きのこ - の検索結果

  1. インフルエンザ予防で「マイタケ」が有効と研究結果!インフルエンザ予防食用きのこのレシピ!

    秋に美味しいきのこ類!きのこの旬が秋であることには、ちゃんと理由があります。風邪や花粉症にもおすすめしたい「きのこ類」は、もともと免疫力アップや繊維質が多いことから、様々な効能があります。

  2. 「きのこ」は乾燥と冷凍をすることで驚くほど栄養価がアップ!キノコは健康の万能食材!

    きのこは一手間加えるだけで、栄養価がアップする!秋の旬を楽しむひとつとして、「きのこ」があげられるのですが、栽培技術が発展し、今では年間通してリーズナブルに販売していますね。

  3. 健康に『きのこ』栄養別美容健康12部門ランキング!10種類のキノコを徹底比較!ハナビラダケが優秀!

    健康に効果的な「きのこ」は何?体に良いと言われているきのこですが、前ページでは美容とダイエットに視点をあて、ランキング別にしました。秋!これから旬を迎え、たっぷりと摂りたい食材の一つですが、きのこは通年入手できるようになっているので、継続的に健康を考えた食材にすることができます。

  4. きのこダイエット美肌「栄養別美容健康12部門ランキング!10種類のキノコを徹底比較」ハナビラタケが優秀

    健康と美容効果別・効果的「きのこ」は何?きのこと一言でいっても様々な種類があります。ここではどのきのこにしようか迷った時に、いま悩んでいる体の不調に効果的なきのこをご紹介します。

  5. 秋が旬の『きのこ』健康と美容の効果別のキノコは何?栄養の成分表から対策!

    きのこは毎日食べることで栄養効果があり、体調によって食べるきのこを考える!きのこは秋の味覚の代表として美味しいレシピの他に、お肉に代用品など美容健康に効くというレシピが目につきます。「きのこ」のアガリクスがガンに良いということで、あらゆるメーカーが商品化にしていますね。

  6. 「丹波ワイン」京都の感性が生かされた日本食に合うワイン!おすすめ

    京都人の感性が生きる「京都丹波ワイン」京都料亭で愛用京都初のワイナリー「丹波ワイン」は、和食に合うワインを創っています。京都の丹波で、京都の食文化に根ざしたワインを1979年から造り続け、質素でシンプルであっても、心の豊かさや喜びを感じる、世界唯一のワインを目指しているワイナリーです。

  7. 「養生ごはん」インフルエンザ・風邪をひかない!こじらせない予防と処方食

    身近な病気なのに、意外に知らないことが多く、毎年悩んでいる人が多い「風邪」ありがたいことに、家族全員「風邪知らず」と思うほど、喉が痛い・鼻水が出るなどが2日程度でおさまり、数十年インフルエンザにもかかっていません。

  8. 精進料理“食禅”の基本:3つのルールと五感・旬の食材について

    精進料理“食禅”の基本:心と体を整える方法が世界で注目!精進料理の基本「典座教訓てんぞきょうくん」には、現代の食事に通用することが多く書かれています。「3つの心得」である喜心きしん・老心ろうしん・大心たいしんを心がけて食事作りを考えてきます。

  9. 精進料理レシピ“煮びたし”不足気味の緑黄野菜類を取るのが簡単

    “煮浸し:煮びたし”とは?「煮浸しとは、野菜や魚を薄い出汁で煮、そのまま冷まして味を含める料理のこと」<Wikipedia>煮びたしは、「お浸し(おひたし)」または「含め煮」の一種で、茹でてから出汁をかけたのが「お浸し」で、出汁で煮ると「煮浸し」になります。

  10. 精進料理レシピ“白和え”とは…体にやさしい豆腐料理を食べる習慣

    “白和え”とは?「白和えとは、豆腐・白ごま・白味噌をすりまぜて味をつけ、こんにゃく・野菜などをあえた料理のこと<goo辞書>料理をグッと和食の食卓に感じる一品にかかせないのは「白和えしらあえ」です。

  11. 体臭予防|注意して食べるモノと食べて改善される食材!生活習慣対策

    様々な場面で身だしなみとして気になるのが体臭です。厄介なのは、本人や家族は自分や家族のニオイ慣れてしまって、臭いニオイを放していることに気が付かないことです。体臭は時間の経過と共に、ある程度のニオイは多かれ少なかれ出てくるものです。

  12. 【七色健康食事法】色で簡単にバランスよい細胞の力を高めるメニュー

    シニアになっても元気な人もいれば、早くから老け込んでしまって生活習慣病を発症してしまう人もいます。その違いはいったい何なのでしょう?健康を維持するために重要なのは、自分の細胞の力です。

  13. 細胞の力を強くする茶の食品パワーとは?色と食材の七色健康食事法

    七色健康食事法基本ページ7色食事療法で細胞力を強くしよう!健康的な食事の中で「きのこ類」はよく言われていますね。しかし、いろいろなモノを食べてこそ、きのこの栄養もアップするのです。

  14. 簡単作り置きワンプレートごはん|急な来客に10分で対応!包装用の笹の葉を利用

    急な来客に10分で対応した作り置きワンプレートごはん作り置きが冷蔵庫にあまりない土曜日に、急な来客!お昼ごはんを出してあげたい、でも、出せるモノがない…今回は作り時間がない時に作った「ワンプレートごはん」です。

  15. ワンプレートごはんのメリット&デメリット!時短向きだけど…問題あり?

    ワンプレートごはんで楽しい食事Instagramできれいでおいしそうに盛り付けをしているワンプレートをよく目にします。喫茶店のモーニングのセットなども、ワンプレートで出すところが多いのは、何と言っても洗う手間が楽で時短ができます。

  16. 主食‣主菜‣副菜の役割を確認!重要なのは何?簡単作り置きワンプレートごはん

    副菜は食事で重要ポイント「ワンプレートごはん」でバランスよく家庭内料理や外食でも、「何を食べようかな~」と、主食と主菜から考えて副菜を忘れがちになります。食べ物を多く食べるから太るということだけではなく、食事全体のバランスが悪くて太ってしまったり、逆に痩せたりする場合があります。

  17. 二十四節気の秋【霜降-そうこう】10/23~11/6頃:実りの秋は体調管理をしっかりと

    二十四節気の秋【霜降-そうこう】10/23~11/6頃秋の空は爽やかに澄み渡りきれいです。秋も末になるこの時季は、霜がおりることから、「しもふり」とも言われています。大気中の水分が冷えた地面に凍り付いたものが霜です。

  18. 二十四節気の秋【寒露-かんろ】10/8~10/22頃:体と心をリラックスさせ気温差に気をつける

    二十四節気の秋【寒露-かんろ】10/8~10/22頃寒露とは、初秋に野の草花に宿る冷たい露のことです。秋の長雨が終わって、本格的な秋が始まり、山野には紅葉が色を重ねていくきれいな季節です。そして、実りの秋とともに、人の体もようやく夏の疲れも取れてきて、食欲が出てくる頃です。

  19. 「ロカボ食」試してみたら1週間で3㎏減だった!糖質オフ食事の3つのルールとケトン体

    更年期障害で体重が増えた!ロカボ食を試して1週間で3㎏減だった私は4年前に重度更年期障害で仕事をリタイアしています。貧血などの更年期独特の症状がひどくて仕事も休んで静養していたのですが、症状は安定して元気になった頃から、体重が6㎏も増えました。いわゆる「更年期脂肪」です。

  20. 【秋の体調不良の原因-症状-対策】食養生で改善し食べ物で体を整える「養生3つの基本」

    秋は体調を整えやすい季節のはずが…秋には夏の暑さや湿気によってダメージを受けた体を癒して、体力を整えておく季節です。現代の生活は乱れてしまい、猛暑によるエアコン使用は仕方がない気候になっていまい、体調不良を感じる人が増えています。

  21. 二十四節気の秋【秋分-しゅうぶん】9/23~10/7頃:乾燥トラブルの潤い食材とレシピ4選

    二十四節気の秋【秋分-しゅうぶん】9/23~10/7頃:お彼岸毎年9月23日頃を秋分の日と定められています。「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として1948年に法律で制定されました。秋分の日は春分の日と同様、昼と夜の長さが等しくなる日で、お彼岸の中日にあたります。

  22. 老化原因の糖化「抗糖化食事法」7つの食事ルールと食べ物30品目で“老化促進物質AGE”を増やさない

    老化・病気の原因は酸化より“糖化”体を焦がすAGEとは?「老化度」チェックシートで確認!体を焦がす糖化は前頁で解説しています。チェックシートで確認して現在の自分の糖化状態を確認してくださいね。

  23. 二十四節気の秋【白露-はくろ】9/8~9/22頃:センチメンタルになる季節!

    二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃朝夕に、ほんのわずか涼しい風が吹いて、気温の差で生じた露が草の葉先に宿って、こぼれ落ちていきます。霧が多く出る時期ですが、「霧」は秋の季語。「霧」という言葉は、春は「おぼろ」「霞かすみ」と言います。

  24. キムチの乳酸菌と発酵効果に注目!しかし市販のキムチは発酵していない事実

    町のスーパーの漬物売場に行くと、日本の漬物より大きく売場面積が大きいのが“キムチ”です。おいしいですものね♪そして、発酵食品で体に良い!…って。しかし、大きなカラクリがあって、残念なことに市販のキムチでは乳酸菌効果を得ることができません。

  25. 二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃:食べ物は粘膜を潤すものでカゼに気をつける!

    二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃暑さが残っていますが、涼風がそよぎ始める季節です。台風が日本列島に来ることが多くなりますが、秋の農作物の収穫も目前で楽しみです。

  26. 夏バテ対策で効果ある食べ物おすすめ20選!熱中症予防の食材で効率よい食事

    夏バテ度チェックシート!熱中症予防の食事と食欲増進のコツを掴んで、手抜き調理を考える!夏バテと熱中症を予防する食べ物ランキング!ベスト20前記事では、食事のポイントと栄養素を考えるコツを記してきました。

  27. 二十四節気の秋【立秋-りっしゅう】8/7~8/23頃:夏野菜で乗り切り秋野菜を取り入れる

    二十四節気の秋【立秋-りっしゅう】8/7~8/23頃8月に入って“立秋”を過ぎると、まだ残暑が厳しいですが、暦の上では秋になります。蝉の声から、鈴虫の声が響き渡り、お米や木の実が収穫の時を迎えます。

ページ上部へ戻る