ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




とうもろこしの皮とヒゲは捨てないで!薬膳とうもろこし茶を作ってロハスな生活

夏!とうもろこしをいっぱい頂いちゃった♪なんて、羨ましい方もいるのではないでしょうか?

我家では「とうもろこし茶」は夏のお茶として飲みます。

今年はお嫁さんのリクエストで5月から楽しんで飲んでいますが、市販されている「とうもろこし茶」は炒ったトウモロコシの種実をそのままお茶にしたものです。

とうもろこし茶は麦茶のように香ばしい香りで、孫達も大好きです。

過去記事ですが、とうもろこし茶(コーン茶)の効果を綴っています。

 

とうもろこしの効果・効能「利水作用」の効果

旬の7月から8月、夏になると青果コーナーで生のとうもろこしが並びます。

缶詰にコーンスターチ・ベーキングパウダーや食用油・お菓子のポップコーンとさまざまな姿に変わって季節問わず食べているものでもありますね。

とうもろこしは調理方法を工夫して、疲労回復・食欲不振の夏バテ回復できるパワーがいっぱいです。

血をおぎなう「鉄分」が含まれているので、貧血予防・精神の安定などにもオススメの食材です。

胃腸の働きが悪くなて、食欲不振・軟便になった時、薬膳ではとろとろのスープにするような調理方法にします。

とうもろこしは子育て中のお母様にとって、消化不良の食材となっているのではないでしょうか。

種粒の外側の薄皮は消化が良くはありませんが、その薄皮によって便通をよくしてくれます。

たくさん食べることはおすすめできませんが、コーンはサラダにも使いやすい食材なので、便秘気味の時にはサラダにも使うようにしましょう。

そして消化吸収がよいので、少し食べただけですぐにエネルギー補給になり夏バテで食欲がないときでも、疲労回復に繋がります。

とうもろこしは、湿度が高く余分な水分が体内に滞りやすい日本の夏には、体内の余分な水分を排泄する利尿作用に優れているため、ぴったりなんです。

夏は水分補給の注意をよくしますが、湿気の多い日本の夏は逆に水分の摂りすぎて、身体に湿気がたまってしまい体調を崩すこともあります。

水分補給に気をつけるのか?水分の摂りすぎに気をつけるのか?

人によって様々な症状が現れてしまいますが、湿気の水分摂りすぎのほかに、暑くて水分補給は必要なのだけど、汗をかくのが鈍感になってしまっているために身体に湿気がたまる場合があります。

食欲不振・軟便・体が重く感じる・むくみ・お腹が張る感じなど症状が出たときに、とうもろこしは水の配分に異常が生じた水毒の症状を調整する効果があるのです。

そのことを「利水作用」と言って水の流通を良くすることです。

口から飲んだ水分を尿で排泄するということだけではなく、体内に吸収され巡り、身体の隅々に運ばれてから老廃物を排泄するということです。

とうもろこしにはその「利水効果」があるので、水分が問題の症状にはとても有効です。

 

とうもろこしの皮とヒゲを捨てないで!

とうもろこしのヒゲの部分を日干しにしたものを、漢方名では「南蛮毛-なんばんもう」西洋ハーブとしては「コーンシルク」と呼ばれています。

むくみ防止として、体の余分な水分をきれいに洗い出してくれて利尿効果が高い漢方薬としています。

とうもろこしの皮・ヒゲには種実以上に利尿作用があります。

【代表的な効果】

  • 利尿作用-体を浄化してむくみをとる
  • 泌尿器の効能 (結石・膀胱炎、前立腺炎、尿道炎に効果的)
  • 月経前症候群(PMS・PMT)-月経前の精神不安定に良い
  • 血糖値を安定

※月経前症候群(PMS・PMT)効果がある食品は、妊婦や母乳を赤ちゃんにあげている方は避けてください。

 

「夏バテ薬膳とうもろこし髭皮茶」の作り方

ヒゲや皮…私は薬膳師になる前は大量に出るゴミとして捨てていました。

生タイプと乾燥タイプとどちらでもいいのですが、生のヒゲと皮のお茶は私は生臭く感じてしまいます。

生でいただくときは種実の「とうもろこし茶」に混ぜるようにいただいています。

ルイボスティーに入れるのも美味しいです。

■とうもろこし生ひげ茶の淹れ方

  • ひげ茶を適度にカットしてそのまま熱湯に入れてつくるだけです。
  • 湯呑み1杯分のひげの量は小さじ1~2杯です。
  • お湯を注いでから10分ぐらい蒸らして飲めます。

■乾燥とうもろこし髭皮茶の作り方

  • トウモロコシの表面の皮2枚ぐらいは衛生的なことも考えて捨ててしまいます。
  • 髭の茶色い部分は、私は切って捨てます。
  • 皮を向いて種実の周りの毛を丁寧に取り、皮はスジにそって裂くように細くして日干しします。
  • ほとんど乾いたら、私はフライパンで乾煎りします。
  • 麦茶が香ばしいのは、この乾煎りをするので、ちょっと茶色くなるくらいが美味しいです。
  • そのまま急須でお茶にしても美味しいです。

私は種実のとうもろこし茶と混ぜていただいています。

夏にはヒゲや皮のついているとうもろこしを購入して、ヒゲや皮を捨てるなんてもったいないので、漢方茶を自宅で作りませんか?

夏には夏の体にあった効能があるので、おすすめです♪


SPONSORED LINK


サブコンテンツ