ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




抜け毛・薄毛予防は若い時から!男の後悔No.2位!髪活4つの対策

男の髪活

抜け毛・薄毛予防は若い時からするべきだった後悔

若い時は冒険も大事ですが、中年になり後悔することもあります。

お金問題・スキル問題・体格問題と様々ありますが、抜け毛・薄毛予防が第2位という切実な問題もあります。

若い時は剃りこみを入れたり、ロン毛だったりと、ファッション優先で髪を痛めたりすることを念頭に入れている方は少いのでしょう。

 

「若いうちから始めておけばよかったことランキング」の第2位が抜け毛対策です。<参考:GetNaviより>

  1. 貯金・投資

    年金への不安もあり、「将来に備えて」検討してなかった。 記事:20~30代の貯金と投資で後悔しない老後を!

  2. 抜け毛対策

    数年前の薄々兆候を感じた時対策を立てなかった。 記事:現在記事「抜け毛・薄毛予防は若い時から!」

  3. 勉強・スキル

    仕事で時間がないため、英語など学んでおけばよかった。 記事:頭がいいってどういうこと?地頭力!

  4. スポーツ・ダイエット

    体力の衰え・筋肉がつきにくく身体がゆうことをきかない。  記事:男がトレーニング中の体づくりに成功

  5. 食事管理

    定期検診でメタボと診断され、節制すればよかったと反省。 記事:男の体作りの食事3大基本ルール

 

抜け毛が増えてから、初めてその深刻さに気付くもので、実際に見た目が変わる数年前から薄々兆候を感じていた方が多く、「あの時、対策を講じていれば」と今になって思うのだそうです。

 

薄毛の脅威は適切なケアで回避できる!

鏡を見て「ん?あれ?スタイリングが思ったようにならなくなったか?」と感じてきたら、薄毛になっているのかと疑ってみましょう。

薄毛とはいくつかの原因で髪が細くなり、抜け落ち、毛の生え方が正常ではなくなり、その結果「髪の毛が薄くなる」といった状態になることで、薄毛になる原因は大きく分けて4つあります。

「遺伝」「男性ホルモンの影響」「食事・生活習慣」「精神的ストレス」

どの人にも薄毛になる可能性があり、体質を改善・生活習慣の見直し・そしてケアによって回避できるとのこと。

髪と頭皮の3大天敵

平穏に過ごしているように思える生活の中で、髪と頭皮は思いがけないリスクに晒されているので、そのまま放っておくと重大なダメージを与え得る“天敵”についてです。

1、皮脂
酸化することで毛根を萎縮!皮膚炎を引き起こすことも!
頭皮の脂が酸化すると毛根を萎縮させて抜け毛の原因になります。
また、マラセチアという常在菌が増えすぎて頭皮の環境バランスが崩れて、脂漏性皮膚炎になることもあります。

2、紫外線
キューティクル損傷し、髪が「黄変」する場合もあります。
夏、汗や海水で濡れた髪が紫外線を浴びると危険です。
キューティクルが損傷し、ツヤがなくなり、悪化するとメラニン色素が抜けて、髪が黄色くなることもあります。

3、乾燥
濡れた状態での摩擦や低温低湿の風が乾燥を招く
エアコンの風が直接あたると、キューティクルが剥がれて水分が流出し、パサついて切れやすい髪になります。
栄養不足や血行不良も髪の乾燥の一因になってしまいます。
髪の毛の手入れを怠ると危険

 

髪の毛の手入れを怠ると危険!

人の体を健康的に維持するには、新陳代謝を良くすることが大事で、発毛を促進するためには頭皮の血行を促進し、風呂やサウナ、ストレッチなども利用しながら、利用新陳代謝を活発にしましょう。

そして、薄毛対策予防の方法として低コストでできるのが、頭皮をマッサージすることなどのデイリーケアです。

頭の頭皮をマッサージすることで血行がよくなって、髪の成長を助ける効果が期待できるのでシャンプーをしながらマッサージをすると効果的です。

また髪と頭皮を清潔に保つことが抜け毛予防には大事なことです。

 

髪と頭皮を健全な状態に保つ基本は洗髪

 

抜け毛・薄毛予防

【正しい頭の洗い方】

Step1 予洗いしてからシャンプーを泡立てる
あらかじめ、髪と頭皮の汚れをお湯で洗い流す。
シャンプーは500円玉程度を取り、十分に泡立て、洗い流す。

※泡立ちが悪い場合は、2度洗いをしましょう。

Step2 ブロックに分けて指の腹で優しく洗う
頭を後頭部・左右側頭部・頭頂・前頭の5ブロックにわけて洗う

Step3 5ブロックを意識してしっかりすすぐ
髪の毛の根元に指を入れ、シャンプーをしっかり洗い流す。
シャンプーが頭皮に残ってしまうとフケや痒みの原因になります。


【乾かし方】

Step1 タオルで髪の根元押さえるように拭く
よく乾燥したバスタオルで、髪の根元と頭皮を押さえながらタオルドライをする。
タオルで髪をゴシゴシ拭くと水分で開いたキューティクルが剥がれてしまうので厳禁です。

Step2 ドライヤーで頭皮を乾かそう
ドライヤーの風を使って髪の根元から乾かします。
頭皮はしっかり、毛先は8割乾かすつもりで行いましょう。

 

今話題になっている「スカルプドライヤー」です!効果がでている方もいますね!

頭皮のためのドライヤー誕生!遠赤外線×振動ブラシ×低温ドライで頭皮環境を整る

 

睡眠と薄毛は関係がある!

午後10時から午前2時の間の時間帯が、新陳代謝が最も活発になり、髪の毛が成長して古い細胞が新しく再生されやすいのがこの時間帯です。

新しい細胞を生み出しているこの時間帯に睡眠をとる心がけが大切なことです。

食生活に気をつけましょう!

当たり前ですが、髪活も健康法と同じで、身体に必要なアミノ酸やタンパク質、さらにはミネラル、ビタミンなどの栄養分を取り込むことが大切で、身体機能を保持していくことを気をつけましょう。

ストレスを対処すること

髪活に限らず、ストレスは体に大きなダメージを与えますね。

ストレスがたまるから喫煙という方もいると思いますが、何気なく吸っているタバコは、ニコチンは血管を収縮させてしまう働きがあり、血行の流れが悪くなり、栄養が身体に運ばれなくなって、薄毛へとつながっていきます。

 

薄毛がはじまっていたら、発毛剤・育毛剤に頼る方法も検討しましょう。

 

発毛/育毛剤には、男性ホルモンの働きを抑制するもの、頭皮の血行を促進するもの、毛根に栄養を与えるものなど、様々なタイプがあります。

なるべくお金をかけずに発毛・育毛したいですが、やはり限界もあります。その時はこのようなものに頼ってみるのもありです。


SPONSORED LINK


サブコンテンツ