「丁寧な暮らし」の記事一覧

【文月】ていねいに暮らす-7月の旬の食材は「熱中症」と「夏バテ」対策

  イベントが多い7月の旬の食材は体に活力と労り薬膳を! 七夕に短冊を飾ったり、詩歌を献じる風習にちなんで「文月-ふみづき」と呼ばれるようになりました。 7月7日は古代ロマンの「七夕」では笹に色とりどりの短冊に・・・

【水無月】ていねいに暮らす-6月の旬の食材には胃を休め利用作用のある薬膳を!

6月の旬の食材には胃を休めて体を丁寧に扱う薬膳を! 日本の四季を感じる歳時から伝えている多くのことを大切にして、丁寧な暮らしをしていきたいですね。 6月に入ると「梅雨」の影響で食欲が落ちたり、食べると胸やけするなどの症状・・・

備長炭や竹炭の効果を実験!結果は想像よりスゴかった!非常時にも活用して!

備長炭や竹炭の効果を知るために実験! 日本の四季を感じる歳時から伝えている昔からの多くのことを大切にして、丁寧な暮らしをしていきたいですね。 私は生活の中で備長炭や竹炭を10箇所以上で使用しています。 「何にいいの?」と・・・

【水無月】ていねいに暮らす-6月1日は「氷の朔日-こおりのついたち」と「衣替え」の日

ていねいに暮らす-6月1日は昔から生活の節目-氷の朔日と衣替え 旧暦の6月は酷暑の最中で、水も枯れ尽きる様子から「水無月-みなづき」と呼ばれていました。 現代のようにエアコンがない時代、昔の人は工夫がつまっている生活をし・・・

カビ・ダニ・菌や食中毒!3つの原則・6つの注意事項

梅雨の時期を迎え清潔に気をつける!3つの原則・6つの注意事項 6月梅雨の季節がやってきましたね。 スッキリしない空を見ていると気分が滅入ってしまいそうになりますが、道端のあじさいが雨の雫で輝いているといい感じ♪…なんて思・・・

桜餅は手づくり!長命寺vs道明寺?葉を食べるvs食べない?

四季を表す和菓子-春を感じる桜餅 四季がある日本では季節を大切にする習慣があり、和菓子は季節を感じさせるものがとても多いです。 和菓子は洋菓子よりカロリーが低めなものが多く、餡は豆からできているので栄養もあることから、甘・・・

【立夏】体と部屋も夏を迎える準備で心をリフレッシュ!梅雨の体調不良は薬膳で!

立夏から夏に向けて自然に触れ心と体をリフレッシュする丁寧な暮らし 5月の5~6日頃は二十四節氣のひとつ「立夏」で、この頃から歴の上では夏になります。 二十四節気では立夏→小満→芒種→夏至→小暑→大暑 までが「夏」としてい・・・

晴れ「ハレの日」と褻「ケの日」と歳時記を生活軸に丁寧な暮らし

歳時記を生活軸に丁寧な暮らしで生活を彩る 歳時記(さいじき)は、「歳事記」とも書き、 1年の折々の自然・人事などを記した書物で、四季の事物や年中行事などをまとめたものです。 江戸時代以降の日本では主として俳句の季語を集め・・・

【皐月】ていねいに暮らす-5月の旬の食材には心を整える薬膳を!

5月病に注意!心のアンバランスを整える薬膳 自分は「5月病」は関係ない!…と思っていても、人は生きている限りイライラしたり不安で落ち込んで急に悲しくなったり、体が動かずクタクタで何もやる気が起きない…など、毎日様々なスト・・・

ていねいに暮らす-八十八夜!日本茶の美味しい淹れ方と茶殻の有効活用

日本茶を季節を感じながらいただきましょう 「夏も近づく八十八夜…」と茶摘みを歌った唱歌の影響もあり、多くの人が知っているのではないでしょうか。 実際には茶産地の温暖差によって茶摘みの時期は異なりますが、立春から数えて88・・・

【皐月】ていねいに暮らす-5月病に気をつけて!薬膳の力

皐月-さつきは体調を崩しやすい5月!薬膳の力を! 5月は大地の力強さや美しさを感じ、新緑が太陽の光でキラキラ輝き、ツツジが満開を迎え、桜の上を見上げる視線から、街と同化しているかのように緑とピンクの美しい景色が道行く人々・・・

【卯月】ていねいに暮らす-4月の旬の食材には肝機能アップでストレスに強くなろう!

4月の旬の食材は肝機能アップでストレスに強くなる薬膳の力を! 春は、自然界に新しい命の芽が出たり、すべてのものがのびやかに成長する季節です。 桜が咲くということは気温差も人間の体は感知しているので、春の訪れとともに体は活・・・

【卯月】ていねいに暮らす-4月は自然界の生命力がみなぎる!散歩をしよう!

ていねいに暮らす」ことは、美しい四季、それらを彩る行事をちょっとだけ心の中に置いて、 自分や家族、愛する人を大切にする暮らしが原点です。 ていねいに暮らす4月のくらし「自然界の生命力をいっぱい体に取り入れよう!」 4月は・・・

【弥生】ていねいに暮らす-3月「春分の日」先人の知恵とご先祖様に感謝の気持ちを!

自然の摂理に従った暮らしは先人が残してくれた知恵は宝物 吹く風も次第に心地よくなってくる、3月17日頃は「彼岸の入り」。 3月20日は「春分の日」です。 私達の祖先は春に種を蒔いて、秋には収穫の感謝を神様やご先祖様に捧げ・・・

【弥生】啓蟄(けいちつ)虫が冬眠から目覚め活動を始める頃!

「啓蟄-けいちつ」は自然の目覚め!活動を始める 「啓蟄-けいちつ」は自然世界で「おはよう~」と挨拶する頃、二十四節気のひとつで、なかなか使う言葉ではありませんね。 「啓」とはひらく。「蟄」は冬の間地中に虫が閉じこもってい・・・

【弥生】ていねいに暮らす-3月のくらしは旬の食材で心と体に活力を!

ていねいに暮らす」ことは、美しい四季、それらを彩る行事をちょっとだけ心の中に置いて、 自分や家族、愛する人を大切にする暮らしが原点です。 ていねいに暮らす3月のくらし「春は体も社会もスタートの季節」 自然界では木の芽は芽・・・

【春の養生法】春の過ごし方!心と体の大掃除は3つ注意と3つの対処法

春の養生法の基本は体の大掃除 梅の花が咲きはじめると、もう春ですね。 四季がはっきりしている日本では、春には春の養生法があります。 人は心と体が健康であれば、小さな幸せを感じられます。 心と体の調子が悪いと季節の変わり目・・・

3月3日雛祭りの由来!ひな祭りの食べ物は「親の愛情が込められた伝統的なお祝い料理」

もうすぐ3月3日「ひな祭り」♪ 私にとってお正月の次に忙しい日でもあります。 数年前まで、主人と息子2人の男3人と女(一応)ひとりだったので、お祝いもしないで過ごしてきた年月。 今はお嫁さんふたりと孫・私に愛犬若葉で女5・・・

【鰹節-かつおぶし】UMAMI-旨味が日本発トレンドに!「日本人の旨み味覚」未来に託す!

鰹節-かつお節は世界に発信する日本発トレンド!災害時の保存食に? 私が子供の頃、朝起きると朝食作りのお手伝いで、鰹節削りが義務かのようにさせられていたので、良い印象がなかったのですが、今になって懐かしく、あのおいしい「か・・・

【落雁-らくがん】“日本三銘菓”伝統の和三盆お菓子が可愛い!四季折々のお祝いに添えて…。

  最近、家庭の中でお抹茶をたてるのが習慣になって、茶席菓子を調べることが多くなりました。 茶席菓子である供物で定番の「落雁」は、“打ちもの”と呼ばれて干菓子を代表する伝統的な和菓子の一種です。 古代的な型から・・・

【如月】ていねいに暮らす-「初午の日」お稲荷さんを参拝!いなり寿司を食べよう!

  初午の日(はつうまのひ)って何? 立春のあとの最初の午の日を「初午」(はつうま)と言います。 和銅四年(711年)2月の初午の日、京都の伏見稲荷大社に宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)が降臨されたとして、・・・

【如月】ていねいに暮らす-「建国記念の日」原点を酌み取る日

昭和41年に復活した日本国民の願い「建国記念の日」 2月11日は「建国記念の日」です。 「建国記念の日」は、「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966(昭和41)年に定められました。 「古事記」では初代の天皇・・・

【如月】ていねいに暮らす-2月のくらし「針供養」で大和撫子魂を学ぶ

裁縫が好きな方はご存知の方が多いと思いますが、2月8日は「針供養」の日です。 私はミシン作業やパッチワーク・刺し子・人形つくりなど、大好きです(^^♪ 独身の時は「針」に関わるデザインの仕事をして、子供を出産後数年間、文・・・

【如月】ていねいに暮らす-「立春」春を感じる風と初音

「ていねいに暮らす」ことは、自分や家族、愛する人を大切にすることが原点です。 そして、美しい四季、それらを彩る行事をちょっとだけ心の中に置いておきませんか? 暮らしや心を豊かにしてくれるような気がします。 立春は春のはじ・・・

【立春】旧暦のお正月に想う-「春の息吹を感じる心の余裕」を持つと未来が見える

  2月4日は立春-旧暦の「お正月」 1月1日の元旦には、1年が無事に過ごせたことを感謝して、新年には様々なお願いや決意をしたりしませんか? それに対して、旧暦のお正月を意識した大々的な行事は、各家庭ですること・・・

1 / 212
サブコンテンツ