【ルピシア-LUPICIA】春限定!桜のお茶の風味とパッケージが魅力!ホワイトデーのお返し・お礼や挨拶ギフト

桜のお茶を粋に楽しみ、春の一服で春を感じる

満開の桜の下で深呼吸をしたような、贅沢な春の香りを楽しめる「桜のお茶」

“ルピシア-LUPICIA”での普段の紅茶は通販で購入することが多いのですが、毎年、春になると必ず店頭に見に行くお店のひとつが「ルピシア-LUPICIA」

春の雛祭りの食材などの準備のために、百貨店に行くときに必ず立ち寄るお店です。

今日午前中に久しぶりに“ルピシア-LUPICIA”に行ってきました。

お茶の専門店でおいしい!何と言っても、パッケージがかわいい!

 

ルピシア-LUPICIAのパッケージの魅力

 

今年の“ルピシア-LUPICIA”のテーマは色とりどりの「桜の紋」

江戸時代に流行った紙あそびの「紋切り」からヒントを得て桜のパッケージに描かれ、春の喜びがデザインされています。

もともと紋は平安時代から貴族や武士が家柄や地位を表すために用いていたのもですが、江戸時代になって庶民に広がって自由な発想でたくさんの紋ができたのです。

花や植物などが多い紋切り…江戸時代の人たちは遊びの中でも、自然を楽しむ…表現することを楽しんでいたのですね。

その江戸の風情に思いを馳せながら、桜のお茶のひとときを楽しんでみませんか?

SPONSORED LINK



 

お茶が好きな方の本物の桜葉が香る紅茶

 

「桜の紅茶」は桜餅を思わせる葉の甘い香りがして、和菓子にも合いそうな優しい塩味も感じる、すごく春らしい紅茶でした。

「桜の緑茶」は、私が好きなのを知っている方々からの頂き物があるので、今回は購入しませんでしたので、“ルピシア-LUPICIA”の桜の緑茶は今年飲んでいません。

でも、毎年美味しいので、間違いない風味だと思います。

フルーティな紅茶として「サクラ&ベリー」は、桜の葉をブレンドされた香りが高い紅茶に、イチゴの甘い香りを添えてバラの花びらをトッピングされている優しい風味がします。

 

上質な桜茶は、凛とした風味

大人のお茶専門店より、こだわりの茶葉を贅沢にしようした、特別な桜のお茶「サクラプレミアム」と「サクラ・ヴェール プレミアム」は目上の方へのギフトとして、喜ばれると思います。

そして、数少ない限定品です。

江戸時代初頭の「鍋島焼(色鍋島)」をイメージし、技と美が極致まで追求された鍋島文様は、上質感を表現し落ち着いた品格を感じさせます。

 

「サクラプレミアム」は、上質なダージリン紅茶に国産の桜の花びらと葉をブレンドされていて、繊細な紅茶と優しい桜の香りでも、特に“ルピシア-LUPICIA”では醸し出してくれます。

「サクラ・ヴェール プレミアム」は玉緑茶の上質でまろやかな甘みと、国産桜葉の爽やかで凛とした香りが調和しています。

 

デカフェ紅茶!ノンカフェイン「さくらルイボスティー」とローカフェインのお茶

茶葉に含まれるカフェインを抜いた紅茶を「デカフェ紅茶」と言います。

“ルピシア-LUPICIA”の技術は風味をなくさない安全な抽出法なので、おすすめです。

妊婦さんやカフェインを避けている方には、カフェイン成分が除去されているデカフェ紅茶か、もともとカフェインがないノンカフェイン紅茶がいいですね。

何でも大人と同じようなものを食べたり飲んだりしてみたい孫には、“ルピシア-LUPICIA”の「サクラルイボス」にしてあげました。

ラズベリーやチェリーの香りが、いつも飲んでいるルイボスティーから香るので、とても喜んで飲んでいます。

「スリジエ」はフランス語で“桜”のことで、チェリーやピーチの甘酸っぱい香りがして、女性に人気があるタイプの風味でした。

 

 

ティーパックのギフト

ティポットで紅茶をいれるのが手間と感じる方や、ひとりで気軽にいただきたい方などには、ティーバッグが人気です。

いろいろなお茶を少しずつ楽しみたい方やギフトにはいいですね。

そしてかわいい缶に入っているギフトとワンバックになって詰め合わせになっているのも、ギフトにしやすいひとつの条件です。

日本人は古来「包む文化」を大切にしてきて、風呂敷などに包んで贈り物を持参していました。

関連記事:風呂敷でラッピングをして喜ばれる使い方!切手の日本伝統色と伝統文様について

贈る相手へのおもてなしの心と言われています。

ひとつひとつのパッケージにきれいな和を刻み込んでいるティーバックと、ギフトBOXなどにはきめ細かい気づかいは、いただいた相手の心を和ませてくれます。

小さななギフトとして、和紙で作られた小さな巾着袋に、桜のお茶3種ち紅茶が3種入っているティーバックはホワイトデーなどのお返しにおすすめできます。

 

春限定!お茶のお供に桜のお菓子たち

美味しいお茶の時間には、美味しいお菓子がほしくなります。

今回私が購入したのは、毎年人気の塩漬けの桜の葉を細かく刻んで練り込んである「ロンポワン 桜」

さっくりした歯触りとほんのりとした塩味で甘すぎないので、私も大好きです。

必ず購入して、お嫁さんとゆっくり休憩するとき、桜の緑茶といっしょに楽しんでいます。

 

もう一つ購入したのが、いちごと桜の葉が甘く紅茶「サクラ&ベリー」の茶葉を漬け込んでできあがっているはちみつです。

ほわ~んとはちみつから香るはちみつが、とても上品でプレーンのパウンドケーキの生クリームに添えたりしています。

 

“ルピシア-LUPICIA”のお菓子は、甘すぎずほんのり甘い。

桜の塩が加わって、大人のお菓子です。

 

春の転勤などのお礼や挨拶!ホワイトデーのお返しのギフト

桜の季節は新年度と重なることもあって、“ルピシア-LUPICIA”はギフトとして利用しているのが、店頭に行くとわかります。

1,000円以下のギフトを数十個購入している方がいて、ホワイトデーのお礼や、転勤など社会人としても異動が多いので、お礼やご挨拶に利用するのでしょう。

お近くに“ルピシア-LUPICIA”のお店がない方は、“ルピシア-LUPICIA”のオンラインストアがありますので利用してみてはいかがでしょう。

ルシピアの通販は、「ロハコ」という有名店をひとつにまとめたお店でも販売されていて、他の食材や雑貨などをまとめて1,900円以上で送料無料という、とてもお得なお店です。

ロハコは1,900円以上で送料無料
アマゾンや楽天でも、ルシピアの新着として数点販売されていました。

 

春の基本の限定お茶はロハコでも販売されていますが、春限定商品の小さな商品全てがロハコやアマゾンでは入手できません。

“ルピシア-LUPICIA”のHPで購入するしかありません。

 

送料に関しては“ルピシア-LUPICIA”HPからより、ロハコやアマゾン・楽天の方がお得でした。




SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ