TOMOIKU*ブログ

カルディ数量限定ブレンドコーヒー「キリンのトート&キャニスター」

 

「ハロウィンブレンド&キャニスター缶セット」

毎年人気の「ハロウィンブレンド&キャニスター缶」セットですが、キャニスターの色はきれいなパープル。

ハロウィン限定カラーのようです。

カルディ定番の赤と黒のキャニスターは揃っているので、コーヒーのキャニスターをカルディオリジナルで揃えていきたいと思っているのですが…すべて限定商品なので、気長に発売を待つしかないようです。

定番色の赤と黒のキャニスターを使っていて、しっかり密閉ができてコーヒーの香りやおいしさを逃がさないカルディコーヒー専門店の使い勝手がいいキャニスターなのでおすすめです。

ハロウィンブレンドコーヒーは、毎年大人気でハロウィン限定の配合。

浅煎りの軽やかな味わいで、果実を感じるような酸味に、ビターキャラメルのような余韻が特徴です。

個人的意見ですけど…香りはフワッと甘い感じですが、モーニングコーヒーというより、お菓子に合うコーヒーに合うような気がします。

限定配合のコーヒーって、美味しくてまた購入したくても年間通して販売されていないのが、残念!

そしてカルディは限定商品がすぐに完売してしまうので、カルディの新商品から、目が離せなくなってしまいます。

コーヒーに限らず、料理で使用する様々な調味料や、限定ワイン…と、年間どれだけカルディで買い物をしているのか?…と思ってしまうほどヾ(^o^;)

それでも、味の冒険ができるお店なので、大好きです。

<10月3日現在ネットショップではまだ在庫がありました。>

10月1日「コーヒーの日」カルディコーヒー&バッグの限定商品

コーヒーとバッグがセットになっている、カルディ定番のセットです。

A4サイズがすっぽり入るしっかりとした持ち手のバッグは、自然あふれるコーヒーの産地をイメージしたとのこと。

キリンとコーヒーの木をモチーフにした版画調デザインとなっています。

200gのコーヒー3袋とバッグのセットで税込¥1,600はリーズナブル。

限定コーヒー「炭焼珈琲モカブレンド」と「コロンビア ウィラ アセベド地区」、カルディコーヒーファーム人気No.1コーヒー「マイルドカルディ」3点セット

■炭焼珈琲モカブレンド

モカの華やかな香りに炭焼きの風味さを加えて、深みのある味わいに仕上げられています。

ブラックはもちろん、炭焼きの風味なのでカフェオレにもおすすめ。

■コロンビア ウィラ アセベド地区

コーヒーの封を開けた時から、甘い香りがします。

アプリコットやアメリカンチェリーのようなジューシーな酸味と、キャラメルや黒糖のようなコクと甘みを持ち合わせた味わいです。

■マイルドカルディ

カルディ店頭前で試飲としてサービスしているホットのコーヒーは「マイルドカルディ」

ブラジル本来のやさしい甘さを引き出した、一番人気のブレンドコーヒーで、柔らかな口あたりと持続する甘さが楽しめます。

コーヒーって値段が高いからおいしいと感じるとは限りません。

好みもありますよね。

例えば、ネコの糞から採取した「コピルアク」

高価な豆の成立ちを聞いてしまうと、美味しいとは感じないし、実際、銘柄を知らないで飲んだ「コピルアク」は美味しいと思わなかったのです。

美味しいコーヒーを飲むにあたって大切なのは、コーヒー豆の鮮度だとコーヒー専門店では言われています。

どんなに高品質なコーヒー豆でも、鮮度が落ちれば香りが薄れてしまいます。

それは、コーヒーに限らず、どの食品も同じですね。

どのメーカー・お店がどのくらいの鮮度を保っているのかを知る術はないのですが、せめて購入し封をあけたら、早めに飲んだ方がいいのでしょうね。

秋から冬…夜が長くなりゆっくりする時間が増えてくるので、コーヒーや紅茶をゆっくりいただく時間を楽しみましょう。

カルディコーヒーファーム*ネットでお買い物!

*カルディコーヒーファーム*ネットでお買い物!

 

 




当サイトの一部の記事が、専門性を高めるために「TOMOIKU姉妹サイト」に移動している場合があります。 ご不便なことがございましたら、大変申し訳ありません。心よりお詫びいたします。




  生活を彩る 関連記事

 
   

* TOMOIKUの姉妹サイト紹介 *
 


サイトマップで情報を探せます!

一般社団法人 日本共育ライフ協会内

(合)共育生活研究所

“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフードの食事」と、“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」の講座を各地で行っています。


遊びに来てね♪

最新記事

ベルメゾンネット

Menu according to purpose




ベルメゾンネット


 

カルディコーヒーファーム

 

ページ上部へ戻る