ザ・ボディショップは、人権擁護・環境保護・動物実験反対の先駆けエシカルトレードを行っています。




10~11ヶ月の赤ちゃん成長「あれ?何しているの?!」いたずら大変!

b0024

危ないよ!

お部屋は興味津々なものばかり!注意しなくちゃね。

 

どのくらい成長しているかしら?

●~10か月~
男の子は身長が68.4~77.4cm、体重は7.3~10.6kgくらい
sei女の子は身長が66.5~75.6cm、体重は6.9~10.1kgくらい

●~11ヶ月~
男の子は身長が69.4~78.5cm、体重は7.5~10.8kgくらい
女の子は身長が67.4~76.7cm、体重は7.0~10.3kgくらい

1歳を迎える頃、誕生時の体重は出生時の約3倍、身長は約1.5倍になっています。

でも性格や環境で成長はひとりひとり違います。

他のあかちゃんと比較しないように、大体の目安という位で考えてくださいね。

<各月齢の身長や体重 乳幼児身体発育調査報告書>

言葉

舌をつかった「ブーバブー」やよだれを利用して「チャッチャッ」と泣くことではなく声をだします。

そして、「マンマ…ママ?」と食べることなのか?ママを呼んでいるのか?たくさん話しかけてくださいね。
ベルメゾンネット
赤ちゃんの言葉は人とのコミュニケーションによって育てられるので身近なパパやママが繰り返し使う言葉を反復しようとします。

私達がが考える以上に言葉をよく理解して いますよ。

たとえ話さなくても、聞いているので今からきれいな日本語を使いましょう。

赤ちゃんは周囲の物や大人がする動作を目で見て、耳で言葉を聞くことを繰り返すうちに、記憶の力が発達することと合わせて、物と言葉をつなげて記憶したり、動作と言葉をつなげることができるようになってきます。

赤ちゃんの言葉は、まわりの話やお世話などを模倣することで成長しています。

赤ちゃんだからわからないなんてことはありません。言葉も行動も親のまねっこから始まります。

 

伝え歩き

つかまり立ちをしたと思ったら、すぐに伝い歩きをする子が多いです。

テーブルで体を支えて、テーブルに乗っているものを取ろうとして必死になっているうちに伝え歩きをしているものです。

赤ちゃんの動きは好奇心からはじまり、運動発達レベルはひとりひとり違います。

日々新しいこともできるようになり、「はじめての○○!」なんていう写真の枚数も増えているのでは♪

 

早い動き

とにくかくハイハイが早くなる!「あぁ~」なんていっている間に、物を倒したり…いたずらしています。

でも、わざと困らせようとしているのではなく、赤ちゃんにとって興味を引く物なのですから、触られて困るものは片付けておきましょう。

階段に上るのを挑戦していたり、ソファなどにも登ったものの降りれなく、落ちるなんてこともあります。

ベビーベッドの小さな空間に閉じ込めた方が、ママは楽ですが、よじ登りますし危険です。

自由にハイハイなどができる空間を安全な場所になるように改善して、安全確認をしないといけなくなる時期です。

用意する物

どこまで、安全グッズが必要なの?

危険対策

コンセントやコード。危険な物を書き上げたらきりがないです。

私はたまに思うのですが…

あまりにも子供の安全が守られすぎてしまって、危機管理能力の低下を心配してしまうのです。

確かにけがをしない方がいい。まして、命に係わるような危険だってある。

でも、大人が守りすぎてしまって、子供たちは「何が危険」なのかを理解できないのではないか?と思います。

そんなこともちょっと感じてもらって、便利なグッズを使用してもらいたいと思うのです。

たとえ、便利グッズ使用して安全にしてあっても、危険物(コンセントなど)に触ったら、「ダメ!」って怒って見せるとか…。

知育玩具

指先を使うような知育玩具。さまざまなものがありますね。

玩具は溢れるほど市場に出回っていますが可愛さだけではなく、月齢にあった知育玩具で遊ばせてあげたいですね。

孫の話なのですが、毎月送られてくる「こどもちゃれんじ」が大好きでした。

成長に合わせて、とてもよかったですよ。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

b0023

大好きだったよ♪(4年前のもの)

孫が大好きな*しまじろう*は「こどもちゃれんじ」から送られてきます。

月齢に合わせておくられてくる知育玩具は感動するほど、こどものおもちゃの進化を感じられるものでした。


SPONSORED LINK


サブコンテンツ