ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




若年性更年期障害(プレ更年期)をひとりで悩まないで改善しよう!

若年性更年期障害(プレ更年期)

若年性更年期障害かな?とひとりで悩まない

更年期とは、閉経をはさんだ前後5年間をさしていて、日本女性の平均的な閉経年齢は52歳前後と言われています。

だいたい45歳から55歳頃の時期にあたるのですが、近年では30代から40代半ばの女性でも、女性ホルモンの分泌が乱れている方が急増しています。

動悸、めまい、ほてり、のぼせ、手足の冷え、イライラ、頭痛などといった症状を訴える方が増え、ほてりやのぼせが加わることで冷え性とは違った症状が出た場合、卵巣の機能低下によって女性ホルモンの分泌が急激に減少してしまう「更年期障害」が考えられるのです。

更年期障害に似た症状が見られるようになるのが若年性更年期障害「プレ更年期」と言われるのです。

不規則な食生活、急激に体脂肪を減らすダイエットや睡眠不足などにより、若いうちから徐々に卵巣機能が低下しまったことが原因です。

ファッションのためにダイエットをして、薄着による冷え性などの原因で20~30歳代の若い女性にも、生理が不順や月経が無くなって、更年期障害と同じような症状を訴える人が増えてきました。

「プレ更年期」の症状チェック

疲労感がある
急に不安感や劣等感に襲われる
些細な事が気になりイライラする
些細なことで泣いてしまう
動悸や息切れしやすい
便秘が以前よりひどくなった
眠りが浅い、寝つきが悪い
肌のハリが悪くなった
体のふしぶしが痛い
頭痛やめまい
冷え性・低体温などの体の冷えが気になる

上記に当てはまるものがあるようでしたら、完全に月経が止まってしまう前に生活を改善しましょう。

 

若年性更年期障害(プレ更年期)の原因

女性も男性と同じように仕事の責任を抱え、社会進出が当たり前になり、精神的にも肉体的にもストレスをため込むようになりました。

しかし女性の体はデリケートで、自律神経の働きも混乱してホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンの欠乏や不足して辛い症状が出てくるのです。

他に過度のダイエットや不規則な食生活によって、体重減少性無月経(月経が止まってしまう)になってしまうのです。

ダイエットを目的とした急なる激しい運動も肉体的にはストレスとなって、月経が止まる原因になります。

 

若年性更年期障害(プレ更年期)の治療

無月経や更年期の症状があった場合、長く放置すると治療をしても完治しなくなることもありますから、早めに産婦人科への治療を受けることをおすすめします。

はっきりさせたいのは原因で、血液検査では早発閉経なのか?卵巣の機能低下やホルモンバランスの乱れなのか?ということです。

若い女性が産婦人科で受診することには抵抗がある方が多いのではないでしょうか?

もしダイエットをしているようでしたら、ちゃんと食べるダイエット法にするべきです。

洋食から和食にするだけでも、健康的な食生活がおくれます。

合わせて下記記事をお読みいただくことで、より深くご理解いただけると思います。

良い食事

体に良い食事素材をまとめてある記事です。

悪い食事

体に良くない食事素材をまとめてある記事です。

人間関係のストレスは、この世の中逃げられるものではありませんね。

趣味を楽しんだり、できるだけストレスをため込まない工夫をし、せめて不規則な生活をやめて、お風呂にゆっくりつかり体を温めて血行をよくしリラックスすることが大切です。

 

おしゃれにアロマオイルで自宅でリラックスする工夫もできます。

女性ホルモンの専門家が考えたアロマオイルでリラックス!
食事では、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンは積極的にとりたいですね

 

・プレ更年期による不調に悩まれている方
・便秘に悩まれている方
・肌の衰えで悩まれている方
・美容と健康に関心がある方
・ダイエットで糖質を抑えたい方

 

20代後半~50代後半の方の「プレ更年期」や便秘・肌荒れなどで悩んでいる方は大豆イソフラボンを摂取することで、改善される可能性があり「エクオール」はとてもおすすめです。
美容も意識していているプレ更年期にはエクオール

冷たい飲み物も避けるようにし、カフェインも避けて紅茶やルイボスティーをおすすめします。
妊活にも使用される、「オーガニック」がいいですよ。
内側からキレイを目指しませんか?美容茶“ルイボスティー”【返品・返金保証!】

冷え性などで血行が悪いと、子宮や卵巣が働きが悪くなって必要な栄養分も届かなくなります。
低体温で体全体が冷えている方など、卵巣は温かくしないと活性化しないため、冷やさないようにする工夫がとても大切です。
そして、自律神経を調えるためにも、規則正しい生活(バランスの良い食事・充分な睡眠・適度な運動)を送ってストレスを溜めこまないようにしましょう。


SPONSORED LINK


サブコンテンツ