TOMOIKU*ブログ

二十四節気の冬【小雪-しょうせつ】11/22~12/7頃:寒さが増してくる時期で体温調整に注意

 


二十四節気の冬【小雪-しょうせつ】11/22~12/7頃

遠い高い山に積もった雪がうっすらと見えて、冬が来たな…と感じ、北国では初雪が降りる頃。

平地ではまだ雪は降りませんが、木枯らしが吹き始めます。

寒さの戻りで、あたたかな陽ざしに包まれた陽気になる「小春日和」には、春の花が勘違いをして咲くこともあります。

秋の味覚のりんごや柿など、「木名残り-きなごり」と言って、木からすべてを収穫しないで、一つだけ残すという風習があり、来年もたくさん実がつきますように…と願ったりします。

SPONSORED LINK



小雪でこころがけること-寒さが増してくる時期

冬は外が寒いので、部屋にいることが多くなることもあり「習得本能」を満たす時期でもあります。

知識を得るために、知恵をつけることに向いていて、一生懸命勉学に励むといいです。

こたつにみかん…と定番の冬の図ですが、ゆっくり本を読んだり、空想してみたり、脳に刺激をあたえてあげることもとても大切です。

自分磨きをスタートさせるのに、もってこいの季節です。

そして、体を動かすことが減ってしまうことから、部屋の中でも軽くトレーニングができるように「骨格」を意識して鍛えるといいですよ。

骨を丈夫にしましょう。

骨は冬と関係が深く、カルシウムとビタミンCを摂るために、小魚たひじき・小松菜などを意識して食べるようにして、日光浴も意識しましょう。

黒の服装が光の吸収を促進し、肝機能を高めてくれます。

黒は自分のオーラを出しにくくするのですが、冬は自己表現ではなく、エネルギーを溜め込む時です。

小雪での食事-体温調整に注意

この時期は“湯気がごちそう!”ミネラル成分がたっぷりな鍋料理がおすすめです。

温かい料理を食べて体を温めるのが一番です。

旬の野菜はごぼう・小松菜・春菊・白菜…と、一年中出回っている野菜でも、栄養や甘みを増す時期です。

白菜は鍋には欠かせない食材で、淡白でありながら甘みがあって、胃腸の調整と消化を促進してくれます。

果物では、みかんがでまわりますが、りんごがおすすめ!

りんごは万人に良い食材で、胃腸と呼吸機能を強化し、下痢などを治す作用もある上、体に潤いを与えて、この季節の悩みである乾燥を防いで、肌をみずみずしく保ってくれます。

おやつには、クルミ!

くるみは脳の形に似ていて、似た形のものを補う作用で「似類補類」といい。能力アップや老化防止には欠かせない食材です。

1日1~2子のクルミを食べるとボケ防止になるので、おすすめです。

 

冬に向けて体を整えるまとめ
■  【霜月】11月7日立冬から本格的な冬!お風呂「七病を除き七福を得る」健康法と旬のモノを食べる!
【師走】12月は忘年会シーズン!あったかい旬のモノを食べて健康に気をつける!丁寧な暮らし!
【師走】お正月の準備!正月飾りルールと大晦日の年越しそば・除夜の鐘・開運おせち料理の意味
【睦月】ていねいに暮らす-元旦「新しい1年を祝福して感謝する」しなやかに生きる
■  【睦月】ていねいに暮らす-1月のくらし「仲睦ましくする月」で「保温に気をつける月」!
【睦月】ていねいに暮らす-小寒で水に感謝!七草粥を食べて「粥有十利」を感じよう
【睦月】ていねいに暮らす-1月の行事「十日戎」「鏡開き」「小正月」の小豆粥とどんど焼き
【睦月】ていねいに暮らす-成人の日は歳を重ねても「自分の原点」を見つめ直してみよう!
【睦月】ていねいに暮らす-大寒の寒たまごは無病息災・金運アップの縁起物!
二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃:体は貯蔵の季節!必ず温めるべき部位
二十四節気の冬【小雪-しょうせつ】11/22~12/7頃:寒さが増してくる時期で体温調整に注意
二十四節気の冬【大雪-たいせつ】12/7~21頃:冷え性や風邪に注意
二十四節気の冬【冬至-とうじ】12/22~1/4頃:心と体をリセットをして心機一転!

 

 





当サイトの一部の記事が、専門性を高めるために「TOMOIKU姉妹サイト」に移動している場合があります。 ご不便なことがございましたら、大変申し訳ありません。心よりお詫びいたします。





  生活を彩る 関連記事

 
   

* TOMOIKUの姉妹サイト紹介 *
 


サイトマップで情報を探せます!

一般社団法人 日本共育ライフ協会内

(合)共育生活研究所

“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフードの食事」と、“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」の講座を各地で行っています。


遊びに来てね♪

最新記事

ベルメゾンネット

Menu according to purpose




ベルメゾンネット




ページ上部へ戻る