書籍「大人のラク家事」家事の合理化で自分時間を作ってみませんか?

毎日忙しい!家事の合理化で「自分時間」

毎日忙しい!

「忙しい」って“心を亡くす”と書くように、主婦は立ち止まって考えることなく、次々に仕事の波が押し寄せてきます。

今こそ、私は孫との時間や自分の時間を考えることができましたが、仕事をしながらの子育てと家事をしている時、『穏やかな自分の時間』が1分でもあっただろうか…。

そんなことを、思い出しながら、ゆっくりと“お茶時間”が持てるようになりました。

男女とも、仕事に追われる年齢があって、特に子育てをしながら仕事と家事をしなければならない20代から40代は、住宅ローンを抱えたり学費がかさんだり…

私も息子二人が大学・大学院と重なっている時の学費の準備など、金銭的にもすごく大変な時期がありました。

そんなことも、今を思えばあっという間に終わります。

必死に目の前のことをこなしていくだけの30~40代だったような気がします。

子供が独立して“静かになった”と思ったのは束の間で、息子のお嫁さんは同居を望んだのです。

嫁さんは小さい時から、お母さんが病気だったために苦労をしている子で、若くして息子と結婚したので親のように慕ってくれるようになり、同居するようになったのです。

当時はお嫁さんにいろいろ教えることがあって、再び子育てしているような感覚になりましたが、息子達が結婚して12年…息子とよりもお嫁さんといっしょに過ごす時間が増えて、娘ってこんなに騒がしくて(笑)そして、楽しいのか…と経験させてもらっています。

お嫁さんは女性として協力してくれて、女として共感しててくれるので感謝しています。

私はまた新しい事業展開も考えられるようになって、とてもありがたい環境になっていると思っています。

重度更年期があり、仕事を一区切りさせてゆっくり過ごすはずだったけれど、私の人生は予定以上に騒がしいものになっています。

そんな人生の小さな節目があった時、ブログを綴ってみよう…と考え、現在に至るのですが、実社会では知り合うことがないであろう方達の出逢いで、様々な角度からモノを考えるようになり、自分の世界が広がっているように感じます。

SPONSORED LINK



 

「大人のラク家事」を読んで…

 

私と同年代の「Rinのシンプルライフ」主宰のRinさん。

私は彼女のブログが大好きです。

ご夫婦ふたりのシンプルな生活の中での彼女と、大家族の私の生活では、かけ離れているように感じますが、でも人生の先を考える思考が同じだと感じています。

『自分の人生』を考え、いかに自分の時間を大切に生きていくか…

もちろん家族との団欒も、ひとりで過ごす時間も「自分時間」

人生半分を過ぎると余生を考えるのか、『時間』の大切さをつくづく感じます…苦笑

毎日行うことの「合理化」は仕事も家事も同じです。

仕事での合理化は自分で行うことはもちろんなのですが、ある程度会社の方針に従うことがあると思います。

家の仕事は自分で「合理化」をしていかなければ、いつも“忙しい”ばかりで、自分の時間を保つことができません。

そんな自分の時間をつくるにあたり、家の仕事や自分の心構えを合理化することで、とてもラクになることを綴っている本をRinさんが出版されました。

行き届いたアイディアが満載で、家事の合理化ができるテキストのような書籍です。

小さいお子さんがいる方は、かけ離れた世界に感じる方もいらっしゃるでしょう。

でも、「合理化する」という思考がとても大切で、意識する小さな積み重ねによって、自分時間をつくることが可能になります。

「整理整頓」が書籍になる時代なんだなぁ…と、今まで不思議な気持ちでいましたが、Rinさんの書籍は、収納アイディアと家族を思いやる方向性も書かれてあって、読み終えると頑張れる気持ちになります。

以前私が、家族崩壊をしてしまう「断捨離」について綴ったことがありますが、Rinさんの書籍に、とても大切な家族について書かれています。

一部抜粋させてもらいます。

ついつい自分のペースで進めがちな片付けですが、そこに少しだけ思いやりをプラスして、家族がラクに片付けられる方法を探してみると、お互いに心地よい暮らしが送れると思います。

<一部抜粋:自分8割、主婦2割 心地よく暮らす 大人のラク家事

私も同感です。

家族が心地よく暮らしていくために、家事をする人は何をしたらいいのか…。

ご主人や子供が、置きっぱなし!靴下脱ぎっぱなし!…と、ついつい怒鳴ってしまいそうな状況。

そんな時、家事をする人のシステムの構築によって、改善されるのです。

自分のペースですすめてしまうと、家族は押し付けられた気分になりますが、家族間で思いやりの気持ちを持った片付けをするシステムを考えることで、家族全員が家の中で気持ちよく過ごせると思うのです。

Rinさんの書籍が出版される前に、日々のブログで書かれているアイディアを取り入れて、片付けが助かっていることが多く感じられます。

そんなアイディアや言葉の凝縮された本なので、オススメです。

次々に汚しまわる孫を追いかけている毎日ですが、それでも小さな片付けのシステムで、私が子育てをしていた時よりも、孫の時の方が効率よく整理整頓ができるようになっています。

余生半分の40代以上で静かでゆったりした生活をしたい方…

子育て中で理想通りにはいかないけれど、ちょっとしたアイディアを取り入れることで、家事をラクにしたい方…

ちょっとでもラクになることで、あなたの笑顔が増え、そしてまわりの家族も幸せな気持ちになると思うのです。




SPONSORED LINK

 

  生活を彩る 関連記事

サブコンテンツ