TOMOIKU*ブログ

二十四節気の冬【冬至-とうじ】12/22~1/4頃:心と体をリセットをして心機一転!

 

二十四節気の冬【冬至-とうじ】12/22~1/4頃

現代の歴では、冬至の期間中にお正月を迎えます。

古くから冬至の日に「柚子湯」に入ることで、“無病息災”を願う風習があります。

これは「冬至-とうじ」と「湯治湯-とうじゆ」をかけ言葉にしたという説があります。

冬至に“柚子湯”に入るというのも、寒い夜に体を十分に温めようという先人達の知恵です。

柚子の香りや薬効で、体を清める意味もあります。

冬至でこころがけること-リセットをして心機一転

冬至から徐々に日が長くなり夏至に向かいすべてのものが動き始めて、血も巡り、気も動くので気持ちをリセットして心機一転新しいモノゴトに挑戦してみましょう。

冬至から、心が不安定になりやすく、“恐れ”の感情が強く表れる傾向にあるので、寝付けないこともあることから、年末年始に神社仏閣にお参りに行ったり供養したりするのです。

お正月は騒ぐ行事ではなく、謙虚に祈願するものです。

 

冬至での食事-基礎代謝を気をつける

この時期、基礎代謝が最も低下して体温も下がっています。

鼻水・声がれ・生理痛や頭痛など、冷えからくる体調不良が多いので、使い捨てカイロを貼るなどして、常に体を温め、冷えないように、日常で気をつけることが最も大切です。

かぼちゃは、補気作用があり、気力の強化や糖尿病改善・消化機能の増強などに効果があるので、冬至の時期の野菜不足を助けてビタミンやミネラル補給のために、是非食べてほしい食材です。

そして、お正月のおせち料理で欠かせない“黒豆”

利尿作用や造血作用・イソフラボンが多いので若返り…と栄養満点ですが、出来上がっているものは大量に砂糖が使用されているので、自宅ではちみつなどでつくった“黒豆”を食べるようにしましょう。

冬至に食べるおすすめレシピとして別記事がありますので、いっしょに読んでいただくことで、お役に立てると思います。

 

冬に向けて体を整えるまとめ
■  【霜月】11月7日立冬から本格的な冬!お風呂「七病を除き七福を得る」健康法と旬のモノを食べる!
【師走】12月は忘年会シーズン!あったかい旬のモノを食べて健康に気をつける!丁寧な暮らし!
【師走】お正月の準備!正月飾りルールと大晦日の年越しそば・除夜の鐘・開運おせち料理の意味
【睦月】ていねいに暮らす-元旦「新しい1年を祝福して感謝する」しなやかに生きる
■  【睦月】ていねいに暮らす-1月のくらし「仲睦ましくする月」で「保温に気をつける月」!
【睦月】ていねいに暮らす-小寒で水に感謝!七草粥を食べて「粥有十利」を感じよう
【睦月】ていねいに暮らす-1月の行事「十日戎」「鏡開き」「小正月」の小豆粥とどんど焼き
【睦月】ていねいに暮らす-成人の日は歳を重ねても「自分の原点」を見つめ直してみよう!
【睦月】ていねいに暮らす-大寒の寒たまごは無病息災・金運アップの縁起物!
二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃:体は貯蔵の季節!必ず温めるべき部位
二十四節気の冬【小雪-しょうせつ】11/22~12/7頃:寒さが増してくる時期で体温調整に注意
二十四節気の冬【大雪-たいせつ】12/7~21頃:冷え性や風邪に注意
二十四節気の冬【冬至-とうじ】12/22~1/4頃:心と体をリセットをして心機一転!
二十四節気の冬【小寒-しょうかん】1/5~19頃:新しい年の心意気と深呼吸
二十四節気の冬【大寒-だいかん】1/20~2/3頃:スタート位置が決定される

 

 





当サイトの一部の記事が、専門性を高めるために「TOMOIKU姉妹サイト」に移動している場合があります。 ご不便なことがございましたら、大変申し訳ありません。心よりお詫びいたします。





  生活を彩る 関連記事

 
   

* TOMOIKUの姉妹サイト紹介 *
 


サイトマップで情報を探せます!

一般社団法人 日本共育ライフ協会内

(合)共育生活研究所

“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフードの食事」と、“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」の講座を各地で行っています。


遊びに来てね♪

最新記事

ベルメゾンネット

Menu according to purpose




ベルメゾンネット


 

カルディコーヒーファーム

 

ページ上部へ戻る