「四季・歳時記・二十四節気」の記事一覧

二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃:体は貯蔵の季節!必ず温めるべき部位

二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃 秋たけなわの平地では紅葉が美しい季節ですね。 日が短くなって、北国では冬の気配に包まれ、歴の上では冬になります。 雪月花(せつげつか)は、雪・月・花という日本の自然の美し・・・

二十四節気の秋【霜降-そうこう】10/23~11/6頃:実りの秋は体調管理をしっかりと

二十四節気の秋【霜降-そうこう】10/23~11/6頃 秋の空は爽やかに澄み渡りきれいです。 秋も末になるこの時季は、霜がおりることから、「しもふり」とも言われています。 大気中の水分が冷えた地面に凍り付いたものが霜です・・・

二十四節気の秋【寒露-かんろ】10/8~10/22頃:体と心をリラックスさせ気温差に気をつける

二十四節気の秋【寒露-かんろ】10/8~10/22頃 寒露とは、初秋に野の草花に宿る冷たい露のことです。 秋の長雨が終わって、本格的な秋が始まり、山野には紅葉が色を重ねていくきれいな季節です。 そして、実りの秋とともに、・・・

二十四節気の秋【秋分-しゅうぶん】9/23~10/7頃:乾燥トラブルの潤い食材とレシピ4選

二十四節気の秋【秋分-しゅうぶん】9/23~10/7頃:お彼岸 毎年9月23日頃を秋分の日と定められています。 「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として1948年に法律で制定されました。 秋分の日は春分の日と同様、昼・・・

二十四節気の秋【白露-はくろ】9/8~9/22頃:センチメンタルになる季節!

  二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃 朝夕に、ほんのわずか涼しい風が吹いて、気温の差で生じた露が草の葉先に宿って、こぼれ落ちていきます。 霧が多く出る時期ですが、「霧」は秋の季語。 「霧」とい・・・

二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃:食べ物は粘膜を潤すものでカゼに気をつける!

二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃 暑さが残っていますが、涼風がそよぎ始める季節です。 台風が日本列島に来ることが多くなりますが、秋の農作物の収穫も目前で楽しみです。 農家では昔から、稲の開花時を迎えてい・・・

二十四節気の秋【立秋-りっしゅう】8/7~8/23頃:夏野菜で乗り切り秋野菜を取り入れる

二十四節気の秋【立秋-りっしゅう】8/7~8/23頃 8月に入って“立秋”を過ぎると、まだ残暑が厳しいですが、暦の上では秋になります。 蝉の声から、鈴虫の声が響き渡り、お米や木の実が収穫の時を迎えます。 秋らしくなる特徴・・・

二十四節気の夏【大暑-たいしょ】7/23~8/7頃の猛暑に耐える食事と「夏の万能薬味レシピ」

二十四節気の夏【大暑-たいしょ】7/23~8/7頃は猛暑期 快晴が続いて気温が上がり蒸し暑い時季になります。 猛暑期に相手の健康を気遣う挨拶状の「暑中見舞い」も届く頃ですね。 暑中見舞いの“暑中”とは、 暑い中である「大・・・

二十四節気の夏【小暑-しょうしょ】7/7~22頃:水毒のむくみ対策食材と筋力低下の運動

  二十四節気の夏【小暑-しょうしょ】7/7~7/22頃 小暑の前後が梅雨明けになります。 太陽の日差しが強くなって、蓮の花が水辺の花が咲き初め、元気なセミの声…本格的な猛暑が来ます。 この時季は梅雨の影響で体・・・

二十四節気の夏【夏至-げし】6/21~7/6頃:薬膳のあずきがおすすめ!

二十四節気の夏【芒種-ぼうしゅ】6/6~6/20頃:血行障害と体内の湿気に注意! 6月は「水無月みなずき」といい、田植えも終わり水を張る月という「水張り月みずはりつき」・農作業をし尽くしたという「皆尽月みなしつき」・水も・・・

二十四節気の夏【芒種-ぼうしゅ】6/6~6/20頃:体の湿気に注意!

二十四節気の夏【小満-しょうまん】5/21~6/5頃:心臓と血管に負担をかける季節 二十四節気の夏【芒種-ぼうしゅ】6/6~6/20頃 “芒種”とは稲などの“穀物を植える季節”のことで、田植えがはじめり、蝶や虫のホタルの・・・

二十四節気の夏【小満-しょうまん】5/21~6/5頃:体に負担をかける季節たっぷり食べましょう!

二十四節気の夏【立夏-りっか】5/5~5/20頃 二十四節気の夏「小満-しょうまん」5/21~6/5頃 命が次第に満ちていき、草木が天地に茂って気温も上がってくる季節です。 万物の成長する“気”が次第に長じて、天地に満ち・・・

二十四節気の夏【立夏-りっか】5/5~5/20頃:夏に向けて体を整えるまとめ

前ページ春の穀雨 二十四節気の夏「立夏-りっか」5/5~5/20頃 次第に夏が近づいてきて、新緑がまぶしく爽やかな風が吹いてとても気持ちがいいですし、立夏の初日は5月5日のこどもの日です。 ゴールデンウィークの時期から、・・・

二十四節気の春【穀雨-こくう】4/20~5/4頃:山が笑う!植物たちが息吹く季節!八十八夜を迎える

【清明】4/5~4/19日頃-天地が清々しさに満ちる日   二十四節気の春「穀雨-こくう」4/20~5/4頃 穀雨とは「百穀を潤す春雨」のことです。 穀物を育てるために降る雨と言われ、命を育む雨を敬って呼ばれた・・・

二十四節気の春【清明-せいめい】4/5~4/19日頃天地が清々しさに満ちる日

二十四節気【春分】3/21~4/4日頃 二十四節気の春「清明」天地が清々しく感じられる日 日本列島が桜の花に包まれていて、1年の中でも華やいでいる季節。 日本人の心の琴線をもっとも刺激する美しさ…と言われていてます。 曇・・・

春の摂理を利用したデトックス食事法で1ヶ月5kgやせた!そのダイエット法!二十四節気【春分】3/21~4/4日頃

啓蟄 3/6~21日頃 春分の日の意味とお彼岸について 太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜の時間がほぼ等しくなる季節です。 春を迎え、桜が満開になるこの季節、秋に南方へ帰ったツバメも飛来して、きれいな花のまわりにはモン・・・

二十四節気【啓蟄】3/6~21日頃に気をつけること!体を整える生活と食べ物

雨水 2/19~3/4日頃 二十四節気【啓蟄】3/6~21日頃 春が始まって、大地が温まり、寒さで冬ごもりをしていた動物や虫たちが目覚め、地中からはい出てきます。 福寿草など力強く芽を出し、南国からたんぽぽの開花がはじま・・・

二十四節気の春【雨水-うすい】2/19~3/4日頃に気をつける体を整える生活と食べ物とは

二十四節気【立春】2/4~18日頃 二十四節気の春【雨水-うすい】2/19~3/4日頃 寒気が緩んで、降る雪が雨となって、積もった雪が水になることから、空からの便りが春を感じさせてくれるようになります。 春一番が吹く頃で・・・

二十四節気【立春】2/4~18日頃に気をつける体を整える生活と食べ物とは

  二十四節気【立春】2/4~18日頃 春が始まり、旧暦ではこの季節から新年が始まります。 立春を過ぎてから最初に吹く南よりの強い風のことを「春一番」といい、まだ寒いと肌で感じていても、大地ではエネルギーを放し・・・

春の過ごし方で1年の健康が決まる!3つの養性の基本と食べ物「二十四節気の春」

春の過ごし方で1年の健康が決まる!身体の目覚めを促進させる季節 寒いと思いがちな2月初旬でも、自然界ではもう春が訪れています。 春になると大地や木の幹から新芽が萌え出て、冬眠していた動物たちが目覚めるように、春は「目覚め・・・

あけましておめでとうございます。TOMOIKUより感謝を込めて…

  今年はブログ運営3年目に突入します。 運営2年間、読んでくださる皆さんに支えられ、手探りで進んだ大変な年月でした。 こうして皆さんと一緒に新しい年を迎えることができ、心より感謝いたします。 私は、本当に幸せ・・・

皆さんに支えられた1年…感謝!ありがとうございます。

今日は大晦日ですね。 毎年願う「良い年でありますように…」それは皆さん同じだと思います。 人は「健康」であることを当たり前に思い、近くにいる人達の存在が当たり前になっていく… 様々なことが当たり前になっていくことで、足元・・・

【師走】お正月の準備!正月飾りルールと大晦日の年越しそば・除夜の鐘・開運おせち料理の意味

12月22日の冬至が過ぎたら、大掃除で家をキレイにして、お正月飾りやおせちの準備をはじめます。 クリスマスと重なって忙しい日々になりますね。   お正月の準備は「歳の市」だった時代からネット購入へ? &nbsp・・・

【師走】12月は忘年会シーズン!あったかい旬のモノを食べて健康に気をつける!丁寧な暮らし!

師走の二十四節気:7日は「大雪」本格的な冬の到来!22日「冬至」1年で昼が最も短い 師走しわすは1年の最後の月で、普段落ち着いている先生(師)が走り回るほど忙しい月ということで、「師走しわす」と言われていたことが一般的で・・・

【霜月】11月7日立冬から本格的な冬!お風呂「七病を除き七福を得る」健康法と旬のモノを食べる!

朝霧が降りる「霜降月しもふりづき」が略されて、霜月しもつきになりました。 神無月に出雲大社に集まった神様たちがもとのばしょに帰るため「神帰月かみきづき」とも言われています。 立冬11月7日本格的な冬の到来!「小春日和」銀・・・

1 / 3123
サブコンテンツ