TOMOIKU*ブログ

二十四節気の冬【大寒-だいかん】1/20~2/3頃:スタート位置が決定される

 

二十四節気の冬【大寒-だいかん】1/20~2/3頃

旧暦の最後は「大寒」です。

名の通り一年で最も寒い時期で、20日は「二十日正月」とされて、正月のごちそう類をこの日に食べつくす日です。

24日は「お地蔵様の縁日」で、初地蔵と呼ばれて参拝します。

昔から寒さが激しいこの時季は、無病息災や来福などを祈願する行事が行われています。

「寒詣」や冷水を浴びて滝に打たれる祈願する「寒ごり」、「寒中水泳」や空手などの「寒稽古」が行われるのも、厳しい寒さでも己に打ち克って心身を鍛えようという先人たちの考えから行われてきました。

しかし、今は体の抵抗力も弱まる季節です。

特別な思いがある方ではない普通の人は、体を冷やさないよにしましょう。

二十四節気の中で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を「節分」と言います。

特に春の節分に重きを置いているので、季節の変わり目の邪気や悪鬼を祓うために、豆まきをします。

そろそろ街に「恵方巻」の予約のポスターが目に付くようになりましたね。

恵方巻はその年の縁起の良い方角に向かって、丸かじりする習慣が定着してきましたね。

SPONSORED LINK



 

大寒でこころがけること-積極的に陽を浴びてスタート位置を決定させる

二十四節気は春からスタートします。

今から未来をイメージして、春のスタートのために心身の準備が必要です。

そのためにも、寒いからと外の空気やお日様を浴びないで過ごしていると、エネルギーを取り入れられません。

この寒い時期こそ、意識して太陽のエネルギーを取り込まないと、いざ春になった時、パワー不足になってしまうのです。

外に出られない場合は、窓越しの陽でもよく、足腰だけでも陽の当たるようにゆったりと過ごしましょう。

太陽の陽ざしで交感神経を働かせることで、副交感神経が働いてリラックスできます。

自然の世界では冬眠をしている動物達はエネルギーを溜め込んで、春からスタート!

…というように、人間社会でも、春がスタートするスケジュールですね。

健康的な笑顔で春を迎えることができるか…スタート位置を決定させます。

 

大寒での食事-冬の不養生に注意!

体が冷えて胃腸虚弱になりやすく、体質改善もなかなかできない時期です。

空気の乾燥が気になりますが、体は水太りしやすい時期なので、むくみを取る食事を摂って、温かい滋養強壮の食材を食べるように意識しましょう。

そして、春の花粉症の症状が厳しくなるのは、冬の不養生が原因とも言われています。

冬野菜をたくさん食べるようにしましょう。

そして、豚肉・高麗人参・うなぎなどの免疫食がアップするように心がけましょう。

里芋は体の滞りをなくしてくれるので、気分を明るくしてうつを改善し、肩こりや腫物なども改善されます。

そして…山芋!

この時季、山芋は薬膳料理にもっともふさわしい食材とも言われ、滋養強壮の効果が絶大です。

山芋と同じく長芋でもいいです。

栄養価に大きな違いはなく、どちらも胃粘膜を守るネバネバ成分を含んでいて、カリウムで体内の水分バランスを整えてくれます。

長芋は山芋より水分が多く粘り気が少なく淡白な味で、山芋は長芋より粘りが強く甘みがあります。

それぞれの特徴に合わせて料理してもいいですね。

弱った体にパワーをくれるので、是非すすんで食べてください。

寒さで血流が悪くなる体は体力が落ちていくので、体力だけではなく病気に対する抵抗力が弱まり、風邪もひきやすくなります。

栄養豊富で体をあたためる食材で「食事」を意識して、「十分な栄養と睡眠」が一番大切です。

わかっていても、なかなかできないことかもしれませんが、気持ちのよいスタートを切るためにも、心がけるようにしましょう。

 

冬に向けて体を整えるまとめ
■  【霜月】11月7日立冬から本格的な冬!お風呂「七病を除き七福を得る」健康法と旬のモノを食べる!
【師走】12月は忘年会シーズン!あったかい旬のモノを食べて健康に気をつける!丁寧な暮らし!
【師走】お正月の準備!正月飾りルールと大晦日の年越しそば・除夜の鐘・開運おせち料理の意味
【睦月】ていねいに暮らす-元旦「新しい1年を祝福して感謝する」しなやかに生きる
■  【睦月】ていねいに暮らす-1月のくらし「仲睦ましくする月」で「保温に気をつける月」!
【睦月】ていねいに暮らす-小寒で水に感謝!七草粥を食べて「粥有十利」を感じよう
【睦月】ていねいに暮らす-1月の行事「十日戎」「鏡開き」「小正月」の小豆粥とどんど焼き
【睦月】ていねいに暮らす-成人の日は歳を重ねても「自分の原点」を見つめ直してみよう!
【睦月】ていねいに暮らす-大寒の寒たまごは無病息災・金運アップの縁起物!
二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃:体は貯蔵の季節!必ず温めるべき部位
二十四節気の冬【小雪-しょうせつ】11/22~12/7頃:寒さが増してくる時期で体温調整に注意
二十四節気の冬【大雪-たいせつ】12/7~21頃:冷え性や風邪に注意
二十四節気の冬【冬至-とうじ】12/22~1/4頃:心と体をリセットをして心機一転!
二十四節気の冬【小寒-しょうかん】1/5~19頃:新しい年の心意気と深呼吸
二十四節気の冬【大寒-だいかん】1/20~2/3頃:スタート位置が決定される
 


当サイトの一部の記事が、専門性を高めるために「TOMOIKU姉妹サイト」に移動する場合があります。
ご不便なことがございましたら大変申し訳なく、心よりお詫びいたします。



  生活を彩る 関連記事

 
   

* TOMOIKUの姉妹サイト紹介 *
 


サイトマップで情報を探せます!

一般社団法人 日本共育ライフ協会内

(合)共育生活研究所

“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフードの食事」と、“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」の講座を各地で行っています。


遊びに来てね♪

最新記事

ベルメゾンネット

Menu according to purpose




ベルメゾンネット




ページ上部へ戻る