「今日からだれでも、片付け上手」原田さよ著…ダメな自分を丸ごと受け入れる

片付けができない自分へのイライラ…「ダメな自分を丸ごと受け入れる」

多くの整理整頓の書籍が出版されている中、具体的な片付けのバイブルはありますが、片付けを実行するまでの心の葛藤を、こんなにやさしい気持ちで綴られている原田さよさんの書籍は、読み終わったあと、心がホッとします。

多くのブログできれいに片付いて、モデルハウスのようなお部屋は多くみられますが、人間そのもの…の優しさにあふれているのを感じる本でした。

「片付けをしたほうがいい…」と頭でわかっていても、自分の奥に眠っている何かの言い訳が、その一歩を邪魔をしたりします。

そんな気持ちを、原田さよさんは「ダメな自分を丸ごと受け入れる」と表現しています。

そうなんです!完璧に何かをこなしている方がそばにいると、自分はダメな人間なのではないだろうか…

どうして、私にはできないのだろうか…

どうして、私はモノを捨てられない…そして、大切にできないのだろうか…

自分を責め続けることになってきます。

原田さよさんは…

人と比べないでいることは、とても難しい

でも、比べている自分を認めて受け入れる

無理に自分の感情を抑え込むより、方向をちょっと変える

…と、簡単にシンプルな部屋に住むための、第一歩である「片付け」を、苦痛に感じている方へのメッセージとして、自分なりのやり方ではじめる・とにかくはじめてみる…と綴っています。

はじめの一歩を踏み出せない方には、勇気をいただける書籍です。

片づいた暮らしを望みつつ、何度も挫折を繰り返してきた方々にぜひ読んでいただきたい一冊です。

SPONSORED LINK



残すと決めたモノ…「心の余白」

読んでいくと、5章で「人生をシンプルにする5つの考え方」と、原田さよさんの考え方が綴られています。

その中で、モノは捨てて片づけるという書籍が多い中で、“残すモノ”について書かれています。

原田さよさんが、捨てながら片づけている中、“残すモノ”を選んでいる時のことです。

“余白”に書かれている小さなエピソードが書かれている家計簿や、小学生の頃の先生との往復日記を、「だれかと関わりながら生きてこられた」ということで、捨てないで残しています。

私…とっても素敵なことだと思うんです。

私は、モノゴトの余白には、宝物が埋まっていると思っていて、その小さな余白を大切にする人は、人を大切にできる人だと、ビジネス上でも確信しているのです。

私はTOMOIKU-経営者が思う21世紀のブログで“余白”について、だいぶ前に記事で書いたことがことがあります。

…自分を含む周りの人達が幸せを感じれるような生き方って、自分磨きが基本なんです。

自分磨きは「心の余白」がないとなかなかできません。

ちょっとの心の余白で立ち止まって心を静めることで

巡り巡って…運が好転していくものだと思います。…

TOMOIKU 共育-経営者が思う21世紀「心の余白を大切に!類は友を呼び、豊かな心とシンプルな暮らしで幸運を呼ぶ!

…と書いています。

その余白には“人との温かい人間関係”が含まれていて、最終的に私はその“余白”を大切にしたいと思っています。

他人からすると、片づけて捨てるべき古いノートなのかもしれません…でも、本人にとっては歴史であり大切にしている宝物なんです。

私も、原田さよさんのような、整理整頓を心がけていきたい…と、しみじみ感じた本でした。

もちろん、具体的な整理整頓の方法や、アイディアが詰まっている本です。

でも、何かをしようと思うとき、作者本人に惚れこみ共感しないと疑問の気持ちを持ち続けたままで、結局、元の木阿弥。

センスや道具にお金がかかるという言い訳はいらない。

片付けも、心が動くかどうか…なのだと思うのです。

 

とてもあたたかいモノに触れることができたような…

そんな気持ちで読み終えることができました。

 

そして、モノが多いお宅で、心地よかったことから、とても素敵な結論があります。

このような導き方も、原田さよさんらしいなぁ…と感じました。

本当はブログで書いちゃいたいのですが…笑

はやり、書籍をコピーできないので、よろしければご購入ください。

 

私が原田さよさんのブログを拝見するようになって、まだ、数か月しか経っていません。

Twitterの友達のリツイートで、とても素敵な記事を書いている方なだぁ…と思って、ブログを拝見するようになりました。

年齢が近いこともあると思いますが、片付けだけではなく、多くの女性が持ち抱えている悩みや心の葛藤など、共感できることが多いのではないでしょうか。

「今日からだれでも、片付け上手」おすすめの書籍です。

 

原田さよさんのHP:「さよのシンプルライフブログ

Twitter:https://twitter.com/sayoslife




SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ