ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




1歳の頃の成長「生まれてきてくれてありがとう」の気持ち

b0025

1歳 お誕生日おめでとう♪

泣いて飲んで遊んで寝てを繰り返していた子だったのに、もう1歳。

ママはきっと、「すごーーく大変だったけど、もう1歳」と感じられたのではないでしょうか?

子どもが「ママ、ママ」と言ってくれるのは今から小学生までですよ♪

振り返れば、子育ては大変だったけどすぐ大きくなってしまってしまって、今では孫が4歳と1歳です。

「育児を楽しむ」という感覚ばかりではいられないと思いますが、子どもの成長を楽しんでくださいね。

ひとりで悩まないでね。

どのくらい成長しているかしら?

●~1歳~
男の子は身長が70.3~79.6cm、体重は7.7~11.0kgくらい
女の子は身長が68.3~77.8cm、体重は7.2~10.5kgくらい

1歳の誕生日が過ぎた頃からは身長は伸びますが、体重はあまり増えません。

運動量が増えてくるのでしった体つきになってきて、幼児の体型に近くなっていきます。

季節的に着込んだ冬だと運動量が他の季節と違うとか…家庭での運動習慣とか、個々の体質や習慣で成長がそれぞれ。

成長のことを心配しないで。もりもり食べていっぱい運動してね。

<各月齢の身長や体重 乳幼児身体発育調査報告書>

 

言葉

「ママ」「パパ」って言葉で読んでくれて感激♪という日も。単語が言えるようなります。

たとえ言葉に出なくても、言葉の理解をしていたりするので声として発するのは遅くても、急にペラペラしゃべり出す子も。

「ちょうだい」って手を差し出すと、使っていたおもちゃを渡してくれたり、「バイバイ」って手を振ると、まねしたり。

言葉を動作が連動! 決して会話は一方通行ではありません。

双方向の言葉によるコミュニケーションができるようになったのですから、赤ちゃんから具体的な返事がなくても、語りかけは絶対必要ですよ。

つまり、親と双方向の言葉によるコミュニケーションができるようになったわけですね。

伝え歩き~お外散歩

探究心旺盛になった赤ちゃん。

外(社会)を知り、広い空間で自由に動くことを経験させてあげてね。

感染症が流行している時は、大きなショッピングモールは避けた方がいい場合もありますが、刺激的な場所にはどんどん出かけていきましょう。

やっぱり…草原・青空・ちょっとした遊具このような設備が理想ですね。

運動とコミュニケーション

両手を握りちょっと持ち上げてブランコゆらゆら…とか…ちょっとスリルがある運動もしてみましょう。

代表的な遊びが「高~い、高~い」ですね。

はれものにさわるような扱いばかりするよりも、体の動きが自由になって、全身を使った遊びをしましょう。

ボールなどで、双方向の遊び。

歌をうたいながら…「手をたたきましょう!タンタンタン」

幼児番組をいっしょに見ながら、運動も楽しそうですよ。

おえかき

なぐり描き、クレヨンでグルグルグル。

口に入れないよう気をつけて、クレヨンを指先で物を上手につかみ、手首を動かせるようになるころです。

はじめは子どもの手の上にママの手を添えて一緒に描いてみましょう。

クレヨンはできることなら素材の良い物を用意してあげてください。

材質によっては、ガリガリ口に入れてしまって、あわてることも。

食べないようにしなければいけませんが、もし…食べてしまっても安全なクレヨンもあります。

絵本

絵だけの絵本でも、ママの作り話で充分。

破いてしまうこともあるかもしれませんが、本のことで怒ってしまい本嫌いにしないでね。

幼児教育で布絵本もおススメしていますよ♪

用 意 す る 物

危険対策

コンセントやコード。危険な物を書き上げたらきりがないです。

私はたまに思うのですが…

余りにも子供の安全が守られすぎてしまって、危機管理能力の低下を心配してしまうのです。

確かにけがをしない方がいい。まして、命に係わるような危険だってある。

でも、大人が守りすぎてしまって、子供たちは「何が危険」なのかを理解できないのではないか?と思います。

そんなこともちょっと感じてもらって、便利なグッズを使用してもらいたいと思うのです。

たとえ、便利グッズ使用して安全にしてあっても、危険物(コンセントなど)に触ったら、「ダメ!」って怒って見せるとか…


SPONSORED LINK


サブコンテンツ