ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




耐性菌が氾濫!細菌培養検査と薬剤感受性検査で自分に合った抗菌剤(抗生物質)特定!愛犬で経験

細菌培養検査と薬剤感受性検査で自分に合った抗菌剤(抗生物質)特定!愛犬で経験

耐性菌が氾濫している現代!人間と家畜・ペットの抗菌剤(抗生物質)について

現代は、人間の医療業界でも、獣医業界でも、耐性菌が氾濫しています。

私達の食肉である家畜のえさに抗生物質混入していることで、家畜には耐性菌が発生してしまいます。

この問題が世界で重要な項目となったと確信したのは、伊勢志摩サミットでの首脳宣言にもその対策についての内容が盛り込まれたことです。

今回は、若葉が「お尻歩き」をして血便・血尿を出した時の治療方法で、考えさせられた問題を綴っていきます。

愛犬の病気がきっかけで綴っていますが、抗菌剤(抗生物質)の問題は人間にとっても同じことです。

 

私達が想像する治療方法は「抗生物質で細菌をなくす」ということだと思いますが、抗菌剤(抗生物質)の無意味の乱用が問題になっています。

抗菌剤(抗生物質)とは、細菌の増殖を抑えて活性をなくす作用を持った薬です。

治療方法としては間違っていませんが、今の獣医業界は何でも抗生物質に頼っているのが現状です。

その抗生物質に種類があり、自分の愛犬に合うかどうかを気にしない状況です。

「痛み止め+抗生物質」

「胃薬+抗生物質」

…という感じですね。

 

耐性菌の流行(アウトブレイク)は深刻な問題

若葉と暮らす生活風邪にも抗菌剤(抗生物質)を服用するというイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、細菌に感染してしまう予防を目的として抗菌剤(抗生物質)が処方される場合がありますが、基本は風邪の原因の多くは細菌ではなくウイルスのため、抗菌剤(抗生物質)は風邪に対して効果がありません。

伊勢志摩サミットでも問題になったように、近年問題になっているのが、抗菌剤(抗生物質)の効かない「耐性菌」と呼ばれる菌のことです。

有効だった抗菌剤(抗生物質)が効かなくなってしまった原因は、同じ抗菌剤(抗生物質)を不必要に濫用してきた結果、人間や動物にその薬に抵抗する力を持った菌(=耐性菌)が登場したことです。

そして複雑化した問題として、複数の抗菌剤への耐性を持つ多剤耐性菌があり、それには有効な抗菌薬は種類が少ないため治療が困難となっていることです。

病気になり自分には効かない抗菌剤(抗生物質)を飲み続けてしまうことによって、肝臓に負担を与えたりすることが多いのが現状です。

体の負担が少ない適切な抗菌剤(抗生物質)を探すことが近道に成りえる話しだと思うのです。

耐性菌の流行の感染源として、健康な人が日常生活において感染するリスクは高くないのですが、人間は病院内での感染で、犬猫の場合は、犬の美容室やドックランなど、多くの排泄物があるような場所での感染、親からの遺伝性であるDNAによっても効かない抗菌剤(抗生物質)が見られるようです。

まずは、抗菌剤(抗生物質)の適正使用を徹底することが大切です。

「薬剤感受性検査」をしてよかった!…という結果

「菌」が原因とされる場合、バイオ検査の「細菌培養検査」をすることでどんな菌が体にいて、「薬剤感受性検査」によってどの抗生物質が効くのか調べてくれます。

今回若葉を苦しめた細菌に対する抗菌剤(抗生物質)を探すためにバイオ検査をしました。

「薬剤感受性検査」とは、予想される複数の細菌すべてに有効な抗菌薬があれば検査は必要ありません。

しかし原因の細菌がはっきりわからなかったり、耐性菌の可能性や単独の抗菌薬だけでは対応が難しいと考えられる場合など、投与する薬が一番適切であるものを探す検査です。

若葉の体に合った抗菌剤(抗生物質)・量・期間を定め、注意して投与するのが目的です。

確実に若葉に効果のある抗菌剤(抗生物質)を見つけて使ってあげることで、若葉の耐性菌の発生を減らしてあげたいと思うのです。

一回目の検査の結果、若葉には一般的な抗生物質を使っても効果が無いとわかりました。

この結果を聞いて、「薬剤感受性検査」をしてよかったと思いました。

検査をしていなかったら、無駄な薬を飲むところでした。

二回目の検査によって、1つ若葉に合う抗菌剤(抗生物質)がみつかりました。

それも、錠剤になっていない特殊な抗菌剤(抗生物質)で、獣医さんが取り寄せてくれました。
「薬剤感受性検査」のバイオ検査の結果も見せていただきました。

耐性菌の流行(アウトブレイク)は深刻な問題ガラスシャーレに入っていて、細菌を中心に半径1cm範囲の円に反応があることも見せていただいたので、納得できました。

現在の若葉の体に一番適切な抗菌剤(抗生物質)。

みつけてあげられなかったら、あまり効果がみられない抗菌剤(抗生物質)を飲み続ける結果になっているところでした。
検査料は病院によって様々ですが1回5,000円以内(今回の若葉は1回3,950円)です。

犬だけではなく、私達人間も抗菌剤(抗生物質)の乱用の被害にあることが多くある現代。

抗菌剤(抗生物質)を投与しても効果が見られない場合、「薬剤感受性検査」をすることも病院にお願いしてみる勇気が必要なのかもしれません。

 


SPONSORED LINK


サブコンテンツ