ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。



二十四節気の春【穀雨-こくう】4/20~5/4頃:山が笑う!植物たちが息吹く季節!八十八夜を迎える

【清明】4/5~4/19日頃-天地が清々しさに満ちる日

 

二十四節気の春「穀雨-こくう」4/20~5/4頃

穀雨とは「百穀を潤す春雨」のことです。

穀物を育てるために降る雨と言われ、命を育む雨を敬って呼ばれた言葉。

しっとりした雨の潤いで田畑の土は黒くなり、穀物もどんどん成長する季節です。

農耕民族である私たち日本人の先祖は、この時期に田植えの準備に取り掛かっていました。

私も、孫と夏野菜の種を植えて、穀雨の話をしました。

孫は桜が散ってしまったので、春が終わってしまったような気持ちになっていました。

雨は通勤通学・洗濯物が乾かない…と気持ちが憂鬱になりがちですが、花はこれからも美しく輝き、食物の実りに必要な命の水が降ってきていると考え、温暖化による水害はないことを祈りますが、恵みの雨には感謝をすることを、孫に話しました。

植物たちが息吹く季節は「山が笑う」

穀物の種を植えた大地や山に雨が降り注ぎ、自然界の植物たちが息吹き、山は緑一色に染められます。

冬の茶色系だった山が、木々や草木が育つことで、山の景色が変わることを「山が笑う」と言います。

最近、孫が「山が笑っているね!」と言うようになりました。

そして、穀雨の七十二候・末候は「牡丹華咲く(ぼたんはなさく)」と言います。

美しい女性を表現する言葉に“立てば芍薬(しゃくやく)、座れば牡丹(ぼたん)、歩く姿は百合の花(ゆりのはな)”と言います。

牡丹の花が、一輪だけでも艶やかで人の目を引き付ける花ですね。

この季節、外は雨が降り初めて気持ちがダウンすることもあるので、リビングなどに季節の花として一輪咲かせてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK



夏も近づく八十八夜

 

穀雨後半から降水量が多くなり、立春から数えて八十八日目の5月1日頃に八十八夜を迎えます。

“♪~夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る。あれに見えるは茶摘みじゃないか♪~”と歌われるように、茶摘みの時期の目安にされてきました。

歳時記を調べていくと、神事の多くが稲作に関係していて、日本人にとって「お米」は単なる食べ物を超えた特別な存在で、「米」という漢字も八・十・八と分解された文字になっています。

八十八夜に摘み取られたお茶は、不老長寿の縁起物として大切にされてきました。

新茶には瑞々しい若葉の“氣”があり、美しい緑色は再生を表し、若さや健康を甦らせる氣で溢れているのです。

そして、飲み終えたお茶の葉はガーゼに包んで、湯船に浮かべることで、爽やかな香りに加え殺菌効果も期待できるとされ、季節と仲良く付き合っていくことで、体も心も氣を高めていったのです。

旬の食材を生かした食卓

 

旬には、人間がその時期に必要な栄養が豊富に含まれているので、1食1品加えるて食べることをおすすめします。

わらび・たらの芽・せり・うど・ぜんまい・たけのこなどの山菜や、あさつき・新キャベツ・グリンピース・さやえんどう・クレソン・じゃがいも・にんにくなどの野菜。

真鯛・トビウオ・アサリ・はまぐりなどの魚介類も美味しい季節です。

ゆったりした気持ちで、旬を思いっきり味わいましょう。

夏に向けて体を整え、楽しい季節を過ごせるように心も体もリフレッシュすることを心がけ、楽しい“夏”に向けて、準備する期間です。

 

二十四節気の春の関連記事

次は「夏」になります。




SPONSORED LINK


サブコンテンツ