血液ドロドロ漢方「チェックシート」6つのタイプ別“血液サラサラ生活改善方法”

  誰もが同じ方法でサラサラ血液になるわけではない 現代人の生活は、体を労る生活がなかなかできません。 血液を汚したり、血の巡りを悪くする条件が揃っているのです。 「血液サラサラ」の言葉は一大ブームになってから・・・

栄養たっぷり常備食「自家製ふりかけ」レシピ7選!市販品「京らー油ふりかけ」最高!

ふりかけは食欲不振時の救世主 梅雨から夏へと食欲不振になることがありませんか? あったかご飯にふりかけは、そんな時の救世主! 食欲がないのだけど食べないと力がつかず、おかゆ…という気持ちになれない… そんなときは、栄養た・・・

血管力をチェックシートで確認と改善!血管から老化する「4大悪と肥満」は血液事故243倍に!

血管力は血液サラサラだから大丈夫ではない 血管の若返りとイメージすると、“血液サラサラ・血液ドロドロ”という表現をしてしまいがちですが、血管の強さとはまた別の話です。 もちろん血管はドロドロしているよりもサラサラしている・・・

金スマ健康お掃除術!あなたの掃除“病気になる部屋の掃除”かも!NG続出!

咳が止まらない呼吸困難・アレルギーなどの方は、掃除方法を見直して! 病院清掃30年のプロ「健康になりたければ家の掃除を変えなさい」の著者である松本忠男氏が教えてくれる健康お掃除術はすごかった! 金スマを観て愕然とするほど・・・

発酵塩レモンとレモンソースレシピ!皮とワタに多いビタミンCを効率よく摂取する方法

レモンの栄養素は? ビタミンCが豊富というイメージがあると思います。 そのレモンのビタミンCは、ワタと皮の方がレモン果汁より多く含まれています。 ドリンクや料理でも、実であるレモン果汁だけを使うことが多いレモンですが、効・・・

【はと麦】肌荒れや子供の“水いぼ”の悩み!薬膳ハトムギの簡単な食べ方

美肌やイボ用薬品が先行してしまった“はと麦” 女性のお肌の悩み、子供の水いぼなど、「はと麦茶」が良いというのは漢方でも利用する方法なので有効ですが、お茶は予防範囲であり、すでに肌で悩んでいたり、子供にイボができてしまった・・・

タマネギの間違った調理法で血液サラサラ効果ゼロになる!飴色玉ねぎ時短調理法と効能

【玉葱-タマネギ】生活習慣病・花粉症の予防やに欠かせない野菜!血液サラサラ効果が抜群の玉ねぎ! タマネギの血液サラサラ効果をゼロにしていませんか? 家庭料理で多く使われる“タマネギ” タマネギはユリ科ネギ属で、茎の根元が・・・

二十四節気の夏【芒種-ぼうしゅ】6/6~6/20頃:体の湿気に注意!

二十四節気の夏【小満-しょうまん】5/21~6/5頃:心臓と血管に負担をかける季節 二十四節気の夏【芒種-ぼうしゅ】6/6~6/20頃 “芒種”とは稲などの“穀物を植える季節”のことで、田植えがはじめり、蝶や虫のホタルの・・・

トマトの選び方・保存・調理で栄養価アップする方法!大玉とミニトマトの比較と効果

日本でトマトを食べるようになったのは17世紀ごろで、庶民が食用として食べるようになったのは明治時代です。 昭和になって栽培が本格的に始まって、私達の食卓ではサラダなどで彩りも良くなることから人気がある野菜となり、年間食べ・・・

風水そうじで運気をアップ!掃除方法と解決法-フライングスター風水とは

風水で住環境を整える意味は、自分の本来持っている“運気”である金運や健康運を最大に引き出すことです。 目に見えない力であることから、信じていない人も多いのではないでしょうか。 私は薬膳を学んだことによって、“気”というも・・・

強烈な靴と足の臭いの原因バクテリア除菌と消臭力がスゴイ!天然素材のフットケア

なぜ靴と足の臭いは強烈なのか? 夏になると特に臭くなる靴の中や足。 女性は夏になるとミューズを履いたりするので、男性よりも臭いの対策はしやすですが、夏でも皮のジューズを履いている方にとっては、臭いで困っているのではないで・・・

フレーバーオイルの作り方&料理の幅が広がる使い方!レモン・スパイス・ハーブ使用

我家で大活躍のエキストラヴァージンオリーブオイル 私は、「トランス脂肪酸」を避けるためマーガリンを使わなくなってから、パンやフォカッチャにちょんちょんとオリーブオイルをつけて食べるのが習慣になっています。 トランス脂肪酸・・・

にんじんの効果効能-栄養素をアップさせる調理方法とレシピ8選!酵素やβ-カロテンが2~8倍UP!

にんじんの効果効能!β-カロテンはトップクラス! 20年前のデータでは、にんじんは子供が嫌う野菜の2位でした。 しかし、近年の調査では好きな野菜の8位にランクインしていて、品種改良によってにんじん独特の香りが減って、甘み・・・

ピーマンのワタ・種は皮の10倍の効果!緑・赤・黄色のピーマンで栄養No.1は?

ピーマンの栄養は侮れない!ビタミンCがレモンの3倍! 初夏から秋の6月から9月にかけて旬のピーマン。 ピーマンは子供が嫌いな野菜NO.1でした。 最近は、品種改良が進んで苦みが減り、独特の青臭さが軽減されているので、サラ・・・

うさぎの姿をした“うさぎ苔”や“多肉植物”が可愛すぎる!植物と接するとゆったりと時間が流れる

うさぎ苔がかわいすぎ! 春から夏へと、畑での種まきや庭でのガーデニングと、道具などを購入するためにホームセンターに買い物に行くことが多くなりました。 孫との買い物で、ふと見つけたかわいい“苔”…うさぎ苔 数年前には多くの・・・

安全な醤油で料理の質が変わる!醤油を注ぐだけのオリジナル調味醤油が超おいしい!

日本の食文化の代表「醤油」は安全なものを! 日本の食文化で最も重要な調味料のひとつ「醤油」 世界的にも類を見ないバランスのとれた調味料と言われていて、日本独特のものです。   醤油の製造工程は、大豆と小麦を原料・・・

栄養素を逃さない!抗酸化を意識した食材の選び方と調理方法-暮らしの栄養学

バランスのいい献立!1日に必要な栄養素を過不足なく食べる 飽食の時代で栄養不足 時代の流れで、効率よく栽培するために…そして消費者が希望する虫のいないきれいな野菜を追求したことによって、田畑の土に元気がなくなり化学肥料を・・・

50代後半で白髪だけど髪質が20代!髪の栄養素と無添加商品大好きロハスな買い物

もうすぐ60歳になるけれど、髪が元気なのが嬉しい! 50代後半にもなると、白髪が多い(^.^; 今まで肩より下の長い髪型でしたが、50代後半になると髪質が変わり、ゴワゴワになったり細くなったりするらしい…ということで、美・・・

二十四節気の夏【小満-しょうまん】5/21~6/5頃:体に負担をかける季節たっぷり食べましょう!

二十四節気の夏【立夏-りっか】5/5~5/20頃 二十四節気の夏「小満-しょうまん」5/21~6/5頃 命が次第に満ちていき、草木が天地に茂って気温も上がってくる季節です。 万物の成長する“気”が次第に長じて、天地に満ち・・・

バランスのいい献立!1日に必要な栄養素を過不足なく食べる-暮らしの栄養学

7大栄養素をバランスよく摂取するのが健康への早道! バランス良い献立の「簡単ものさし」 栄養素を◯◯グラム食べて…と、考えると、献立を考えるのも、食べるのも疲れてしまいます。 そのような面倒くささから家庭に栄養学が浸透し・・・

7大栄養素をバランスよく摂取するのが健康への早道!-暮らしの栄養学

栄養素と栄養の違い!栄養とカラダのしくみ 健康への早道は栄養素のバランス 私達の健康を司る「食事」で、45~50種類の栄養素をバランスよく摂取することが、健康への早道です。 嫌いだからと野菜などの一定の群の食べ物を摂取し・・・

栄養素と栄養の違い!栄養とカラダのしくみ-暮らしの栄養学

カラダは食べ物で出来ている!食べ物は「生命の源」 明治時代に、多くの人が命を落とした脚気の改善のために、日常の食事で栄養と摂ることが重要であるという、現代では当たり前のことが初めて説かれています。 飽食の時代にも関わらず・・・

生魚を調理したり食べる時「アニサキス」を目視で確認してますか?食中毒を予防方法!

食中毒になる「アニサキス」って何? アニサキスは魚介類の内臓に寄生している寄生虫(線虫)の一種です。 最近はスーパーやコンビニでもお刺身やお寿司が並んでいて、生魚を食べることへの不安感や抵抗感がほとんどなくなるほど、日本・・・

みそ汁の作り方を間違えて乳酸菌を死滅させていませんか?1日2杯の高血圧予防の新常識

1日2杯の高血圧予防の新常識 みそ汁は肉やたまごに匹敵するほどのたんぱく質を含む大豆を発酵させてできている、日本が誇る発酵食品のひとつです。 1日2杯のみそ汁で、高血圧になるリスクが1/5にダウンするほどの力があり、高血・・・

通気性のいい家具“桐”の魅力!風土にあった日本伝統「桐たんす」が現代インテリアに!

風土にあった日本伝統「桐たんす」は嫁入り道具だった 日本の家具を代表する「桐たんす」 嫁入り道具として桐のたんすを持っている方が多い時代がありました。 私の結婚当時は、東京の狭い住宅事情からスタートしているので、押入れを・・・

甘い野菜が中性脂肪の原因に?「甘い」という言葉の裏側!糖度=甘さではない!

トマトを例にしていますが、トマトが悪いということを言っているのではありません。 そのことをご理解いただけますよう、お願いいたします。 「甘い」という褒め言葉の裏側 農家の方の努力もあって、甘い野菜が市場に多く出荷されてい・・・

気象病と5月病・6月病・9月病「季節性変化疲れ」の症状をチェックシートで確認し軽減!薬膳視点の食材と生活!

「変化疲れ」は誰にでもある!気象病と重なったダブル症状に注意 5月の連休後には梅雨に入るので気象の変化が大きいため、その気圧や気温に体がついていきません。 そんな中、入学・就職・人事異動と生活の変化が多かった4月を乗り越・・・

サブコンテンツ