ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。



◯◯が食べたいという体内SOSサイン“クレービング”と解決法!女性が長寿の理由?

 

〇〇が食べたい!を解決できる女性が長寿の理由

今日の夕飯は何にしよう…と、台所を預かる人は毎日考えなければなりません。

そんな時、自分の食べたいモノをつくることが多くありませんか?

そのメニューの内容は、雑誌をみたり、TVを観てて美味しそうに感じて食べたくなったり…

そう感じたら、手元にあるお菓子で済ましてみたり、急にマクドナルドのポテトと食べたり…

食べたいものには様々な理由があると思います。

しかし何かに影響を受けて食べたくなったのではなく「無性に◯◯が食べたい!」と思うことがあると思います。

それは、体の叫び!体が欲しているんです。

クレービング頻度が多い場合は、不健康サインです。

クレービングとは、急に◯◯が無性に食べたくなる現象のことをいいます。

 

疲れていたり、ストレスが溜まっていると、栄養不足で急に食べたくなるのです。

体型に蓄積されたものを維持しようとして、体が欲する過剰要求もあります。

太ってしまった人が、食べ物で調整しようと思っても、なかなか痩せることができないのは、現在の自分の体を維持しようという本能が働いて、食べ物でも太りやすいモノで、量を欲してしまうのです。

そして、栄養不足と危険サインの食べたい物の料理ができる立場にある人は、自分の本能が欲するものを食べることができますが、その食卓と共に過ごしている人達にとっては不要な栄養なのかもしれません。

 

現代では、男性も調理場に立つことがあると思いますが、今まではほとんどが女性が食事の支度をすることが多いため、「食べ物の献立」に関しては、女性有利の立場でした。

女性が男性よりも長寿になっているひとつの要因とまで言われています。

食卓を囲む人たちは、どうしても食べたいものがあったら、調理をする人にリクエストをした方が、外でカロリーが高いものを食べるよりは健康的な食事を摂ることができると思います。

「◯◯が食べたい!」と、体が欲する食材にはちゃんとメカニズムの理由があります。

SPONSORED LINK



 

クレービングで体内SOSサインの疲労度チェック

とにかく甘いものが食べたい!

とにかく塩っぱいものが食べたい!

その原因に対して対処法があります。

様々な原因がありますが、現代人はストレスも大きな要因です。

そのストレス源にからだが対応しようと、体を一定の状態に保つためにホルモンを分泌しています。

その「抗ストレスホルモン」を分泌して、わたしたちのからだを守る「副腎」は疲れていませんか?

その副腎のチェックのTOMOIKUの過去記事がありますので、チェックしてみてください。

副腎疲労チェック!:急に食べたくなる甘いモノと塩っぱいモノ!クレービングの原因?心も体もSOS!

 

クレービング現象が出たらどうする?

急に甘いものが食べたい!と思ったとき、人は簡単にソレを食べようとします。

だいたい手軽なものを選ぼうとするので、不健康になりやすいものが多く、太る要因のある食べ物を選んでしまいます。

たとえば、揚げものが食べたいと思った時、ジャンクフードを選択してしまいがちですが、カルシウム不足が原因なので、油モノを食べるのではなくブロッコリーや納豆などのカリウムの多い食品を選ぶのです。

そのように、食べるモノの選択を間違えてしまうと、体内脂肪や体型でも太ってしまうことが多いのです。

 

塩っぱいものが食べたい!と思った時、私はポテトチップや塩せんべいが食べたくなります。

でも、それはミネラル不足で、カリウム・ナトリウム・カルシウムを摂取しなければならないので、海藻類を食べるようにするべきで、ポテトチップの油とジャガイモや、塩せんべいの油と米の原材料が不要です。

結局、ラクをして食べたいものを摂ろうとすると、太る原因で体内にも良いことがありません。

体が欲しているときこそ、ちゃんと食事でカバーしないといけないのです。

女性が月経前にチョコレートが食べたくなるのはマグネシウム不足で、その栄養をきちんと摂取しないでいると、辛い月経となります。

カレーライスが急に食べたくなったら、体の免疫力が弱まっていて体力不足になっているので、クルクミン不足なのです。

カレーライスは、香辛料も含め野菜や肉も摂取できるので、体の求めるまま摂取していいと思いますが、既成品のルーを使用するよりも、カレー粉を使用したカレーを食べることをおすすめします。

このように食べたいもので、対策があります。

TOMOIKUの記事でまとめてありますので、合わせてお読みいただくと、代替できる食材がわかります。
食品別解決法・急に食べたくなるもの?甘い辛い脂っこいなどの食べものを体が求める訳?

従来人間は、自分の体の欲するものや自然治癒能力があったのですが、現代になって様々な便利なモノが多いために、体が求める食べ物に辿り着くことができなくなっています。

でも、それは、長い人生で健康を左右することでもあるのです。

調理をする人は、家族に食べたいものを質問することで家族の体調がわかり、対応させた料理を作って健康に導いてあげられます。

現代は、ひとつの野菜や海藻など、20年前よりも栄養が半分になっているものもあり、食材自体の栄養価が下がっているのが現実です。

効率よく食材を摂取しなければ、この飽食の時代に栄養不足もあるのです。

子供の食卓を預かっている方にとっては、献立の組み立てをひと昔前より真剣に考えなければ、太っているのに栄養不足という大人になってしまいます。

何が食べたいのか?…

そのことだけでも、健康管理ができるので、心がけてみてくださいね。




SPONSORED LINK


  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ