二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃:食べ物は粘膜を潤すものでカゼに気をつける!

二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃

暑さが残っていますが、涼風がそよぎ始める季節です。

台風が日本列島に来ることが多くなりますが、秋の農作物の収穫も目前で楽しみです。

農家では昔から、稲の開花時を迎えているのに台風で田畑を荒らされてしまうことから、“厄日”と言われています。

暦の上では“秋”ですが、実際はまだ暑さを感じている上、ちょっと涼しさを感じると、食品などの管理の気の緩みから食中毒を引き起こしてしまうこともある季節です。

気持ちのよい気候になっていきますね。

 

秋の味覚で体を潤す食べ物で気をつける!

秋口になってくると、咳やくしゃみが出たり、喘息がひどくなる人が多いですが、これは秋の渇いた空気を吸い込む鼻や口、肺などの呼吸器が乾燥してダメージを受けやすくなっているからです。

気温が高くて適度な湿気の時は、喉や鼻は潤っているのですが、空気が乾燥してくると鼻や喉にウイルスがつき免疫力が落ちていきます。

喉や鼻の粘膜が炎症を起こして、ウイルスが繁殖し熱ももつようになって、風邪やインフルエンザなどを発症させるのです。

朝と夕に冷え込むことで、毛穴が閉じてしまうので、鼻や口などが呼吸器のかわりの役目をするので、肺や呼吸器の負担となってしまうのです。

風邪をひきかけたら、体の中から息を吐ききり、きれいな空気を体の奥まで吸い込むことも、意識していきましょう。

粘膜の弱い人や加齢によって肺が弱っている人は、朝のきれいな空気の中で深呼吸をするのが、とても効果的です。

 

腸内細菌を整えましょう

季節の変わり目にはアレルギー体質が顕著に表れるので、生活を整えて昼夜逆転の食生活の乱れが大きく関わってきてしまいます。

腸内細菌のバランスが崩れていると、発症しやすくなるので、ヨーグルト乳酸菌やぬか漬やみそ・甘酒などで、体も整えるようにしましょう。

春の花粉症から始まって、アレルギーが一年中続いてしまう人が増えているとのことです。

添加物が多い調味料をあまり使用せず、食材をいかしたシンプルな食事を摂るようにします。

動物たちが冬の冬眠のための準備をするように、人間も自然界のリズムに合った生活と食事を摂っていくことが、一番改善されやすいと言われています。

SPONSORED LINK



秋の食養生“秋の味覚で呼吸器を潤す”

この時季の私達の体は夏の暑さで体も弱っているので、体を整えなければ冬の風邪などが長引いてなかなか回復しないので、とにかく“体を整える”ことが一番です。

自然界では、その気候に合わせた旬の食材が豊富に実ってきます。

旬のモノを食べるように心がけましょう。

 

夏にはガッツリとパワーが必要だったので、豚肉をおすすめしてきましたが、秋は魚が旬です。

  • かつお…血合いの多いので、血を補って精力が増し、疲労回復・貧血予防になります。
  • しゃけ…気を補って精力がつき、女性は妊娠力を高め、アスタキサンチンは抗酸化作用が高いです。
  • さば…体を温めて、血の巡りをよくして、DHA・EPAなどの良質な脂質が豊富です。
  • 秋刀魚さんま…気を補って胃の働きを活性化し、食欲不振を回復させる栄養価が高いリーズナブルな魚です。

 

気管支系・アレルギー系のトラブルにおすすめな食材

  • ぎんなん…漢方薬に利用され、肺の熱をとって、咳や慢性の気管支炎などを鎮める薬効があります。
  • さといも…ぬめりがあるので、皮膚の炎症を鎮めて、肌が潤い、消化や排泄を促進させてくれます。
  • れんこん…粘膜を保護して咳や痰・出血を止め、胃壁も保護してくれます。
  • …肺や喉を潤し、咳や痰・喘息をやわらげることから、漢方で使用されています。

 

体力維持と免疫力を高める食材

  • さつまいも…胃腸を丈夫にさせて精力を養い、食物繊維が豊富なので便秘予防、疲労回復に役立ちます。
  • きのこ類…免疫力をアップさせて、風邪やアレルギー症状、ガンを予防するβ-グルカンが豊富です。
  • にんじん…全身の滋養する働きがあり、鉄分を含んでいるので貧血や冷え性・虚弱体質などの高価があります。
  • やまいも…自然薯には薬効もあり、滋養強壮の漢方にもなって、胃腸の調子も整えます。
  • 落花生(ピーナッツ)…肺を潤して咳や痰を改善し、喘息の悪化に効果的で、茶色い皮を塩で煎じる療法があります。

 

秋の入り口のおすすめ料理

 

薬膳の「かぼちゃと小豆の雑炊」が、体をリセットしてくれるのでおすすめです。

かぼちゃは冬が旬と思われがちですが夏が旬で、豊富なでんぷん質は体の疲れをとり、暑さで弱っている体の熱をとってくれる上、β-カロテンやビタミンCなどのビタミン類の栄養が豊富です。

皮と実の間、わたにも栄養が多く含まれているので、皮やわたを削ぎ取ること無く食べてくださいね。

夏バテ予防の食品リストがありますので、合わせてお読みいただくと、お役にたてると思います。

■ 夏バテ対策で効果ある食べ物おすすめ20選!熱中症予防の食材で効率よい食事

 

「サンマに大根おろし」は秋が美味しいですよね♪

サンマの脂にはDHAやEPAといった不飽和脂肪酸が多く含まれています。

心筋梗塞・脳血栓・動脈硬化・高血圧などの予防効果・生活習慣病やコレステロールを減らし、認知症の防止や学習能力の向上に効果的とされています。

そのサンマに添えると美味しい大根おろしは、大根に含まれるジアスターゼが消化を助けてくれるので、夏の暑さで弱った胃や体をリセットさせるには、打ってつけの食べ物です。

大根おろしは時間の経過と共に、栄養が失われていくので、食べる直前におろすようにしてくださいね。

 

そして、栗!

私は渋栗から甘栗と、とにかく栗が大好きです。

洋酒がたっぷり漬けてあるマロングラッセは、いつも探し求めてしまうほど好き!

栗も秋が旬です。

栗おこわも美味しいです。

栗は気力を増し、腎の働きを補い、胃腸を丈夫にして、足腰を強くして、老化にも良い!

江戸時代の薬物書に「栗の能、腎補いて気を増し、腸胃腰脚骨を強くする」とあります。

縄文遺跡からも発見されている馴染深いナッツ類です。

栗は食物繊維やビタミンB1・酸化物質のクマリン誘導体も多く含まれている栄養価が高く低脂肪でヘルシーなので、街で見かけたら秋では数回食べるようにしたい食材です。

 

冬を元気に過ごすためにも、夏の疲れを秋にはちゃんとリセットする必要があります。

実りの秋というように、秋には体力をつける効果のある食べ物が多いので、体の粘膜や肌を乾燥させないように潤して、ウイルスを寄せ付けない体づくりをしましょう。

 

 

秋に向けて体を整えるまとめ



SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ