ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。



目の中で帯状の光がチカチカ移動する「閃輝暗点」は片頭痛の前兆?私の失態!

目の中で帯状の光がチカチカ移動!突然の目の不調は恐怖を感じる!

お正月も明けて、ブログの記事を更新するため、PCの前に長時間作業をしていました。

すると、急に画面の中に、視野の中央にチカチカ・キラキラしてギザギザした帯状(三日月)が少しずつ移動し、モノの輪郭が揺らぎはじめたのです。

PCの前で長時間作業をしていたからかしら?…飛蚊症?と、目を閉じても暗い中でもチカチカ…キラキラ?

目の調子が悪いのか?片目づつ確認しても、同じように見える…ん・・・困った。

早速調べてみたのですが、全く同じ症状になっている人がいました。

もう…すっごく落ち込みます。

視覚障害になってはいますが、眼球の異常ではなく、ストレスがたまっていてホッと気を抜いた時に、この症状に見舞われることが多いとのことです。

お正月前から、我家には常に9人の家族が自宅にいるのですが、3歳の孫から88歳の義父と、年齢幅がある家族の食事の用意と、来客が多いので結構大変でした。

そして我家には、嬉しいお客さんが、いっぱい挨拶に来てくれます。

家族連れで遊びにきてくれる人達もいて、それがまた嬉しくて食事の用意を半端なく張り切ってしまうのです。

そのようなお正月も終わり、まさしく、今日やっとホッとできた日だったんです。

 

閃輝暗点(せんきあんてん)の症状・原因・療法

眼球と脳を結ぶ血管の収縮が原因で起こる、視覚異常になったということなのですが、不思議な状態でした。

知識もなく、はじめて経験することなので、ウィキペディアや他の薬品会社などのサイトのコピーです。

 

閃輝暗点(せんきあんてん)とは、片頭痛の前兆現象として現れることが多い視覚の異常で、定期的に起こる場合が多い。英語名は「偏頭痛オーラ」を意味する「Migraine aura」(マイグレイン・オーラ)とも言う。

症状

突然、視野の真中あたりに、まるで太陽を直接目にした後の残像のようなキラキラした点が現れる。
キラキラと光るギザギザしたガラス片や、ノコギリのふちのようなもの、あるいはジグザグ光線のような幾何学模様が稲妻のようにチカチカしながら光の波が視界の隅に広がっていく。この閃光と暗点は5分から40分ぐらいで、この症状は目を閉じていても起きる。症状が治まった後、引き続いて片頭痛が始まる場合が多い。

原因

眼球の異常ではなく、ストレスがたまり、ホッとしたときにこの症状に見舞われることが多い。片頭痛の原因は、頭の血管が何らかの誘因で収縮し、その後異常に拡張すると共に血管壁に炎症・浮腫をおこすためと言われている。閃輝暗点が起こる原因は、脳の視覚野の血管が収縮し、一時的に血の流れが変化するためと考えられている。チョコレートやワインの飲食でなりやすいと言われている。

療法

閃輝暗点が起きてからの対症療法は、閃輝暗点中に前もって「ロキソニン」「ハイペン」などの鎮痛薬を飲んでおくと、幾分軽く済むようである。 亜鉛、カルシウム、マグネシウムのサプリメントは、閃輝暗点が起きないようにするための対処法である。

 

視野が欠ける閃輝暗点に気をつけて!

ホッとしたときにこの症状に見舞われる…時期もピッタリです。

原因とされるワインを夕食時に飲んだ…(^.^;

チョコも食べた…(^.^;

おつまみに、お正月にワインの生チョコレートを頂いたので、おいしくいただいてからPCの前に!

私が好きなのを知って、お客様がお土産で持ってきてくれたのですが、チョコの記事にも記しているように、私は「ブラックコーヒーにチョコ」という大好きなペアを、PCの横に置いていたんです。

ブラックコーヒーにチョコって本当に美味しいんですもの。

長時間の記事の編集の最中、なんと半日で1箱全部食べちゃったんです。

その記事内容は、チョコレートのこと…。

目にするものは、編集中の美味しそうなチョコレートの画像。

「やめられない・とまらない」と…1箱全部!いくらなんでも、食べ過ぎです。

お正月に食べすぎて私の体は横に成長したのだから、七草粥も食べて胃腸を休めるように、体をリセットしなければならない時期!

私の大きな失態…欲に任せて食べてしまうと、体調不良になるという、健康を謳っている私にとって、絶対あってはならない体調管理ミス!

3ヶ月前の健康診断でオールAだったので、異常がみつかるかどうかはわかりませんが、病院には行っておいたほうがいいかなと思っています。

 

閃輝暗点の症状が出たら前もって、鎮痛薬を飲んでおくと軽く済むとのことなので、「ロキソニン」を飲んで、ソファーで横になって10分ですっかり治ってしまいました。

亜鉛・カルシウム・マグネシウムが、閃輝暗点が起きないようにするための対処法とのことで、冷凍庫にある「しじみ」を出して、しじみのみそ汁を夕飯にいただきました。

 

私のお正月の数日は怒涛の日々でしたが、すごく楽しかったのにストレスになっていたのでしょうか…。

疲れは感じたのですが、不快を感じなかったので、自分では気が付きません。

そして、ワインもチョコも少量は体にいいのです。

何でも食べ過ぎ・飲み過ぎは体によくありません。

自分で記事にしているのに、本当に情けない!

これからPCの前での作業で起こる眼精疲労も注意しなければならないことですが、食事に気をつけるだけではなく、体の歪みなどにも気をつけて生活を心がけていこう!…と新たに決意する出来事でした。

 


SPONSORED LINK


サブコンテンツ