TOMOIKU*ブログ

二十四節気の冬【大雪-たいせつ】12/7~21頃:冷え性や風邪に注意

 

二十四節気の冬【大雪-たいせつ】12/7~21頃

日本ではまだ雪が深くなる季節ではありませんが、これは中国華来た地方から名づけられたものです。

太平洋側では晴天が続く季節ですが、冷たい風が体に強く感じる季節です。

クリスマスと新年を迎えるイベントが多く、忙しい時期です。

大掃除をはじめる方も多く、すす払いから始まって、松飾りの松を、年男が新年の恵方から取ってくるという習わしもありますね。

自然界では熊が冬眠をしますね。

冬の魚「ブリ」なども大漁で盛んになり、代表的な出世魚です。

ブリでも大きさで名が変わり、大きさが35~60cmは関東では「イナダ」関西では「ハマチ」

60~80cmの大きさのものは関東では「ワラサ」関西では「メジロ」といい、80cm以上のものを関東・関西とも「ブリ」と言われています。

SPONSORED LINK



大雪でこころがけること-冷え性に注意

寒くなってくるので、薄着には注意が必要です。

そして、寒いと姿勢も悪くなるので、骨盤のゆがみが激しくなるので、足を肩幅ほど開いて立って、腰に手を当てて、八の字を書くように腰を滑らかに回して、軽いストレッチをしましょう。

骨盤は満月にゆるみやすいので、この時期の満月の日には意識して骨盤のゆがみを治しましょう。

そうすることで、血行もよくなり、体があたたまります。

年末の大掃除があることで、足腰が疲れることが多く、冷えと水毒が深く関わってしまうことから、体がだるくなるので、入浴して体を温め、体内毒素を排出するようにしましょう。

お風呂で足は体の末端なので、血行を良くするように心がけ、リラックスしていると巡りもよくなります。

大雪での食事-空気の乾燥と風邪

空気が徐々に乾燥し始める季節なので、風邪をひきやすい時期になります。

風邪のウイルスは皮膚の表面から入って粘膜に入り込むのですが、この段階でウイルスに勝つために、免疫力を高めておきましょう。

まずは“肺”

肺を丈夫にすることで、皮膚粘膜は抵抗力をつけられます。

そして胃腸が元気であることで、肌が元気になるのです。

うがいやて洗うをすることで、粘膜に侵入する“菌”を少量で済ますことができるので、自宅に菌を蔓延させないためにも、心がけるように心がけましょう。

季節の野菜と、魚介類が美味しい季節。

牡蠣は海のミルクと呼ばれていて、亜鉛が多く栄養満点で、解毒や神経強化にも効果的です。

現代人は亜鉛不足が問題になっているので、新鮮でおいしい季節の牡蠣はこの時期に食べるようにしましょう。

日本は海に囲まれて、魚は大切な栄養源となっています。

肉に比べて、魚だけを食べても浮腫まず炎症もおきません。

日本人の体には“魚”がおすすめです。

 

冬に向けて体を整えるまとめ
■  【霜月】11月7日立冬から本格的な冬!お風呂「七病を除き七福を得る」健康法と旬のモノを食べる!
【師走】12月は忘年会シーズン!あったかい旬のモノを食べて健康に気をつける!丁寧な暮らし!
【師走】お正月の準備!正月飾りルールと大晦日の年越しそば・除夜の鐘・開運おせち料理の意味
【睦月】ていねいに暮らす-元旦「新しい1年を祝福して感謝する」しなやかに生きる
■  【睦月】ていねいに暮らす-1月のくらし「仲睦ましくする月」で「保温に気をつける月」!
【睦月】ていねいに暮らす-小寒で水に感謝!七草粥を食べて「粥有十利」を感じよう
【睦月】ていねいに暮らす-1月の行事「十日戎」「鏡開き」「小正月」の小豆粥とどんど焼き
【睦月】ていねいに暮らす-成人の日は歳を重ねても「自分の原点」を見つめ直してみよう!
【睦月】ていねいに暮らす-大寒の寒たまごは無病息災・金運アップの縁起物!
二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃:体は貯蔵の季節!必ず温めるべき部位
二十四節気の冬【小雪-しょうせつ】11/22~12/7頃:寒さが増してくる時期で体温調整に注意
二十四節気の冬【大雪-たいせつ】12/7~21頃:冷え性や風邪に注意
二十四節気の冬【冬至-とうじ】12/22~1/4頃:心と体をリセットをして心機一転!

 

 


当サイトの一部の記事が、専門性を高めるために「TOMOIKU姉妹サイト」に移動する場合があります。
ご不便なことがございましたら大変申し訳なく、心よりお詫びいたします。



  生活を彩る 関連記事

 
   

* TOMOIKUの姉妹サイト紹介 *
 


サイトマップで情報を探せます!

一般社団法人 日本共育ライフ協会内

(合)共育生活研究所

“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフードの食事」と、“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」の講座を各地で行っています。


遊びに来てね♪

最新記事

ベルメゾンネット

Menu according to purpose




ベルメゾンネット




ページ上部へ戻る