TOMOIKU*ブログ

二十四節気の冬【小寒-しょうかん】1/5~19頃:新しい年の心意気と深呼吸

 

二十四節気の冬【小寒-しょうかん】1/5~19頃

冬至を過ぎて寒さがだんだんと激しくなってくる頃です。

小寒の節に入ることを「寒の入り」といって、立春までの1か月が「寒の内」です。

1月7日は「春の七草」で、すずしろ(大根)・すずな(カブ)・せり(日本原産の緑黄色野菜)・なずな(ぺんぺん草)・ごぎょう・はこべら・ほとけのざの7種類の春の草を入れておかゆをたべます。

年末年始の暴飲暴食で疲れた胃や腸に優しい食べ物とされています。

そして旧暦15日は満月で「小正月」といって、小豆粥を食べて、女性が正月の支度から一息つける頃なので、「女正月」とも呼ばれています。

お正月もお盆も、もとは先祖の供養が目的で、お正月にお墓参りをする家庭もあります。

1月15日の小正月あたりにお墓参りを行う方も多いようです。

小寒でこころがけること-新しい年の心意気と深呼吸

新しい年が過ぎ、厳粛な気持ちで迎えた新年の心意気を貫くためにも、気の充実が必要です。

冬のきれいな空気で、深呼吸をして、肺の隅々まで吸い込み、横隔膜を充分に動かしましょう。

内臓の働きも良くなって、気の生成もスムーズになります。

本格的な寒さを迎えていますが、土用に入ってきていて、腎や脾の冷えが、体全体が冷え切ってしまいます。

体を温める予防が大切な時期なのです。

空気が乾燥しているので、加湿を心がけ、風邪予防や肌のケアにも注意しましょう。

 

小寒での食事-冬に効果的な食べ物を意識する

夏でもおすすめの豚肉は冬でも体を温める食材として、効果があります。

ビタミンB群を多く含み、皮膚粘膜の強化や滋養強壮・免疫力のアップにつながるからです。

お鍋も豚肉と野菜たっぷり食べることで、ビタミンやミネラルの補給ができ、腎を強化できます。

そして漢方で「桂皮」として使われる「シナモン」は体を熱くするよう補う作用があるので、心と体を元気にしてくれます。

抗菌作用のあるハチミツといっしょにいただくと、香りを楽しんだり、ケーキにふりかけたりして甘いモノとしての補給にもなる冷え性の改善を心がけましょう。

 

冬に向けて体を整えるまとめ
■  【霜月】11月7日立冬から本格的な冬!お風呂「七病を除き七福を得る」健康法と旬のモノを食べる!
【師走】12月は忘年会シーズン!あったかい旬のモノを食べて健康に気をつける!丁寧な暮らし!
【師走】お正月の準備!正月飾りルールと大晦日の年越しそば・除夜の鐘・開運おせち料理の意味
【睦月】ていねいに暮らす-元旦「新しい1年を祝福して感謝する」しなやかに生きる
■  【睦月】ていねいに暮らす-1月のくらし「仲睦ましくする月」で「保温に気をつける月」!
【睦月】ていねいに暮らす-小寒で水に感謝!七草粥を食べて「粥有十利」を感じよう
【睦月】ていねいに暮らす-1月の行事「十日戎」「鏡開き」「小正月」の小豆粥とどんど焼き
【睦月】ていねいに暮らす-成人の日は歳を重ねても「自分の原点」を見つめ直してみよう!
【睦月】ていねいに暮らす-大寒の寒たまごは無病息災・金運アップの縁起物!
二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃:体は貯蔵の季節!必ず温めるべき部位
二十四節気の冬【小雪-しょうせつ】11/22~12/7頃:寒さが増してくる時期で体温調整に注意
二十四節気の冬【大雪-たいせつ】12/7~21頃:冷え性や風邪に注意
二十四節気の冬【冬至-とうじ】12/22~1/4頃:心と体をリセットをして心機一転!
二十四節気の冬【小寒-しょうかん】1/5~19頃:新しい年の心意気と深呼吸
二十四節気の冬【大寒-だいかん】1/20~2/3頃:スタート位置が決定される

 

 
TOMOIKU*Recipe by purpose 
<健康を意識した目的別レシピ>
   




当サイトの一部の記事が、専門性を高めるために「TOMOIKU姉妹サイト」に移動している場合があります。 ご不便なことがございましたら、大変申し訳ありません。心よりお詫びいたします。


  生活を彩る 関連記事

 
   

* TOMOIKUの姉妹サイト紹介 *
 


サイトマップで情報を探せます!

一般社団法人 日本共育ライフ協会内

(合)共育生活研究所

“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフードの食事」と、“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」の講座を各地で行っています。


遊びに来てね♪

最新記事

ベルメゾンネット

Menu according to purpose




ベルメゾンネット

私のお気に入りのお店

 

 

 

 

 



 

 

 

カルディコーヒーファーム

 

ページ上部へ戻る