人生100年時代が到来!終活サイトを作った想いと紹介

TOMOIKUのサイトで、私が重度更年期障害から、自分で設立した会社の経営権を渡したことを書いていました。

元気になれば、また動きたくなるのが私でありまして…。

子育てが終わり子どもたちも30歳を過ぎた社会人になって、私はもう人生折返し人生を歩んでいます。

第二の人生を「二毛作」として、綴っていくことにしました。

終活という名の人生設計

今思えば、24歳での会社設立は無謀とも言える行動だったのかもしれません。

当時は計画を練り、社会を知っているつもりでしたが、知らないからこそ飛び込めた世界だったのかもしれません。

35年間がむしゃらに生きてきました。

若い時は、必死な想いで乗り越えられますが、緊急搬送されるような体験をしていると、責任をどこまでとれるかという社会的リスクを考えて、行動するようになりました。

現在も仕事は続けていますが、自分ペースでできるようになっていますし、そのようにスケジュールをたてるようにしています。

何かをしようと計画をたてていると、知らず知らず「終活」をしていました。

ラジオや雑誌で「終活!」「終活!」と、騒いているときには何も興味がなかったですし、「終活」をしようとも思っていませんでした。

しかし、事業計画や他の段取りを考えた時、終活をしていたことになります。

若い時と計画の立て方が違いました。

終活という名の人生設計は、段取りがしやすかったので、当サイトで記事にしようかと思ったのですが、ロハスな健康生活ととてもかけ離れたお話になるので、別サイトにしました。

当サイトは私にとってメインで綴っている大切なブログです。

いままで通り、健康な生活の情報をお届けしていきます。

 

「終活の先にある未来!TOMOIKU」では、終活を未来に繋げてほしい気持ちを綴っています。

終活ライフケアとしてプランナーの資格を得たので、もともと取得しているAFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)として、財産などのアドバイスを終活視点で記事を増やしていきます。

どうやって人生100年時代を生きていくか…いっしょに考えていきませんか?

そんなおじいちゃん・おばあちゃんになっても、皆様とお付き合いができましたら、幸いです。

もしよろしかったら、読んでみてください。

「終活の先にある未来!TOMOIKU」




SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ