョコとは、ピンク色でベリーの風味がある新しいチョコレートです。

  22. カルディ試飲コーヒーの秘密「クリーミーシュガーパウダー」おすすめエシカル・有機コーヒー

    カルディ試飲コーヒーの秘密KALDI(カルディ)に行くと、店頭でコーヒーの試飲があります。カップを受け取って、お店の中でコーヒーを飲みながら買い物が楽しめますね。

  23. カルディオリジナルバレンタイン限定“ドリップコーヒー&マグカップセット”チョコに合うブレンド

    バレンタインデーのチョコレートが並ぶ季節になりました。1月10日発売のカルディオリジナル“ドリップコーヒー&マグカップセット”コーヒータイムにチョコレートと一緒に楽しんでいただきたいセットです。

  24. カルデイ【年始ご挨拶におすすめ】2020年コーヒー・お茶のセットと福袋

    毎年、年始に配っている挨拶の品。今年はカルディのお茶のセットを作って、喜んでいただけました。コーヒーが好きな方や、お茶が好きな方と分けたのですが、お茶請けの和三盆が人気で嬉しい。

  25. 丁寧な暮らし「ハレの日・ケの日」おもてなしの心と器の演出から健康食事

    “丁寧な暮らしとおもてなしの心”器はもてなす側の気持ちのあらわれ季節感を大切にする料理…“和の妙”を楽しめるおもてなしを心がけています。歳を重ねて、慌ただしい子育ても終わっているからこそ、“和の妙”を求めるものなのかもしれません。

  26. ふわふわ食感!簡単自家製“さつま揚げ”市販のすり身で料亭のような薩摩揚げレシピ!

    さつま揚げは買って食べるものだと思っている方が多いと思いますが…思った以上に簡単で美味しい…自家製がおすすめです!揚げたてのさつま揚げは油が浮いていないし、ふわふわ!我家では、市販のさつま揚げは「副菜」、自家製のさつま揚げは「主菜」になります。

  27. 「養生ごはん」インフルエンザ・風邪をひかない!こじらせない予防と処方食

    身近な病気なのに、意外に知らないことが多く、毎年悩んでいる人が多い「風邪」ありがたいことに、家族全員「風邪知らず」と思うほど、喉が痛い・鼻水が出るなどが2日程度でおさまり、数十年インフルエンザにもかかっていません。

ページ上部へ戻る