ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




秋【さつまいも健康・美容・ダイエット】三拍子!で美味しく食べて美しくなる訳は?!

さつまいも健康・美容・ダイエット

秋になるとスーパーでリーズナブルな「さつまいも」

スートポテトを作りたくて購入♪

ん…スイートポテトはダイエットになるのかな?…蒸してみたら、素材の甘みだけで十分なので、砂糖とバターを使わないでスイートポテトをつくりました。

バターの代わりにエクストラヴァージンオリーブオイルを使用♪

この甘いお芋ちゃん。

健康・美容・ダイエットに良いのでご紹介します。

健康によくて、免疫力を高めてトラブル解消!季節の変わり目の「風邪予防」

便秘を解消できるので、ダイエットにもなり、夏に痛めた肌のシミやソバカスの問題を解決してくれる…まさに「夏のトラブル」を解消して、秋の風邪予防!

なんてステキな食材なのでしょう。

さつまいいもは、でんぷんと糖分を豊富に含んでいるため、加糖しなくても十分甘いので、身も心も満足感!

そのままアルミ箔で包んでオーブンで「焼いも」にして食べると、てホクホクしていておいしいですね。

また、おかずとしても、様々な料理方法(煮る・蒸す・揚げる)で利用できる便利な食材です。

甘いだけじゃない栄養価

ビタミンCは100g中30mg(夏みかんのような柑橘類と同じ)熱を加えるとなくなってしまうビタミンCですが、さつまいものビタミンCの大きな特徴は熱に強く、焼いた場合でも90%は残っていることです。

ビタミンE・ビタミンB2の含有量がさつまいもは多いのも特徴です。

カルシウムは100g中32mgと野菜類では多く豊富に含まれています。

このようにさつまいもには甘いにも関わらず栄養価が高く食物繊維が多いため、様々な効果を期待できるので赤ちゃんの離乳食によく使われるのは当然ですね♪

栄養から見られる効果

【健康効果】

■ 免疫力アップで風邪を予防
さつまいもに含まれているビタミンCは白血球の免疫力を高めて、風邪にかかりにくくする働きがあります。

■ 低GI値で血糖値を緩やかに上げる
血液中のコレステロールを減少させる効果があるので、動脈硬化が心配な方にオススメできる食材です。

■ 抗酸化物質が含まれている
皮にアントシアニンが豊富に含まれていて、体の内側からキレイにする抗酸化物質が含まれ、栄養素をさらに効果的に摂取できるのです。老化防止といった働きが嬉しい。

■ 現代人に多い生活習慣病に効果
糖尿病や成人病の予防に効果があり、さらに腸をキレイにしてくれるので大腸ガンにも効果があります。

■ むくみに悩まされている人に効果的
余分なナトリウム(塩分)を排出してくれる働きをもっています。

【美容効果】

ビタミンCは、メラニン色素の沈着を抑え、シミやソバカスを防ぎ、肌をなめらかにしてくれます。

食物繊維の働きによって便秘が解消されるので、全体的に肌がきれいになっていきます。

ビタミンEも含まれ、お肌の老化防止といった働きがあります。

ビタミンB2によって、皮膚や粘膜などを健康に保ち肌荒れなどに効果があります。

【ダイエット効果】

■ 低GI値で血糖値を緩やかに上げるのでダイエットによい

GI値が高いと、血糖値が急激に上がりやすくなって、デブホルモンと呼ばれるインスリンが多く分泌され、ダイエットに悪影響を及ぼしてしまうのですが、さつまいもはGI値が低いので、炭水化物なのに体の中でゆっくり消化吸収する特徴があるためです。

■ 空腹を感じにくくする

体脂肪もつきにくく、ダイエット中のイライラのもとである「空腹感」がなく、甘いため心が満たされ、心身共に健康的なダイエット食材となるのです。

■ 2種類の食物繊維が豊富に含まれている

水溶性食物繊維は体内でゲル状に溶けるので、体にある老廃物に吸着して排出を助けるため、お通じ改善に効果があります。

不溶性食物繊維は水で膨らむ性質があることから、満腹感が感じやすくなり食べすぎを防いでくれます。

■ セルロース(食物繊維)が多いことが特徴

セルロース(食物繊維)が腸を刺激して働きを活性化にさせ、ヤラピンという緩下成分が、便の排泄を促進させてくれます。
ヤラピンは腸のぜん動運動を促し、老廃物を柔らかくしてくれる効果があります。

 

さつまいもの食べ方

健康にも美容にもよいさつまいものダイエットはカンタンですが、砂糖を加えた料理にしないで、さつまいもの甘さを利用した食べ方にしましょう。

まず1日のうち、1食分の主食をさつまいもに置き換えてみましょう。

不溶性食物繊維が豊富なので、お腹に溜まりやすく消化に時間がかかるため、1日1食150グラムを目安に夕食は避け朝食や昼食時に食べるようにしてくださいね。

調理方法は素朴なさつまいもなので、ダイエットが目的で食べるのであれば素焼きや蒸したり茹でたりとシンプル方法で食べるようにしましょう。

毎日では飽きてしまうことだってありますね。

蒸かしたさつまいもを角切りにして、サラダのトッピングに加えるなどして、少量でも食べるように心がけましょう。

さつまいもを食べ続けていくことで、腸内環境が整い健康的になり、肌が美しくなり、痩せ体質に導いてくれるのですから、気がついたら「さつまいも♪」というように、意識して食べましょう。


SPONSORED LINK


サブコンテンツ