ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




ハロウィンの子供の洋服は普段使いのモノを!仮装は小物でネコちゃんに!

孫の習い事のイベントで、ハロウィンパーティーをするということで、洋服や小物を購入♪

息子ふたりだった私にとって、女の子である孫の洋服購入はすごく楽しい♪

息子やお嫁さんは「ありがとう~♪」…と、良いように振り回されているような…苦笑

娘がいない私なので、お嫁さん達の洋服買いも楽しくて、ついつい彼女達に買ってしまいます。

ハロウィンの子供の洋服は普段使いのモノ…仮装テーマは「猫-キャット」

全体を黒にして…猫ちゃんグッズが欲しい~ということで♪

黒いフレアースカートと黒のハイネックは普段使いで揃っているので、靴やバック…小道具を購入しました。

ハロウィンでなくても、猫のブーツとバッグは使用できるので、孫は大喜び!

少々の出費もあの嬉しそうなお顔をみていると、私まで嬉しくなってしまいます♪

お嫁さんと3歳の孫のにもお洋服…とおねだりされて…買い物で1日が終わってしまった日。笑

 

ハロウィン仮装イメージはネコ!-キャットのブーツ「オンワード樫山-any FAM(エニィファム) 」

かかとの猫ちゃんのモチーフがすごくかわいいムートンブーツ♪

オンワード樫山 「any FAM(エニィファム)」にはKidsがあり、そこで見つけたものです。

私の洋服も、メーカー「オンワード樫山」の24区・組曲・自由区…が好きで、必ず季節ごとにウィンドウショッピングをします。

歳を重ねると共に、自由区の洋服が増えたのですが、その「オンワード樫山」の縫製やシンプルなデザインが好きで、私の洋服を見ていた時に、孫が見つけたブーツです。

猫ちゃんの耳付きなので、黒でも足元から女の子らしいスタイリングに見えますよ。

パンツでもスカートでも、様々なボトムスと合わせられるので使いやすい冬のアイテムです。

孫のお気に入りのブーツになりました。

私は百貨店の積立システムを利用するので専門店で購入しましたが、ネットではお得に購入できます。

 

オンワード・クローゼット

 

オンワード樫山「any FAM(エニィファム)-Kids」は下記入り口から♪

オンワード・クローゼット

 

猫-キャットのバッグはGU(ジーユー)セーラームーンのブラックで!

大人用ではあるけれど、小さめなバックです。

お母様用としては長サイフが入らないので小さく感じ、 iPhoneとか小物だけでしたら十分入ります。

派手なキャラクターモノは購入しないことが、我家での原則なのですがセーラームーンのキャラクターでも、このぐらいだったらOK♪

100円均一は侮れない!ハロウィン仮装用品はすべて揃ってしまう!

<出典 blog.livedoor.jp /https://matome.naver.jp >

100円均一のアイテムって、スゴイですね!

1日限りのパーティーだったら十分な出来上がり!

ネコがテーマの孫の仮装は、普段着を黒くして、ネコの耳と尻尾を購入しました。

耳は髪の毛に直接固定できるようになっていて、尻尾もクリップで洋服に装着できるようになっているので、かわいく仮装できます。

100均では洋服やハロウィン向けのウィッグや化粧品も売られているので、簡単に仮装できちゃいます。

イメージを作るのが大変な方は、楽天やyahooなどの仮装用のお店をヒントに考えてもいいですね!


<参考楽天サイト:CV-LIFE

年々、かわいい仮装やグロテスクな仮装と、皆さん工夫されています。

かわいい子ども達が、ご近所にお菓子を貰いに来るイベントは、まだ日本ではなかなか見られませんね。

そもそも『ハロウィン』とは?

ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

<引用 Wikipedia>

本来は、秋の収穫を祝って悪霊などを追い出すという、表現の仕方は違いますが日本の歳時の行事でも行われていることです。

日本でも世界でも、表現の違いはあったとしても、願う気持ちは同じなのですね。

そのような先人のイベントの想いも、子ども達には伝えていきたいと思います。

 


SPONSORED LINK


サブコンテンツ