二十四節気の秋【寒露-かんろ】10/8~10/22頃:体と心をリラックスさせ気温差に気をつける

二十四節気の秋【寒露-かんろ】10/8~10/22頃

寒露とは、初秋に野の草花に宿る冷たい露のことです。

秋の長雨が終わって、本格的な秋が始まり、山野には紅葉が色を重ねていくきれいな季節です。

そして、実りの秋とともに、人の体もようやく夏の疲れも取れてきて、食欲が出てくる頃です。

五穀の収穫もはじまり、伊勢神宮では天照大神に、五穀豊穣に感謝をして、米の初穂を奉るお祭り「神嘗祭かんなめさい」を行います。

農家は忙しい季節ですが、新米のお米が出荷されて、おいしいごはんが食べられます。

空気が澄んていて、秋晴れの日が多くなり、夜は月も美しく輝いて見えます。

外にでたら、澄んだ秋の空を見上げてみませんか?

心が晴れるように気持ちよく感じられるでしょう…。

体と心をリラックスさせ、気温差に気をつける

夏の疲れが取れてきた頃、体は冬の支度。

気持ちの良い秋の空の下で、スポーツがおすすめですが、なかなか運動をすることができない環境の方もいらっしゃると思います。

きれいな秋の季節を感じながら、ウォーキングや小走りのマラソンなど、散歩でも十分です。

脳内を活性化させるエンドルフィンが出ます。

体と心をリラックスさせ、ため込んだストレスが発散できます。

しかし、道路のアスファルトは、クッションが悪いので膝を痛めないように気をつける必要があります。

ダラダラ歩くのではなく、まっすぐの姿勢で、体の筋肉から内臓・骨の関節まで動かすようなイメージで、5分のだけでも十分運動になります。
そして運動後に汗をかきますが、風邪をひかないように注意しましょう。

昼が短くなって夜が長くなり、まだ気温差があるので、深まる秋に備えて、冬物の衣類などの準備をし始める時期です。

日中はとても暖かく感じても、夜には寒いことがあるので、出かける際はカーディガンなどを持ちあるき、体を冷やさないようにしましょう。

SPONSORED LINK



実りの秋を楽しむ

この時期は途中から土用に入り、体の部位ではお腹の胃腸なので、消化吸収をよくするためによく噛んで食べましょう。

乾燥している季節でもあるので、水分を多く含んだ食べ物を自然に摂ってしまうのですが、むくみに気を付けることが大切です。

新米で出回り、野菜や果物もおいしい季節になりますが、寒露の時期のサンマが美味しさのピークになります。

是非、サンマを食べてくださいね。

そして、おいしい新米と同時に、松茸などのキノコも体に栄養を与えてくれます。

今はハウス栽培が多いので、一年中販売されていますが、露地物は秋に旬を迎えるので、キノコが人の体に敏感に反応してくれるのは“秋”です。

炊き込みご飯などおいしいですね…。

果物の柿は、体を冷やしてしまいますが、炎症を抑えたり鼻炎を改善してくれます。

干し柿は甘くて体を温めも冷やしもしないので、風邪の予防・胃腸炎・空咳や美容に最適なので、秋から冬の季節の健康食になるほどの効果があります。

そして、甘くておいしい栗も出回り、体を温め体力をつけてくれます。

耳鳴り・腰痛・胃腸を強化・止血作用もあり、虚弱体質を治して生命力低下を改善するため、滋養強壮に使われています。

1年中市場に出回っているので、旬を忘れがちになりますが、にんじん・ゴボウ・れんこんなどの根野菜、里芋・ジャガイモなどの芋類、しいたけ・舞茸のようなきのこ類と、秋が旬です。

常に食べられる野菜でも、旬の季節に食べると一番おいしいと感じると思います。

そして、旬のモノを体が求めているのです。

献立を考えるとき、旬のモノを意識して食べるようにすることが、自然に免疫を高める献立になります。

実りの秋の食卓は、夏のカラフルなカラーから、秋色になってくる…。

食べ物からも季節を感じることも、健康に大切なことですね。

 

秋に向けて体を整えるまとめ
■  秋!旬の食べ物で体の冬支度!秋おすすめ食材12選とレシピ7品
【長月】9月旬の食材と季節の変わり目の秋バテを解消する方法!
【長月】第3月曜日「敬老の日」は感謝!9月9日「重陽の節句」菊の花で不老長寿を願う
【神無月】秋は旬の食べ物とスポーツで体を整え、秋の七草・読書などで心を整える!
■  秋の風物詩「中秋の名月-十五夜」月の満ち欠けの月の名前と手作り団子-ていねいに暮らす
二十四節気の秋【立秋-りっしゅう】8/7~8/23頃:夏野菜で乗り切り秋野菜を取り入れる
二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃:食べ物は呼吸器を潤し風邪予防を!
二十四節気の秋【白露-はくろ】9/8~9/22頃:憂鬱気分(うつ病)メカニズム改善法と粘膜強化の風邪予防!
二十四節気の秋【秋分-しゅうぶん】9/23~10/7頃:乾燥トラブルの潤い食材とレシピ4選
二十四節気の秋【寒露-かんろ】10/8~10/22頃:体と心をリラックスさせ気温差に気をつける

 




SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ