細胞の力を強くする黒い食品パワーとは?色と食材の七色健康食事法

7色食事療法で細胞力を強くしよう!

健康のために野菜を1日300~350gを摂り、そのうち1/3は緑黄色野菜をとるように言われています。

5色の野菜を食べましょう…とよく言われていますが、色の違いはファイトケミカルの違いの、体内のどの組織でどのように健康維持に役立つのか…。

一般的な白・緑・赤・黄・茶色だけではなく、体を整えるためにも、2食をプラスします。

赤と茶に属されているものを独立させているのですが、7つに分けた方が健康的なメニューを考えられます。

追加されている色は「紫と黒」です。

今回は、その中の1色-黒色についてです。

黒い色の食品を1日1回必ず取り入れて、細胞を元気にしましょう。

黒の食品パワーの食材と働きで生活習慣病予防

黒い食品のパワーの働きから考えられるのは、生活習慣病になりにくい体づくりの働きをしてくれます。

「ブラック・フード」と呼ばれる新たな食の色で、「黒」がブームになり、健康志向も加わって定着しているようです。

ただ単に黒色にしている食品もありますが、黒の色を出すために黒い食材を混ぜ込む場合がおおく、炭も同様健康的な食材を使用することが多いのです。

食物繊維やミネラルが豊富で最も意識して摂りたい食品になっています。

「黒い食品」を意識した加工食品が多く売られるようになって、黒豆ココアとか、黒ごまをミルクで割るようなドリンク、黒い食品が自然に食べられるように工夫されているものが増えました。。

黒い食品は、大量に食べるモノではないけれど、1日1回必ず意識して食べた方がよい食べ物です。

見た目が黒く、大量に使用する食材ではありませんが、少量でもいいので食事で使うようにしましょう。

白いごはんに黒ごまをかけたり、のりご飯・わかめの味噌汁など、目立たないけれどかならず何かの料理に使う習慣が大切です。

出来上がった食事を確認するとき、黒が足りない時には、海苔や黒ゴマなどを用意しておくととても便利です。

黒の食品のパワーとは?

ではどんな食品が「黒い食材」になるのでしょう。

どんなパワーがあるのでしょう。

ほとんどの食材で、見た目が「黒い色」をしている食材であれば良いのですが、着色しているものではなく、素材そのものが「黒」であるものを選べばよいです。

  • 黒豆…全身に気力を巡らせてくれるような働きがある。
  • 黒ごま…黒ゴマには良質の油、セサミンなどのポリフェノールを含む。
  • ひじき…鉄分、カルシウムも豊富なので、貧血予防にも効果的。
  • 黒米…黒さの理由であるのがポリフェノールの「アントシアニン」
  • 黒きくらげ…胃腸を癒し、整腸作用も期待できる食材。
  • 黒酢…アミノ酸が普通の穀物酢よりも豊富
  • のり…ミネラルが豊富
  • 昆布…水溶性食物繊維が含まれており、コレステロール値を下げてくれる
  • もずく…ぬめり成分ががん抑制作用がある
  • わかめ…豊富な色素成分がガンをシャットアウト。
  • イカ墨…抗がん作用は加熱すると消失してしまうので、仕上げに使う
  • ひじき…ミネラルが豊富で、鉄分が多い   …など

特に冬に意識して食べる「黒い食材」

年間通して毎日摂取した方がよい「黒い食材」ですが、特に冬に向かい寒さのせいで気力も体力も低下して、エネルギー活動量が落ちてくる“冬”では、多めに食べるようにすすめるのが薬膳です。

黒い食材は、エネルギーを蓄えて体を調節する働きをしたり、体内の水分代謝をコントロールする重要な働きをします。

代謝が落ちる冬は、体の循環機能が落ちてしまうので、冬に弱ってしまう腎や膀胱の機能を補って、泌尿器の働きを助けて体内の水分代謝を調整をしてくれます。

SPONSORED LINK



この食材は何色?…と悩むような食材

この食材は何色?と悩むような食材もあります。

多く食べる部分の色で判断するようにします。

特に黒い食材は、皮が黒系で中が白いということもあります。

例えば「りんご」

りんごは外側が赤で内側が白なので、食べる比率の大きい内側の「白」に分類します。

しかしその考えで色を決めると、茄子も外側が黒っぽく内側が白です。

白の比率が大きいので白にする場合もあると思いますが、皮も食べて貴重な栄養があるため、「紫」にする場合があります。

わかめなどの濃い緑の場合、黒にします。

大切なのは、一度自分の基準で決めたら変えないようにしましょう。

そして、天然着色料であっても、着色している食材は除外し、嗜好品や調味料も色として加算しないでください。

白い大根と市販されているケーキの生クリームでは栄養が全くちがうので、嗜好品は避けますが、「大根餅の黒ごまあえ」など自家製のおやつなどは加算してもいいでしょう。




SPONSORED LINK

 
サブコンテンツ