二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃:体は貯蔵の季節!必ず温めるべき部位

二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃

秋たけなわの平地では紅葉が美しい季節ですね。

日が短くなって、北国では冬の気配に包まれ、歴の上では冬になります。

雪月花(せつげつか)は、雪・月・花という日本の自然の美しい景物で、風雅の原点ですが、雪見は花見や月見と同様に特別なものとされてきました。

冬の時期は、寒さに備えるために貯蔵

冬の生活や人の体は、寒さに備えるために「貯蔵」をしていきます。

寒さにたえるために温まろうとするので、脂っこいこってりしたものが食べたくなります。

根菜は体を温めると言われていますが、薬膳では体を冷やすものもあるとされているので、食べ合わせとして生姜や唐辛子など、体を温める食材といっしょに食べるようにしましょう。

黒豆や黒きくらげ・黒ゴマなど、白い種のものがあっても、冬は黒いものを選ぶようにしましょう。

この時季は風邪をひいたり粘膜の弱さが出やすいです。

この体調不良を引き継いだまま過ごしていると、風邪は治りにくくなってしまします。

そして冬は血管も硬くて細くなって血圧が高くなりやすいので、野菜を多く食べて血液の流れに気をつけるようにしましょう。

SPONSORED LINK



冬の体調管理は首の部位に注意

 

寒くなるとコートの襟で首元を守る姿がみられますね。

これはあたたかくするために自然な姿です。

冬は「首回り」に注意することがとても大切です。

首回りは脳に繋がる流れと、手首足首は漢方でいう、経路の流れの中でもっとも大切な部位になります。

全身をめぐる経脈すべてが通るので、この部分を温めることで、流れがよくなります。

冬の体は食べたいものを体が求めるので、気をつける点は、体を冷やさないことを心がけるために、レッグウォーマーなどで首回り 首・手頸・足首を守るだことが大切です。

足が冷え切ってしまう方は靴下だけではなく、足首を温める工夫をしましょう。

そして、靴下を履くのが嫌いな方は、足首だけでも冷やさないように気をつけることが大切です。

 

何となく鼻水が…咳が…頭が重いなど、早めに対処するようにしましょう。

 

冬に向けて体を整えるまとめ
■  【霜月】11月7日立冬から本格的な冬!お風呂「七病を除き七福を得る」健康法と旬のモノを食べる!
【師走】12月は忘年会シーズン!あったかい旬のモノを食べて健康に気をつける!丁寧な暮らし!
【師走】お正月の準備!正月飾りルールと大晦日の年越しそば・除夜の鐘・開運おせち料理の意味
【睦月】ていねいに暮らす-元旦「新しい1年を祝福して感謝する」しなやかに生きる
■  【睦月】ていねいに暮らす-1月のくらし「仲睦ましくする月」で「保温に気をつける月」!
【睦月】ていねいに暮らす-小寒で水に感謝!七草粥を食べて「粥有十利」を感じよう
【睦月】ていねいに暮らす-1月の行事「十日戎」「鏡開き」「小正月」の小豆粥とどんど焼き
【睦月】ていねいに暮らす-成人の日は歳を重ねても「自分の原点」を見つめ直してみよう!
【睦月】ていねいに暮らす-大寒の寒たまごは無病息災・金運アップの縁起物!
二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃:体は貯蔵の季節!必ず温めるべき部位

 




SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ